【マットマックスM】肌のテカリ・ベタつきを抑えるマットクリーム

この記事では、肌のテカリやベタつきで悩む脂性敏感肌向けに「ウィッチェリー マットマックスM 25g」を紹介します。

皮脂(油分)は肌の水分と油分のバランスを整えるために常に分泌されています。

肌にとっては欠かせないものですが、脂性敏感肌のように皮脂の分泌量が多いと肌のテカリやベタつきの原因になることも……。

単に保湿をするだけでは肌がテカテカ・ベタベタしてくる場合は、テカリやベタつきを抑えることに特化したアイテムを取り入れるようにしてみましょう。

そのアイテムが「ウィッチェリー マットマックスM 25g」です。

皮脂吸着パウダーがテカリとベタつきを抑えてくれるので、肌がテカりやすくベタつきやすい脂性敏感肌でもサラッとした肌ざわりに。

初めは白色のクリームですが肌になじませていくと透明に変わるので、男性がつけていても目立ちません。

また、水や汗に強いウォータープルーフタイプなので汗をかきやすい夏場でもクリームが落ちにくいという機能も備えています。

ただ、テカリとベタつきを抑えるといっても限度はあるので「クリームが落ちてきたかな?」と感じたら適度に塗り直すようにしてください。

以下よりさらに詳しく説明していきます。

商品画像

皮脂吸着パウダーがテカリ・ベタつきを抑えてくれるので長時間サラサラ肌をキープすることができます。

これまでにオイルコントロールジェルやオイルコントロールクリームをいくつか使ってきましたが、

「テカリを抑えることはできてもベタつきを抑えることは難しい」

「ベタつきを抑えられたとしても皮脂吸着パウダーのパサパサ感が強くて肌が乾燥しているように見える」

というものが多くありました。

しかし、このマットマックスはつけた段階でサラっとした肌ざわりになり、それが長時間続きます。

皮脂が多いTゾーン(おでこ・小鼻)はさすがに時間が経つとテカリが目立ってきますが、このベタつきの少なさはマットマックス独自の使用感かなと思います。

最近ではテカリやベタつきを抑えるアイテムとして男性向けのBBクリームも増えてきましたが、いくらベージュカラーのものでも、

「つけているのがバレバレ」

ということがよくあります。

それに普段メイクをしない方がいきなりBBクリームを使いこなすというのは、なかなかにハードルが高いです。

ですが、このマットマックスは肌になじませていくと白色のクリームが透明に変わるので、つけていても目立ちません。

これならその人の肌に合わせてテカリとベタつきのケアができるので初めての方でも使いやすいのではないでしょうか?

皮脂の分泌量がグッと増えるのが汗をかいた時です。

汗には水分だけでなく皮脂が含まれているので汗が乾いても皮脂だけは肌の上に残ります。

夏場は頻繁に汗をかくので気がつけば、

顔がテカテカ・ベタベタ……。

なんてことに。

ですが、このマットマックスは水や汗に強いウォータープルーフタイプなので耐水性を備えています。

何もつけていない時よりもテカリとベタつきをかなり抑えてくれるので私のように汗をかきやすい方にもおすすめです。

あえてデメリットをいうと……

保湿剤や日焼け止めに含まれている成分によってはポロポロが出てくる

ポロポロというのは糸くずのようなものです。

おそらくマットマックスに含まれている皮脂吸着パウダーが、保湿剤や日焼け止めに含まれている油分を吸収することでポロポロとなって出てきたのではないかと個人的には思っています。

日々いろいろな商品を試していくなかでポロポロが出てきた保湿剤はオールインワンジェルだったり、乳液だったりと様々でした。

日焼け止めについてはジェルタイプよりも乳液タイプやクリームタイプの日焼け止めでポロポロが出てくることが多かったです。

そのなかでも油分が多く含まれている保湿剤や日焼け止めと併用している時にポロポロが出やすかったように思います。

そのため、

普段使っている保湿剤とマットマックスを併用するとポロポロが出てきた。

という方は、クルクルと指で塗り込むのではなく指先でポンポンと軽く叩くように塗ってみてください。

この塗り方で塗るとポロポロが多少は出にくくなると思います。

それでもポロポロが出るという方は手のひらにマットマックスを広げて、手のひらで顔を押さえるようにつけてみてください。

この場合はマットマックスが手のひらにもついてしまうので、少し勿体ないですがポロポロが出にくいと思います。

つけ方の工夫次第で問題なく対応できると思うので、参考にしてみてください。

ウォータープルーフタイプなのでクレンジングが必要な場合も……

商品パッケージにはクレンジングが必要とは書いていません。

しかし、気になったのでマットマックスの口コミを調べていると、

「普段の洗顔料だけで十分落ちる」

という方もいれば、

「私はクレンジングを使っている」

という方もいました。

私の肌の場合は普段の洗顔料で十分に落ちましたし、クレンジングをしないからといって肌が荒れることもありませんでした。

商品パッケージに「塗るあぶら取り紙」と書いてあるようにファンデーションではないので、普段の洗顔料だけで問題ないと私は思います。

ただ、いろいろな洗顔料を試していくなかで洗顔料によって落ちやすさが違う感じがあったので、洗顔料との相性はあるのかなと思いました。

そのためマットマックスを使用していて、

普段の洗顔料だけではマットマックスがちゃんと落ちていない。

と感じる方はクレンジングを行うようにしてください。

「ウィッチェリー マットマックスM 25g」のまとめ

いかがでしたでしょうか?

要点をまとめます。

マットマックスを使い続けてきて気づいた点
・夏場は汗をかきやすいのでテカリを抑えきれない場合が出てくる
保湿剤や日焼け止めに含まれている成分によってはポロポロが出てくる
ウォータープルーフタイプなのでクレンジングが必要な場合もある

さらに考慮しておくべき点
・適度に塗り直しが必要
黒や紺色の服を着ている時にマットマックスを塗っている部分が服に触れるとクリームの白色が付着するので服装に注意(黒色のマスクを着けている時や黒色のハンカチを使う時も同様)

私の肌の場合は、いくらウォータープルーフタイプといえども2~3時間ほどでTゾーン(おでこ・小鼻)にテカリが目立ってきました。

そのため、テカリやベタつきが気になってきたら適度に塗り直すようにしてください。

注意点はいくつかありますが、脂性敏感肌の私も15年間愛用しているだけあって脂性敏感肌におすすめのオイルコントロールクリームだと思います。

あぶら取り紙で過剰な皮脂を拭き取るだけではテカリとベタつきを抑えられない。

と悩んでいる方は「ウィッチェリー マットマックスM25g」を試しに使ってみてください。

ウィッチェリー マットマックスM 25gの詳細

商品特長

皮脂吸着パウダー(テカリを抑えてサラサラ肌をキープしてくれる)とライトフラットパウダー(毛穴の凹凸を目立たなくしてくれる)がなめらかで清潔感のある肌に導く

○肌になじませていくと白色のクリームが透明に変わるので、つけていても目立ちにくい

保湿成分の加水分解コラーゲンやヒアルロン酸Naが肌にうるおいを与えてしっとりとした肌に

水や汗に強いウォータープルーフタイプなので、汗をかきやすい方でも使いやすい

メイクをする前の化粧下地としても使えるので、「テカリやベタつきによってメイクが崩れやすい」という方にもおすすめ

商品を実際に使ってみて

メントール(清涼剤)やエタノール(アルコール)が入っているのか?
メントールとエタノールは入っていません。フェノキシエタノールという成分が含まれていて名前にエタノールと入っていますがエタノールではありません。

クリームの質感は?
サラッとしていてマットな質感のオイルコントロールクリームです。

ベタベタするのか?
ベタつきはほとんどありません。

オイルコントロールクリームの使用感は?
敏感肌でも使いやすい使用感でした。

どんな香りがする?
香りはほとんどありません。

テカリが出る?
皮脂吸着パウダーがテカリを抑えてくれますが、私の肌の場合は2~3時間後にはテカリが出てきました。ウォータープルーフタイプといえども限界はありますね。また、すでにテカリが過剰に出ている肌にそのままつけてしまうとテカリを十分に抑えきれない場合があるので、あぶら取り紙などで余分な皮脂を拭き取ってからマットマックスをつけるようにしてください。

テカリやベタつきをどれぐらい抑えられるのか?

価格

2,300円(税込)

*私がAmazonで購入した時の価格です。
*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。

記事を最初に投稿した2019年11月28日時点の価格が¥1,820(税込)だったので、その時よりは¥500ぐらい価格が上がっています。

使用方法

成分

ジメチコン、シクロペンタシロキサン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、アクリレーツクロスポリマー、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、トリメチルシロキシケイ酸、イソノナン酸イソノニル、ジメチルシリル化シリカ、BG、ナイアシンアミドアセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、ツボクサエキスカミツレ花エキスセイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキストウキンセンカ花エキスフユボダイジュ花エキスヤグルマギク花エキスローマカミツレ花エキス、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ポリクオタニウム-51グリチルリチン酸2KセラミドNPセラミドAPセラミドNGフィトスフィンゴシン、水、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10ステアロイルラクチレートNaベヘニルアルコール、フェノキシエタノール、メチルパラベンプロピルパラベン

赤字はパッケージが変更されてから追加された成分

一重線はパッケージが変更されてから含まれなくなった成分

最初はパッケージ変更だけだと思っていましたが、よく確認してみると記事を最初に投稿した2019年11月28日の時よりも、いくつか成分が追加されたり含まれなくなったりしていました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です