あなたのニキビの原因は洗顔料に含まれている保湿成分かも? 薬用せっけん ミューズ(医薬部外品)

今回は「薬用せっけん ミューズ(医薬部外品)95g×3個」を購入して使ってみたので紹介します。

 

 

この商品はこんな方にオススメです☝

 

 

  • ニキビ予防できる固形石けんを探している
  • ニキビ予防洗顔料を使っているのに効果がイマイチで、ニキビが落ち着いてこない
  • 洗顔料に含まれている保湿成分(油分)がニキビの原因になってしまう
  • 含まれている成分がシンプルな洗顔料を使いたい

 

 

最近ではニキビ予防の洗顔料にも保湿成分が入っています。

 

 

ですが、あなたの肌に保湿成分は本当に必要ですか?

 

 

保湿成分は言い方を変えれば「油分」なわけです。

 

 

あなたのニキビが過剰な皮脂(油分)によってできているのであれば、そこに保湿成分の入っている洗顔料を使ってしまうと保湿成分の油分をさらに足してしまうことになるので余計に毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

 

 

もちろん、保湿成分はすすぎの際に大半が洗い流されますが洗顔後の肌がしっとりとするということはある程度の保湿成分は肌に残っているわけです。

 

 

脂性肌の方は過剰な皮脂を落とすために洗顔をするのに、洗顔後に保湿成分の油分が残ってしまったら何のために洗顔をしているのか分かりません。

 

 

これでは自分でニキビを作っているようなものです。

 

 

保湿成分が入っているニキビ予防洗顔料を使っていて、ある程度の効果はあるがニキビが落ち着いてこない方逆にニキビが増えてきたという方は保湿成分が入っていない薬用タイプの固形石けんを使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

詳しい情報は目次から↓

 

 

薬用せっけん ミューズ(医薬部外品)95g×3個

楽天で購入ならこちら↓

レキットベンキーザー 薬用せっけん ミューズ 95g×3個

価格:346円
(2022/4/11 13:30時点)
感想(0件)

Amazonで購入ならこちら↓

【医薬部外品】ミューズ石鹸レギュラー3個パック

新品価格
¥282から
(2022/4/11 13:32時点)

薬用せっけん ミューズ(医薬部外品)95g×3個

価格

365円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。

使用方法

適量を水かぬるま湯で泡立てた後、皮フを洗浄し、その後よくすすいでください。

成分

有効成分:イソプロピルメチルフェノール

その他の成分:石けん用素地、パーム核油脂肪酸、酸化チタン、エデト酸塩、香料、黄203、赤201

商品特徴

〇しっかり殺菌

 

 

〇豊かな泡立ちで、すっきりとした洗いあがりです。

 

 

〇体臭・汗臭の予防にも効果的なデオドラント効果

 

 

毎日のお風呂にもどうぞ。

 

 

植物由来洗浄成分使用。

商品を実際に使ってみて

メントールやアルコールが入っているのか?

メントール(清涼剤)とエタノール(アルコール)は入っていません

スクラブが入っているのか?

スクラブは入っていません

泡立てネットを使って泡立てることをオススメします。

洗顔料を肌につけた時の刺激は?

私の肌の場合は、刺激はありませんでした

固形石けんを泡立てた時の質感は?

泡立てネットを使って泡立てるとフワフワモチモチの泡になりました。

泡立ちが良いので、泡立てネットを使うと簡単に濃密な泡を作ることができます。

どんな香りがする?

ミューズオリジナルの香りなので表現が難しいですが、花のようなやさしい香りがします。

洗いあがりの肌の状態は?

洗い残しによるヌルつきが無く、キュッとした肌ざわりになりました。

楽天で購入ならこちら↓

レキットベンキーザー 薬用せっけん ミューズ 95g×3個

価格:346円
(2022/4/11 13:30時点)
感想(0件)

Amazonで購入ならこちら↓

【医薬部外品】ミューズ石鹸レギュラー3個パック

新品価格
¥282から
(2022/4/11 13:32時点)

肌質ごとの使用感

乾燥肌の方が使う場合

  • メントールとエタノール(アルコール)が入っていないので、乾燥によって肌が敏感になっている時でも使えると思います。
  • 泡立てネットで泡立てるにしても、手で泡立てるにしても泡の量が少ないとゴシゴシ洗いになりやすくなります。ゴシゴシ洗いをすると摩擦で肌が乾燥しやすくなるので、洗顔料はしっかりと泡立てるようにして下さい。
  • 乾燥肌にとっての洗浄力は「弱・中・強」でいうと「」だと思います。ですが、皮脂を落としすぎているような感覚ではなく、丁度良い洗いあがりになると思います。
  • 洗顔後はセラミドやヒアルロン酸が入っている美容液をつけてしっかりと保湿するようにして下さい。

脂性肌の方が使う場合

  • 脂性肌にとっての洗浄力は「弱・中・強」でいうと「」だと思います。
  • 保湿成分が入っていない洗顔料なので、洗いあがりの肌はサッパリとしていてヌルつきはありません
  • 最近は脂性肌向けやニキビ予防の洗顔料にも保湿成分が入っているので、ニキビができやすい方は今使っている洗顔料に保湿成分が入っていないか確認してみて下さい。保湿成分が入っている場合はこの洗顔料のように保湿成分が入っていない洗顔料を使うようにして下さい。
  • 脂性肌にもしっかりとした保湿は必要なので、洗顔後は油分の少ない美容液やジェルをつけてしっかりと保湿するようにして下さい。

敏感肌の方が使う場合

  • メントールとエタノール(アルコール)が入っていないので刺激が無く、敏感肌でも使いやすいと思います
  • 肌が急に敏感になることは結構あります。そんな時でも固形石けんはオールシーズン使いやすい洗顔料なので他の洗顔料に替える必要がありません。(肌に刺激となる余分なものが入っていないから。)他の洗顔料に替えると自分の肌に合わないなんてことが結構あるので、そんなリスクを避けるためにも今回紹介した「薬用せっけん ミューズ(医薬部外品)95g×3個」のようにシンプルな固形石けんをオールシーズン使うことをオススメします。
  • 敏感肌の方は洗顔後に敏感肌用の美容液をつけてしっかりと保湿するようにして下さい。

まとめ

今回は「薬用せっけん ミューズ(医薬部外品)95g×3個」を紹介しました。

 

 

1個で購入したかったんですが、最低でも3個パックしかなかったので仕方なく3個パックを購入しました。

 

 

3個パックでも365円(税込)とお手頃な価格なので良いですが、できれば1個売りでも販売してほしいなぁと思いました。

 

 

さて実際に使ってみた使用感をまとめると、

 

 

  • メントールとエタノール(アルコール)が入っていないので肌への刺激が無く、肌が敏感になっている時でも使いやすい
  • 保湿成分(油分)が入っていないので、洗いあがりの肌がサッパリとしていてヌルつきが無い
  • 洗浄力は「弱・中・強」でいうと「」だが、皮脂を落としすぎるような強さではなく余分な皮脂だけが落ちているような感覚。そのため、肌タイプを選ばずに使いやすい洗顔料だと思う。
  • 手だけでも泡立てられるが、より濃密な泡を作るなら泡立てネットを使うのがオススメ

 

 

今回はなぜ固形石けんを選んだのかというと私が読んでいる文献の中の

 

 

「おすすめは、シンプルな固形石けん」(吉木、岡部、小田、2019、p.55)

 

 

というのが本当か実際に体験してみたかったからです。

 

 

それに加えて私はニキビができやすいので、薬用タイプの中でも含まれている成分がシンプルだった「薬用せっけん ミューズ(医薬部外品)95g×3個」を選びました。

 

 

文献の中には固形石けんを選ぶ理由として、

 

 

「しっかりと汚れが落ちて、肌に余分なものが残らないから」(吉木、岡部、小田、2019、p.55)

 

 

と述べられています。

 

 

確かに「薬用せっけん ミューズ(医薬部外品)95g×3個」で洗顔した後の肌はサッパリとしていて、ヌルつきやベタつきといった余分なものはほとんど残っていませんでした

 

 

本で読んだだけだとあまり実感が湧きませんでしたが、実際に自分の肌で体感してみると違いがよく分かりました。

 

 

保湿成分と聞くと皆さんは良いイメージしかないと思います。

 

 

ですが、保湿成分の効果が出るのは美容液や乳液などの保湿剤に入っている場合です。

 

 

洗顔料に入っている保湿成分はすすぎの際に大半が洗い流されてしまうので、肌がうるおうのはわずかな時間だけです。

 

 

このわずかに残った保湿成分によって洗顔後の肌がしっとりとするわけです。

 

 

このしっとり感は乾燥肌の方やしっとりとした洗いあがりが好みの方にとっては良いイメージなのかもしれません。

 

 

けれど、保湿成分は「油分」なので

 

 

この油分が毛穴を詰まらせてしまう(吉木、岡部、小田、2019、p.43)

 

 

ことがあると述べられています。

 

 

ただでさえ皮脂の分泌量が多い脂性肌の方は分泌された皮脂に保湿成分の油分が加わるので、さらに毛穴が詰まりやすくなり洗顔をちゃんとしているのにニキビができるという悪循環に陥ることも・・・。(私もこのタイプでした。)

 

 

さらには、

 

 

この保湿成分の油分が肌に油膜を張ることで洗顔後につける化粧品の浸透を妨げる(吉木、岡部、小田、2019、p.55)

 

 

こともあると述べられています。

 

 

自分ではしっかりと保湿をしているのに保湿成分の油膜によってこれが邪魔されてしまったら、非常に勿体ないですよね?

 

 

しっかりと保湿をしているのに肌が乾燥しやすいと感じる方は、今使っている洗顔料に保湿成分が入っていないか確認してみて下さい。

 

 

それに加えて、

 

 

  • 洗顔を正しく行えている(ゴシゴシ洗ったり、熱いお湯で洗ったりしていない。ニキビ肌の方はニキビ予防洗顔料を使えている)
  • 自分の肌に合った保湿剤でしっかりと保湿ができている(化粧水だけしかつけないのはダメ)
  • 日焼け止めを毎日つけている
  • 睡眠時間を十分に確保できている
  • バランスのとれた食事を取れている
  • 定期的に運動を行っている

 

 

など、上記の項目がちゃんとできているのかもチェックしてみて下さい。

 

 

上記の項目がちゃんとできているのに肌の状態が上向かないのであれば、洗顔料に含まれている保湿成分が影響している可能性は高いと思います。

 

 

その場合は、今回紹介した「薬用せっけん ミューズ(医薬部外品)95g×3個」のように余分なものが入っていない固形石けんを使って洗顔、そしてニキビ予防をしてみて下さい。

 

 

楽天で購入ならこちら↓

レキットベンキーザー 薬用せっけん ミューズ 95g×3個

価格:346円
(2022/4/11 13:30時点)
感想(0件)

Amazonで購入ならこちら↓

【医薬部外品】ミューズ石鹸レギュラー3個パック

新品価格
¥282から
(2022/4/11 13:32時点)

引用文献

書籍名:「素肌美人になれる 正しいスキンケア事典」

監修者:吉木伸子/岡部美代治/小田真規子

発行者:高橋秀雄

編集者:谷綾子

発行所:高橋書店

発行年月:2019年7月10日

ページ数:p.43、p.55

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。