豊富な美容成分配合の乾燥肌・敏感肌用の洗顔料 オーシャントリコ フェイスウォッシュフォーム

Pocket

 オーシャントリコというと私はヘアワックスが1番に頭に浮かびます。

ヘアワックスが人気があるだけでなくシャンプーもあるので、髪に関する商品が中心なのかなぁと思っていました。

ですが先日、洗顔と化粧水、乳液の3ステップがあるのをドラッグストアで見つけました。

商品パッケージを見ると「敏感肌向け」だということですが、実際の使用感はどうなのか気になったので購入して使ってみました。

今回は、3ステップの中から洗顔料の「オーシャントリコ フェイスウォッシュフォーム250ml」を紹介します。



オーシャントリコ フェイスウォッシュフォーム250ml


Amazonで購入ならこちら↓


オーシャントリコ フェイスウォッシュ

新品価格
¥1,540から
(2021/12/20 18:32時点)



目次


  1. オーシャントリコ フェイスウォッシュフォーム250mlの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. 肌質ごとの使用感
    1. 乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  4. まとめ



オーシャントリコ フェイスウォッシュフォーム250mlの詳細




価格


1,540円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



【メンズ専用 NULLフェイスウォッシュ】洗顔フォーム



使用方法


顔をぬらし、適量(ポンプ2プッシュ分)の泡をそのまま顔になじませ、顔全体にいきわたるように洗います。その後、水かぬるま湯で、十分に洗い流してください。


【メンズ専用 NULLフェイスウォッシュ】洗顔フォーム



成分


水、グリセリン、BG、ジグリセリン、ソルビトール、ラウリン酸、コカミドプロピルヒドロキシスルタイン、ラウリルヒドロキシスルタイン、ミリスチン酸、プラセンタエキス、サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液、水溶性コラーゲン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、アラントイン、グリチルリチン酸2K、ドクダミエキス、カワラヨモギ花エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、イノシトール、グルコノバクター培養液、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAG、セラミドAP、フィトステロールズ、水添レシチン、PEG-60水添ヒマシ油、塩化Na、クエン酸Na、水酸化K、EDTA-2Na、フェノキシエタノール

〇化粧品に最も多用されるベースの成分です。ほとんどの化粧品に使用されます。

〇ほかの成分を溶かし込み、成分の特徴を引き出す重要な成分です。

〇水だけでは蒸発しやすいので、水とゆるく結びついて水を蒸発しにくくする保湿剤との併用が必要です。

化粧品と医薬部外品では、水の表示名称が異なります

化粧品/水

医薬部外品/水、精製水、常水



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p23より引用。

グリセリン

〇ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を高温・高圧で加水分解すると、脂肪酸とともにグリセリンが得られます。

〇ほかの成分を溶けやすくしたり、低温になっても固まりにくくします。

〇化粧品にグリセリンを配合するだけで保湿効果が出ますが、ヒアルロン酸Naやコラーゲンなど、相性がよいほかの水性成分(保湿剤)と組み合わせると、さらに保湿効果がアップし、のびや滑りが良くなります。

グリセリンを使った温感化粧品

 グリセリンは、水と混ざるときに発熱する性質(溶解熱)があります。温感化粧品は、グリセリンと水が混ざるときに発生する溶解熱を利用したものが多く、グリセリンが全成分表示の一番上にきます。水は含まれていないか、含まれていたとしてもごく微量です。つまり、グリセリンを全成分表示の一番目にくるほど多量に配合した製品は、温感化粧品であることが多い、ということです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p25より引用。

BG

〇石油由来/「アセトアルデヒド」という化学物質から合成します。植物由来/発酵アルコールから合成します。

多価アルコール(次ページ参照)です。

〇油性成分の溶解性や、防腐効果が上がります。製品によっては、粘度を低下させるためにも使用されます。

〇成分にもよりますが、防腐剤と一緒に用いると防腐効果が高まるため、使用する防腐剤の量を減らすことができます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p26より引用。

水溶性コラーゲン

〇豚や魚など、動物の皮や鱗から抽出した水溶性のタンパク質から得られます。本来は溶けないものが由来なので、酸やアルカリ、酵素などで溶解して抽出します。

〇とてもなじみがよくサラッとしていますが、肌や毛髪の表面に保護膜をつくります。

〇低温ではゲル状、ヒトの体温では主に液状です。

〇コラーゲンは水にほとんど溶けないため、水溶性にすることで化粧品に配合しやすくした、水溶性コラーゲンを使っている化粧品が多くあります。化粧品でコラーゲンと呼んでいるものは、ほとんどの場合、水溶性コラーゲンか加水分解コラーゲン(次ページ参照)を指します。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p30より引用。

ヒアルロン酸Na

〇以前はニワトリのトサカからの抽出が一般的でしたが、近年は乳酸菌による発酵法で製造したものも多くなってきています。

〇たった1gで2~6Lの水分保持力があるといわれています。

〇ごく微量でも水に溶けるととろみが出ます。化粧水であれば、0.01%程度の微量配合でもテクスチャーに差が出ます。1%の水溶液になると、ゼリー状にまで粘度が上がります。

*pHによって粘度が変わる場合もあります。

分子量が大きくなるに従い、水溶性の粘度が高くなります。ただし、分子量の大きさが異なっても表示名称は同じなので、名前では分子の大きさはわかりません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p29より引用。

アラントイン

〇牛の羊膜の分泌液から発見された成分で、尿素からの合成、コンフリーの葉、タバコの種子、小麦の芽等、かたつむりの粘液など、生物界に多く存在します。

〇水によく溶けます。

〇細胞増殖が期待できる成分で、ニキビの赤みを抑えるなどの消炎効果があります。

〇乳液やクリーム、パックなど、多くの製品に使われます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p75より引用。

グリチルリチン酸2K

〇カンゾウ根エキス(73ページ参照)の主成分グリチルリチン酸の誘導体で、水溶性です。同じグリチルリチン酸の誘導体で、油溶性のものが、グリチルレチン酸ステアリルです。

〇水溶性なので、化粧水など水性成分の多い化粧品によく配合されます。

〇医薬部外品の有効成分で、強力な消炎作用があります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p74より引用。

水添レシチン

〇大豆や卵黄などから抽出した「リン脂質」(レシチン)に、化学反応で水素添加し、熱や酸化に対する安定性を高めたものです。

リポソームを作ることができ、不安定な成分をリポソームに内包して安定性を高めるといった使い方もされます。

〇ベタつかずしっとり、柔らかくなるので、独特の心地よい使用感があります。

〇レシチンは動植物の生体膜を構成する成分で、古くから食品にも利用されてきた、身近な成分です。

卵黄や大豆に含まれる天然成分のレシチンは、そのままでは劣化し、色やにおいが強くなります。化粧品成分としては使用しにくいので、そこで生まれたのが水添レシチンです。

「水添」とは?

水素添加の略。油脂など酸化しやすく劣化しやすい成分は、水素添加して安定性を高めます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p63より引用。

PEG-60水添ヒマシ油

〇トウゴマという植物の種子(ヒマシ)から抽出されるヒマシ油に水素添加し、酸化しにくく改良したものと、石油由来の酸化エチレンを原料としてつくられます。

〇O/W乳化物を作るのに適しているため多くのスキンケア乳液やクリームの乳化剤として使われています。

〇界面活性剤の中でも低刺激で安全性が高い成分です。目薬にも使われており、目にしみません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p64より引用。

EDTA-2Na

〇主に石ケン、洗顔料やシャンプーなどに使われます。

〇PRTR法(下記参照)で第一種化学物質の指定を受けたEDTAとは名前が似ていますが構造が違うのでこの成分は対象外です。

PRTR法とは

 化学物質による環境汚染を未然に防止するため、日本では、1999年7月にPRTR法が公布されました。事業者(企業など)が1年間のうち、ダイオキシン類など全354種類の化学物質を環境中に排出したかを把握し、届け出ます。そしてその結果を集計・公表する仕組みです。EU諸国のように、使用を禁止するまでは法制化されていません。

 化粧品の素材としてはEDTAなどが該当します。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p121より引用。

フェノキシエタノール

〇「グリコールエーテル」というアルコールの一種で、玉露の揮発成分として発見されました。

〇香水の香りを保つための保留剤としても使用されます。

パラベンフリーの化粧品にも使用

 パラベンが効きにくい微生物に有効ですが、パラベンよりも殺菌力が劣るため、単独で化粧品に配合する際はパラベンよりも配合量が多くなります。一方で、パラベンが効きにくい微生物に有効な面があり、パラベンと組み合わせて配合されることもあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p113より引用。



【メンズ専用 NULLフェイスウォッシュ】洗顔フォーム



商品特徴


・もこもこ泡で男肌の毛穴汚れもやさしくOFF!!

・10種類以上の豊富な美容成分*1でハリ・ツヤ肌を育みます!

植物由来の洗浄成分配合

②エイジングケア*2成分の2種類のプラセンタ*3配合

③お肌の保護成分である5種類のセラミド*4を贅沢に配合

④お肌の三大要素ヒアルロン酸コラーゲンエラスチン(保湿成分)配合

3種類の和漢植物のエキス*5を配合

・お肌のことを考えた低刺激*6・敏感肌向け*7洗顔

*1  プラセンタエキス、サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液、水溶性コラーゲン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、アラントイン、グリチルリチン酸2K、ドクダミエキス、カワラヨモギ花エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、イノシトール、グルコノバクター培養液、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAG、セラミドAP(保湿成分)

*2 年齢に応じたうるおいを与えるケア

*3 プラセンタエキス、サッカロミセス(プラセンタエキス/黒砂糖)発酵液(保湿成分)

*4 セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAG、セラミドAP(保湿成分)

*5 ドクダミエキス、カワラヨモギ花エキス、ウンシュウミカン果皮エキス(保湿成分)

*6 スティンギングテスト・実施済(全ての人に皮膚刺激が起こらないというわけではありません)

*7 敏感肌対象パッチテスト実施済(全ての人に皮膚刺激が起こらないというわけではありません)



<オーシャントリコ フェイスウォッシュフォーム 250ml | 【公式】OCEAN TRICO(オーシャントリコ)|OCEAN TOKYO(オーシャントーキョー)>より引用。



【メンズ専用 NULLフェイスウォッシュ】洗顔フォーム



商品を実際に使ってみて




写真のような黒いストッパーが付いているので初めて使う時は外して下さい。家の中だけで使うのであればストッパーが無くても良いですが、家以外でも使いたいという方はストッパーを保管しておいたほうが良いです。

スクラブが入っているのか?

スクラブは入っていません




メントールとアルコールが入っているのか?

メントールとアルコールは入っていません

洗いあがりの肌の状態は?

私の肌は脂性肌なので、わずかにヌルつきが残りました




洗顔料の質感は?

弾力の少ない軽い質感の泡です。

洗顔料を肌につけた時の刺激は?

私の肌の場合は、刺激は全くありませんでした



Amazonで購入ならこちら↓


オーシャントリコ フェイスウォッシュ

新品価格
¥1,540から
(2021/12/20 18:32時点)




肌質ごとの使用感




乾燥肌の方が使う場合


乾燥肌にとって洗浄力は丁度良いぐらいだと思います。

敏感肌向けの洗顔料ということもあって刺激が無く、乾燥によって肌が敏感になっている時でも使いやすいと思います。

保湿成分が入っているのでサッパリとした洗いあがりの中にもしっとりとした肌ざわりがあります。



【メンズ専用 NULLフェイスウォッシュ】洗顔フォーム



脂性肌の方が使う場合


脂性肌にとっては洗浄力は低・中・高でいうと「中」ぐらいだと私は思います。

私の肌も脂性肌なのですが、やはり保湿成分によるヌルつきが少し気になりました。

敏感肌向けの洗顔料なので仕方ないと思いますが、脂性肌には保湿成分よりももう少し洗浄力が欲しいところですね。



【メンズ専用 NULLフェイスウォッシュ】洗顔フォーム



敏感肌の方が使う場合


敏感肌向けの洗顔料としてメントールとアルコールが入っていないというのは勿論ですが、洗浄力も敏感肌に合っていると思います。

ただ、きめ細かい泡ですが弾力が少ない分、ゴシゴシ洗いになりやすいのでたっぷりの泡で洗顔するようにして下さい。



【メンズ専用 NULLフェイスウォッシュ】洗顔フォーム



まとめ



 今回は、「オーシャントリコ フェイスウォッシュフォーム250ml」を使ってみました。

敏感肌向けの洗顔料ということですが、洗浄力の強さや保湿成分が入っていることを考えると乾燥肌にも合うと思います。

脂性肌にも使えます。

ただ、洗いあがりの肌にヌルつきが残るので私的には「うーん・・・」ですね。

特にニキビができやすい方は、保湿成分の油分が毛穴を詰まらせてしまうことでさらにニキビができやすくなる場合があるので注意して下さい。

洗いあがりの肌がキュッとなるぐらいがしっかりと汚れが落ちたという目安になるので、脂性肌の方はそれを基準に洗顔料を選んでみて下さい。

 あと、洗顔後の肌の乾燥が気になって保湿成分が入っている洗顔料を選んでいるという方も多いのではないでしょうか?

ですが、洗顔料は汚れを落とす為のものであって、肌のうるおいを守る為に使うものではありません。

保湿成分によって肌がしっとりとするのは一時的なものですし、保湿成分のほとんどはすすぎの際に洗い流されてしまうのでしっかりとした保湿にはなりません。

その為、肌の乾燥が気になる方は洗顔後につける保湿剤に保湿成分が豊富に含まれているものを選んで下さい。

洗顔後の保湿がしっかりとできていれば、洗顔料の保湿成分に頼る必要は無くなると思います。

この洗顔料にも入っているセラミドやヒアルロン酸という成分が入っている保湿剤がオススメですよ。

 さて、話が逸れましたが今回紹介した「オーシャントリコ フェイスウォッシュフォーム250ml」は敏感肌だけでなく、乾燥肌にも使いやすい洗顔料だと思いますので乾燥肌や敏感肌の方は、試しに使ってみて下さい。

購入のしやすさですが、私もたまたま見つけたのでどこのドラッグストアでも購入できるというわけではないと思います。

皆さんの住んでいるところのドラッグストアにも取り扱いがあると良いですが、取り扱いが無い場合は通販で購入したほうが早いと思います。

オーシャントリコの公式サイトもあるみたいです。

また、この記事の広告からも購入できますので良かったらご利用下さい。

Amazonで購入ならこちら↓


オーシャントリコ フェイスウォッシュ

新品価格
¥1,540から
(2021/12/20 18:32時点)



関連記事





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です