甘酒じゃない!酒造会社が作った男性用化粧品 菊正宗 日本酒保湿化粧水 乳液タイプ(さっぱり)

Pocket

 「菊正宗(きくまさむね)」と聞くと皆さんは何をイメージしますか?

私はお酒です。

酒屋で働いていたこともありますが、小さいころに菊正宗のCMをよく目にしていたのでお酒しかイメージがありませんでした。

そんなお酒しかイメージが無かった菊正宗に化粧品がありました。

一瞬、甘酒かと思いましたが化粧水でした(笑)

どのような使用感なのか非常に気になったので購入して使ってみました。

 今回は、「菊正宗 日本酒保湿化粧水 乳液タイプ(さっぱり)150ml」を紹介します。



菊正宗 日本酒保湿化粧水 乳液タイプ(さっぱり)150ml



楽天で購入ならこちら↓


菊正宗 日本酒保湿化粧水 さっぱり 男性用(150ml)

価格:1,320円
(2021/11/22 17:36時点)
感想(0件)



Amazonで購入ならこちら↓


菊正宗 男性用 日本酒保湿化粧水 さっぱり 150ミリリットル (x 1)

新品価格
¥979から
(2021/11/22 17:40時点)



目次


  1. 菊正宗 日本酒保湿化粧水 乳液タイプ(さっぱり)150mlの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. 肌質ごとの使用感
    1. 乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  4. まとめ



菊正宗 日本酒保湿化粧水 乳液タイプ(さっぱり)150mlの詳細




価格


1,320円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



乾燥肌・敏感肌にエイジングケア化粧水【NULL フェイスローション】



使用方法


手のひらに適量をとり、肌になじませてください。


乾燥肌・敏感肌にエイジングケア化粧水【NULL フェイスローション】



成分


水、グリセリン、BG、トリエチルヘキサノイン、ソルビトール、コメ発酵液、酒粕エキス、アロエベラ葉エキス、ハトムギ種子エキス、加水分解酵母エキス、キハダ樹皮エキス、アスコルビルグルコシド、グリチルリチン酸2K、スクワラン、トウミツ、アルギニン、PEG-9ジメチコン、キサンタンガム、イソステアリン酸PEG-20ソルビタン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、EDTA-2Na、フィチン酸、水酸化K、酸化銀、フェノキシエタノール

〇化粧品に最も多用されるベースの成分です。ほとんどの化粧品に使用されます。

〇ほかの成分を溶かし込み、成分の特徴を引き出す重要な成分です。

〇水だけでは蒸発しやすいので、水とゆるく結びついて水を蒸発しにくくする保湿剤との併用が必要です。

化粧品と医薬部外品では、水の表示名称が異なります

化粧品/水

医薬部外品/水、精製水、常水



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p23より引用。

グリセリン

〇ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を高温・高圧で加水分解すると、脂肪酸とともにグリセリンが得られます。

〇ほかの成分を溶けやすくしたり、低温になっても固まりにくくします。

〇化粧品にグリセリンを配合するだけで保湿効果が出ますが、ヒアルロン酸Naやコラーゲンなど、相性がよいほかの水性成分(保湿剤)と組み合わせると、さらに保湿効果がアップし、のびや滑りが良くなります。

グリセリンを使った温感化粧品

 グリセリンは、水と混ざるときに発熱する性質(溶解熱)があります。温感化粧品は、グリセリンと水が混ざるときに発生する溶解熱を利用したものが多く、グリセリンが全成分表示の一番上にきます。水は含まれていないか、含まれていたとしてもごく微量です。つまり、グリセリンを全成分表示の一番目にくるほど多量に配合した製品は、温感化粧品であることが多い、ということです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p25より引用。

BG

〇石油由来/「アセトアルデヒド」という化学物質から合成します。植物由来/発酵アルコールから合成します。

多価アルコール(次ページ参照)です。

〇油性成分の溶解性や、防腐効果が上がります。製品によっては、粘度を低下させるためにも使用されます。

〇成分にもよりますが、防腐剤と一緒に用いると防腐効果が高まるため、使用する防腐剤の量を減らすことができます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p26より引用。

トリエチルヘキサノイン

〇エチルヘキサン酸(高級脂肪酸)3分子とグリセリン1分子がエステル結合した構造のエステル油です。

〇天然に存在すれば油脂に分類される構造のエステル油なので合成油脂とも呼ばれます。

〇酸化安定性に優れた液状油で、さまざまな化粧品の油剤として広く使われています。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p47より引用。

グリチルリチン酸2K

〇カンゾウ根エキス(73ページ参照)の主成分グリチルリチン酸の誘導体で、水溶性です。同じグリチルリチン酸の誘導体で、油溶性のものが、グリチルレチン酸ステアリルです。

〇水溶性なので、化粧水など水性成分の多い化粧品によく配合されます。

〇医薬部外品の有効成分で、強力な消炎作用があります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p74より引用。

スクワラン

〇深海に生息するサメ類の肝油中に多く含まれるスクワレンを、酸化しないように水素添加し安定化させたものです。また、ベニバナやコーン、オリーブオイルからも取れ、オリーブから取れたものは「植物性スクワラン」といわれます。近頃は、消費者が植物性の成分を好む傾向にあることや、一部の深海サメが海洋資源保護の観点で捕獲規制されるようになったことなどから、植物性スクワランが使われることが増えています。

〇保湿、柔軟作用があります。肌のバリア機能を高めます。

〇皮膚に対する浸透性がよく、潤滑性に優れ、ベタつかないといった特性を持つため、感触改良の目的でも使われます。

〇紫外線、熱、空気(酸化)に強く、非常に安定しています。

〇皮膚に対する刺激はほとんどありません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p40より引用。

キサンタンガム

〇天然由来のポリマーの代表で、水にとろみを与えます。

〇水や熱湯に簡単に溶けて、中性の粘液となります。低濃度で高粘度の溶液になる、という特徴があります。

〇乳液や美容液といった液状の化粧品に配合され、しっとり感など使用感を調節します。

〇キャベツに含まれる成分ですが、工業的には、トウモロコシデンプンから抽出したブドウ糖などの炭水化物を、「キサントモナス菌」を使って酸素の多い環境で発酵させてつくります。

〇ファンデーションやアイシャドウなど、粉状化粧品を固形状にするための結合剤として用いられます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p110より引用。

EDTA-2Na

〇主に石ケン、洗顔料やシャンプーなどに使われます。

〇PRTR法(下記参照)で第一種化学物質の指定を受けたEDTAとは名前が似ていますが構造が違うのでこの成分は対象外です。

PRTR法とは

 化学物質による環境汚染を未然に防止するため、日本では、1999年7月にPRTR法が公布されました。事業者(企業など)が1年間のうち、ダイオキシン類など全354種類の化学物質を環境中に排出したかを把握し、届け出ます。そしてその結果を集計・公表する仕組みです。EU諸国のように、使用を禁止するまでは法制化されていません。

 化粧品の素材としてはEDTAなどが該当します。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p121より引用。

フェノキシエタノール

〇「グリコールエーテル」というアルコールの一種で、玉露の揮発成分として発見されました。

〇香水の香りを保つための保留剤としても使用されます。

パラベンフリーの化粧品にも使用

 パラベンが効きにくい微生物に有効ですが、パラベンよりも殺菌力が劣るため、単独で化粧品に配合する際はパラベンよりも配合量が多くなります。一方で、パラベンが効きにくい微生物に有効な面があり、パラベンと組み合わせて配合されることもあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p113より引用。



乾燥肌・敏感肌にエイジングケア化粧水【NULL フェイスローション】



商品特徴


純米吟醸酒*1と酒粕エキスを保湿成分として配合した乳液タイプのさっぱり化粧水。

・肌にうるおいを与え、乾燥を防ぎながら肌のコンディションを整えます

・化粧水、乳液を基本とするスキンケアがこれ1本で完了します。

ベタつきが少ないので、顔はもちろん全身にご使用いただけます。

無香料

〇肌にうるおいを与え、乾燥を防ぎます

コメ発酵液(*1)、酒粕エキス、加水分解酵母エキス

〇肌荒れを防ぎ、髭剃り後の肌を整えます

グリチルリチン酸2K、キハダ樹皮エキス

〇肌のキメを整え、皮膚をすこやかに保ちます

アロエベラ葉エキス、ハトムギ種子エキス、アスコルビルグルコシド



乾燥肌・敏感肌にエイジングケア化粧水【NULL フェイスローション】



商品を実際に使ってみて




ベタベタするのか?

乳液タイプということですが商品特徴に「ベタつきが少ない」と書かれている通り、ベタつきは少ないです。

テカリが出る?

私の肌の場合は、テカリが出てきました。化粧水をつけてから1時間ぐらいでTゾーン(おでこ・小鼻・あご)がテカテカしてきました。




メントールやアルコールが入っているのか?

メントールとアルコールは入っていません

肌への刺激は?

私の肌の場合は、刺激が全くありませんでした




化粧水の質感は?

乳液タイプということですが、質感は非常に軽いです。サラッとしていますが、みずみずしさもあります。

どんな香りがする?

香りはほとんどありません



楽天で購入ならこちら↓


菊正宗 日本酒保湿化粧水 さっぱり 男性用(150ml)

価格:1,320円
(2021/11/22 17:36時点)
感想(0件)



Amazonで購入ならこちら↓


菊正宗 男性用 日本酒保湿化粧水 さっぱり 150ミリリットル (x 1)

新品価格
¥979から
(2021/11/22 17:40時点)




肌質ごとの使用感




乾燥肌の方が使う場合


乳液タイプのなので液体タイプの化粧水よりは保湿力があるように感じます。

ただ、「これ1本でスキンケアが完了する」というオールインワンタイプの保湿剤ですが、肌がガサガサに乾燥している場合はこれだけではうるおいが足りないです。

サッパリとした使用感は非常に良いですが、うるおいが足りないと感じた時は美容液などをつけてしっかりと保湿したほうが良いと思います。



乾燥肌・敏感肌にエイジングケア化粧水【NULL フェイスローション】



脂性肌の方が使う場合


乳液タイプということですが、軽いつけ心地なので脂性肌でもつけやすいと思います。

ただ、テカリとベタつきが出てきます。

私の肌の場合は、Tゾーン(おでこ・小鼻・あご)がテカテカしてきました。

ベタつきは少ないほうだと思いますが、それでもベタっとした肌ざわりになります。

保湿力は脂性肌に丁度良いぐらいだと思いますが、テカリとベタつきがあることを考えると「うーん・・・」ですね。



乾燥肌・敏感肌にエイジングケア化粧水【NULL フェイスローション】



敏感肌の方が使う場合


メントールとエタノール(アルコール)が入っていないので刺激がなく、敏感肌でもつけられると思います。

ただ、テカリとベタつきが出てくるので皮脂が気になる敏感肌の方には「うーん・・・」ですね。

あくまで保湿重視と考えて乾燥が気になる敏感肌の方が使うほうが良いと思います。



乾燥肌・敏感肌にエイジングケア化粧水【NULL フェイスローション】



まとめ



 今回は、「菊正宗 日本酒保湿化粧水 乳液タイプ(さっぱり)150ml」を使ってみました。

乳液タイプなので結構重たいつけ心地かなと思いましたが、「さっぱり」と書いてあるように軽いつけ心地で非常につけやすかったです。

私の肌は脂性肌なのですが、脂性肌にも重たくなくサラッとつけることができました。

乳液タイプと聞くと「重たい」という印象から入ってしまうんですが、その印象を良い意味で裏切ってくれるつけ心地でした。

肌タイプを選ばないつけ心地だと思います。

 ただ、脂性肌にはテカリとベタつきが出やすいです。

「肌のコンディション」を整えるということですが、保湿重視と考えたほうが良いと思います。

また、あくまでも化粧水なので時期によってや肌タイプによってはうるおいが足りないと感じることがあると思います。

「これ1本でスキンケアが完了する」と書いてありますが、つけてみてうるおいが足りないと思ったら追加で美容液などを追加でつけるようにして下さい。

テカリとベタつきが出ることや保湿重視であることを考えると普通肌や乾燥肌、乾燥が気になる敏感肌には合うのではないかと思います。

気になった方は、購入して使ってみて下さい。

 最後に、私の住んでいる地域のドラッグストアではたまたま見つけることができましたが、店舗によっては取り扱いが無いところもありました。

皆さんの住んでいるところのドラッグストアに取り扱いがあればそちらで購入してみて下さい。

もし取り扱いが無ければこの記事の広告からでも購入できますので良かったらご利用下さい。

今回は、「菊正宗 日本酒保湿化粧水 乳液タイプ(さっぱり)150ml」を紹介しましたが、この商品には「菊正宗 日本酒保湿化粧水 乳液タイプ(しっとり)150ml」もあったので、また購入して試してみて皆さんに紹介できればと思います。

お楽しみに!

楽天で購入ならこちら↓


菊正宗 日本酒保湿化粧水 さっぱり 男性用(150ml)

価格:1,320円
(2021/11/22 17:36時点)
感想(0件)



Amazonで購入ならこちら↓


菊正宗 男性用 日本酒保湿化粧水 さっぱり 150ミリリットル (x 1)

新品価格
¥979から
(2021/11/22 17:40時点)



ベタつきが少ない化粧水なら
「NULL(ヌル)フェイスローション150ml」↓


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です