目元や口元の気になるシワに働きかける NULL(ヌル)薬用リンクルクリーム(医薬部外品)

Pocket

  シワが浅くて細かいうちは保湿をしっかりと行っていれば段々と目立たなくなってきます。

ですが、顔の動きに合わせてできる表情のシワは年齢を重ねるごとに深くなって、表情が戻ってもシワは元に戻らなくなります。

シワは乾燥によってできるものもありますが、コラーゲンやエラスチンの変性や減少が主な原因といわれています。

なんにせよ早い段階で対応する必要があるということです。

深いシワに進行すると簡単には元に戻らないので、そうなる前にしっかりと毎日の保湿を行いましょう。

 今回は、「NULL(ヌル)薬用リンクルクリーム(医薬部外品)22g」を購入して使ってみました。

できたシワに働きかけるだけでなく美白*効果もあるいうことなので試してみました。

*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

コラーゲンは、肌の主要な成分

丈夫なたんぱく質からできた繊維で、水分を除けば真皮の約70%を占める主要成分です。真皮の中に網目状のネットワークをつくることで弾力をキープ。シワやたるみは、このコラーゲンの減少や変性によって肌の弾力が失われることが主な原因。



参考文献

タイトル:『素肌美人になれる 正しいスキンケア事典』

発行年:2019年7月10日

発行所:高橋書店

監修者:吉木伸子/岡部美代治/小田真規子

発行者:高橋秀雄

編集者:谷綾子

p20より引用。

エラスチンは、コラーゲンをつなぐ繊維

 ゴムのような弾力のある繊維でコラーゲンのところどころをつなぎ止めるように支えています。水分を除いた真皮の5%前後を占めるものですが、年齢とともに減ってしまい、これもシワやたるみの原因に。



参考文献

タイトル:『素肌美人になれる 正しいスキンケア事典』

発行年:2019年7月10日

発行所:高橋書店

監修者:吉木伸子/岡部美代治/小田真規子

発行者:高橋秀雄

編集者:谷綾子

p21より引用。



NULL(ヌル)薬用リンクルクリーム(医薬部外品)22g



NULL(ヌル)薬用リンクルクリーム(医薬部外品)22g
の商品詳細はこちら↓






目次


  1. NULL(ヌル)薬用リンクルクリーム(医薬部外品)22gの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. まとめ



NULL(ヌル)薬用リンクルクリーム(医薬部外品)22g




価格


3,960円(税込)

60日間返金保証
無料ギフトラッピング






使用方法


朝と夜のお手入れの最後に、目元や口のまわりなどのシワの気になる部分にやさしくなじませます。片方の目元で米粒1個分が目安です。朝と夜に目元・口元に使用して約1ヶ月ご使用頂けます。






成分


有効成分:ナイアシンアミド
その他の成分:ヒアルロン酸ナトリウム(2)、水溶性コラーゲン液、ユズセラミド、ツボクサエキス、チンピエキス、イタドリエキス、オウゴンエキス、カンゾウエキス、チャエキス(1)、カモミラエキス(1)、ローズマリーエキス、フランスカイガンショウ樹皮エキス、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、リン酸L-アスコルビルマグネシウム、加水分解卵殻膜、精製水、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、ジグリセリン、1,2-ペンタンジオール、グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート、・メタクリル酸ステアリル共重合体、アボカド油、シア脂、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル、ミツロウ、ベヘニルアルコール、セタノール、硬化ナタネ油アルコール、ミリスチン酸オクチルドデシル、デカメチルシクロペンタシロキサン、メチルポリシロキサン、無水ケイ酸、カルボキシビニルポリマー、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、キサンタンガム、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール
精製水

 常水中のミネラルや塩素をイオン交換樹脂、活性炭などで除去したのが精製水です。

 化粧品では、ミネラル(金属)が含まれていると化粧品の品質に悪影響を及ぼすことがあるので、精製水が使用されることが多いです。そのような懸念がない設計では、温泉水や海洋水、芳香水など付加価値のある水を使うこともあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p23より引用。

ミツロウ

〇ミツバチ(働きバチ)の巣を構成するロウを精製したものです。

〇粘りがあり乳化しやすい、天然のロウです。

〇古くから化粧品に配合されている、保湿力の高い素材です。

〇密閉性が高いので、皮膚の保護効果が高いです。

〇クリームののびの調整、マスカラの皮膜形成、ヘアワックスのスタイリングなど幅広く使われています。

ハチミツ、ミツロウ、ローヤルゼリー、プロポリス、何が違うの?

・ハチミツ/ミツバチが集めた花蜜からできています。

・ミツロウ/ミツバチの巣から採取したロウです。

・ローヤルゼリー/ミツバチが分泌する物質で、女王蜂のための特別食から得られるエキスです。

・プロポリス/ミツバチの巣から得られる樹脂状物質です。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p45より引用。

キサンタンガム

〇天然由来のポリマーの代表で、水にとろみを与えます。

〇水や熱湯に簡単に溶けて、中性の粘液となります。低濃度で高粘度の溶液になる、という特徴があります。

〇乳液や美容液といった液状の化粧品に配合され、しっとり感など使用感を調節します。

〇キャベツに含まれる成分ですが、工業的には、トウモロコシデンプンから抽出したブドウ糖などの炭水化物を、「キサントモナス菌」を使って酸素の多い環境で発酵させてつくります。

〇ファンデーションやアイシャドウなど、粉状化粧品を固形状にするための結合剤として用いられます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p110より引用。

水酸化ナトリウム

〇食塩水を電解(電気分解の略)して得られます。食塩水などの溶液には電気を導く性質があり、その溶液に「+」「ー」の電極を入れて電圧を加えると、溶液中に溶けているイオンがそれぞれの電極を移動し、元素に戻ります。この現象を電解といいます。

〇水に大変溶けやすく、アルカリ性を示します。

〇強アルカリ性で腐食性の高い劇物なので、化粧品に単独で配合することはまずありません。油脂や高級脂肪酸と組み合わせ(中和反応させ)て石ケンを合成したり、カルボマーや(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーなどと組み合わせ(中和反応させ)て増粘効果を出すなど、酸性の成分と中和反応させる使い方になっているはずです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p123より引用。

フェノキシエタノール

〇「グリコールエーテル」というアルコールの一種で、玉露の揮発成分として発見されました。

〇香水の香りを保つための保留剤としても使用されます。

パラベンフリーの化粧品にも使用

 パラベンが効きにくい微生物に有効ですが、パラベンよりも殺菌力が劣るため、単独で化粧品に配合する際はパラベンよりも配合量が多くなります。一方で、パラベンが効きにくい微生物に有効な面があり、パラベンと組み合わせて配合されることもあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p113より引用。







商品特徴


5つの無添加

パラベン、着色料、香料、紫外線吸収剤、界面活性剤。

美白*1

*1=メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

エイジングケア*2

*2=年齢に応じたスキンケア

パッチテスト済み*3(皮膚に対する刺激性を確認するテストです。)

*3=全ての方に皮膚刺激が起こらないというわけではありません。

スティンギングテスト済み*3(ピリピリ、ヒリヒリといった使用直後の刺激感を確かめるテストです。)

*3=全ての方に皮膚刺激が起こらないというわけではありません。







商品を実際に使ってみて




キャップを外すと写真のような先端をしています。

どんな香りがする?

香りはほとんどありません




クリームの質感は?

サラッとしたツヤの少ない白色のクリームです。指に取った感触は非常に軽いです。

メントール(清涼剤)やアルコールが入っているのか?

メントールとアルコールは入っていません







クリームを肌に塗り込むと写真のようにみずみずしさが出てきます。

ベタベタするのか?

私の肌の場合は、クリームをつけた後の肌に触れるとベタつきがありました。目元や口元など部分的につけるのでそこまで気にはなりませんが、つける箇所が広範囲になるとベタつきが気になりやすいかもしれません。




肌への刺激は?

私の肌の場合は、刺激は全くありませんでした

テカリが出る?

つけた直後は少しテカリが気になります。肌になじんでしっかりと乾くとテカリは気にならないと思います。



NULL(ヌル)薬用リンクルクリーム(医薬部外品)22g
の商品詳細はこちら↓







まとめ



 今回は、「NULL(ヌル)薬用リンクルクリーム(医薬部外品)22g」を使ってみました。

容量は22gと少なく感じますが、米粒1個分が目安なので減りは遅いと思います。

シワの範囲が広いという方は、範囲に合わせて調節してみて下さい。

一見サラッとしたクリームですが、肌に塗り込むとみずみずしさが出てくるのでしっとり感もあります。

商品特徴に「パッチテスト済み、スティンギングテスト済み」と書いてあるようにピリピリ、ヒリヒリとした刺激がなかったので刺激がないつけやすさも非常に良かったです。

 ただ、私の肌の場合はつけた部分に触れるとベタつきがありました。

つける箇所が少ない場合はそこまで気にならないと思いますが、つける箇所が多いとベタつきが気になってくると思います。

ベタつきが気になる方は、テカリ防止クリームなどを軽くつけるとベタつきを抑えられるので試してみて下さい。

また、効果についてですがすぐには効果は出ません。

浅くて細かいシワでも、できてからケアしようと思っても非常に時間が掛かります。

それを認識したうえで根気強く使い続けることが大切だと思います。

 日頃の保湿をしっかりと行っていてもシワができてくる、シワが目立つようになってきたという方は、「NULL(ヌル)薬用リンクルクリーム(医薬部外品)22g」を使ってみて下さい。

NULL(ヌル)薬用リンクルクリーム(医薬部外品)22g
の商品詳細はこちら↓






NULL(ヌル)のその他の商品





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です