肌が敏感な時は、肌に優しい洗顔料を使う ブルドッグ センシティブ フェイスウォッシュ

Pocket

 冬場は乾燥によって肌が敏感になりやすいですが、夏場は汗をかくことによって肌が敏感になることがあります。

最近は、マスクが欠かせませんが密閉されるのでマスクの中は汗が乾きにくい状態が続きます。

汗の刺激や蒸れによって肌がかぶれたり、痒みが出てきたりして段々と肌が敏感になっていきます。

今まで敏感肌ではなかった人でも急に敏感肌になることがあります。

季節の変わり目は特に肌の状態が不安定になりやすいです。

今まで使っていた洗顔料や保湿剤で刺激を感じるようになった時は、症状が落ち着いてくるまで敏感肌用の洗顔料や保湿剤を使うようにしましょう。

 そこで今回は、「ブルドッグ センシティブ フェイスウォッシュ150ml」を購入して使ってみました。



ブルドッグ センシティブ フェイスウォッシュ150ml



「ブルドッグ センシティブ フェイスウォッシュ150ml」
の商品詳細はこちら↓


ブルドッグ Bulldog センシティブ フェイスウォッシュ(洗顔料) 150mL

新品価格
¥926から
(2021/7/21 16:30時点)



目次


  1. ブルドッグ センシティブ フェイスウォッシュ150mlの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
      1. エモリエントとは
      2. エモリエント剤とは
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. 肌質ごとの使用感
    1. 乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  4. 敏感肌の特徴
  5. 敏感肌度のチェック方法
  6. まとめ



ブルドッグ センシティブ フェイスウォッシュ150mlの詳細




価格


935円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



使用方法


適量を手のひらに取り、水やお湯でよく泡立ててから顔全体を洗顔します。その後は十分にすすいで下さい。


成分


水、コカミドプロピルベタイン、ヤシ油アルキルグルコシド、グリセリン、ラウロイルサルコシンNa、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、フェノキシエタノール、塩化Na、安息香酸、デヒドロ酢酸、バオバブ種子油、コムギ胚芽油、カラスムギ穀粒油、ヤナギラン花/葉/茎エキス、ピロ亜硫酸Na、トコフェロール、水酸化Na

〇化粧品に最も多用されるベースの成分です。ほとんどの化粧品に使用されます。

〇ほかの成分を溶かし込み、成分の特徴を引き出す重要な成分です。

〇水だけでは蒸発しやすいので、水とゆるく結びついて水を蒸発しにくくする保湿剤との併用が必要です。

化粧品と医薬部外品では、水の表示名称が異なります

化粧品/水

医薬部外品/水、精製水、常水



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p23より引用。

コカミドプロピルベタイン

〇ヤシ油から酵素分解で得られた「ヤシ油脂肪酸」と、クコやサトウ大根に多く含まれる「ベタイン」を結合させてつくられます。

〇シャンプー、ボディソープなど液体洗浄料の粘度を調整して液だれしにくく手からこぼれないように使いやすさを向上させることができます。また、きめ細かい泡がつくれるので、感触も向上します。

〇低刺激性で柔軟効果もあるため、多用されます。リンスインシャンプーや子供用シャンプーなどにも使用されます。

コカミドとは?

「コカミド」とは、「ヤシ油脂肪酸アミド」(COCOAMID)の「ココアミド」が略されたもの。「ココ」(COCO)とは、ヤシ(COCONUT)のことなので、ヤシが原材料ということがわかります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p62より引用。

グリセリン

〇ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を高温・高圧で加水分解すると、脂肪酸とともにグリセリンが得られます。

〇ほかの成分を溶けやすくしたり、低温になっても固まりにくくします。

〇化粧品にグリセリンを配合するだけで保湿効果が出ますが、ヒアルロン酸Naやコラーゲンなど、相性がよいほかの水性成分(保湿剤)と組み合わせると、さらに保湿効果がアップし、のびや滑りが良くなります。

グリセリンを使った温感化粧品

 グリセリンは、水と混ざるときに発熱する性質(溶解熱)があります。温感化粧品は、グリセリンと水が混ざるときに発生する溶解熱を利用したものが多く、グリセリンが全成分表示の一番上にきます。水は含まれていないか、含まれていたとしてもごく微量です。つまり、グリセリンを全成分表示の一番目にくるほど多量に配合した製品は、温感化粧品であることが多い、ということです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p25より引用。

フェノキシエタノール

〇「グリコールエーテル」というアルコールの一種で、玉露の揮発成分として発見されました。

〇香水の香りを保つための保留剤としても使用されます。

パラベンフリーの化粧品にも使用

 パラベンが効きにくい微生物に有効ですが、パラベンよりも殺菌力が劣るため、単独で化粧品に配合する際はパラベンよりも配合量が多くなります。一方で、パラベンが効きにくい微生物に有効な面があり、パラベンと組み合わせて配合されることもあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p113より引用。

水酸化Na

〇食塩水を電解(電気分解の略)して得られます。食塩水などの溶液には電気を導く性質があり、その溶液に「+」「ー」の電極を入れて電圧を加えると、溶液中に溶けているイオンがそれぞれの電極を移動し、元素に戻ります。この現象を電解といいます。

〇水に大変溶けやすく、アルカリ性を示します。

〇強アルカリ性で腐食性の高い劇物なので、化粧品に単独で配合することはまずありません。油脂や高級脂肪酸と組み合わせ(中和反応させ)て石ケンを合成したり、カルボマーや(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーなどと組み合わせ(中和反応させ)て増粘効果を出すなど、酸性の成分と中和反応させる使い方になっているはずです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p123より引用。



商品特徴


・ブルドッグの商品は全て男性のために作られている
 
・肌タイプに合わせて厳選された天然由来の成分が含まれている

・このフェイスウォッシュには、バオバブオート麦ウィローハーブ*1が含まれている

*1 バオバブ:種子油(エモリエント)、オート麦:カラスムギ穀粒油(エモリエント)、ウィローハーブ:ヤナギラン花/葉/茎エキス(肌を保護する)

人工着色料合成香料、動物由来の成分を一切使用していない


エモリエントとは


エモリエント(Emolient)は、「柔軟にする」「やわらげる」などの意味で用いられます。「モイスチャー」が同じ意味に使われることもあります。うるおいの保たれた健やかなキレイ肌は、適度な水分と皮脂のバランスによって保たれています。その状態を維持するためや、損なわれている場合の補足として、化粧品が使用されます。化粧品におけるエモリエント効果とは、「皮膚からの水分蒸散を抑えてうるおいを保ち、皮膚を柔らかく保つ」こととされ、エモリエント剤を配合することで得られます。



参考文献

<エモリエントhttps://www.earthcare-net.com/yougo-emollient-108.html>より引用。



エモリエント剤とは


エモリエント剤は、保湿効果を与えるためや使用感を良くする目的で配合されています。その代表的な原料は、動物油脂や植物油脂などの各種の天然油脂成分、これら動植物の油脂やロウ類から精製分離された高級アルコールや高級脂肪酸、エステル油などのいわゆる油脂類です。

代表的なエモリエント剤

植物油

オリーブ油、ホホバ油、アーモンド油、アボカド油、コメヌカスフィンゴ糖脂質など

動物油

ミンク油、スクワラン、牛脂、馬油など

植物油

セタノール、イソステアリルアルコールなど

エステルオイル

ミリスチン酸オクチルドデシル、エチルヘキサン酸セチルなど

シリコーン系オイル

ジメチコン、ジフェニルジメチコンなど



参考文献

<エモリエントhttps://www.earthcare-net.com/yougo-emollient-108.html>より引用。



商品を実際に使ってみて




キャップを開けると写真のような先端になっています。粘り気がある洗顔料なので手や泡立てネットに取る時に液だれしやすいです。液だれした時は、ティッシュでキレイに拭き取るようにして下さい。




黄金色のサラッとしたジェル状の洗顔料です。

メントールやアルコールが入っているのか?

メントールもアルコールも入っていません




写真のように糸を引くような粘り気があります。

どんな香りがする?

香りはほとんどありません

スクラブが入っているのか?

スクラブは入っていません




泡立てネットで泡立てると写真のような泡になります。人差し指の第一関節ぐらいの量で泡立てています。

洗顔料を肌につけた時の刺激は?

私の肌の場合は、刺激は全くありませんでした

洗いあがりの肌の状態は?

私の肌の場合は、脂性肌なので洗いあがりの肌ざわりに少しヌルつきがありました。ですが、敏感肌用なので敏感肌の方が使う洗浄力としては丁度良いと思います。



敏感肌用の洗顔料を探している方に
「ブルドッグ センシティブ フェイスウォッシュ150ml」


ブルドッグ Bulldog センシティブ フェイスウォッシュ(洗顔料) 150mL

新品価格
¥926から
(2021/7/21 16:30時点)




肌質ごとの使用感




乾燥肌の方が使う場合


洗浄力はそこまで強くないので、乾燥肌でも使えると思います。

メントールやアルコールが入っていないので、スーッとした冷感の刺激やしみるような刺激がないのも良いですね。

乾燥による痒みやかぶれがあるなど、肌が不安定な状態でも使えるのは大きいです。



脂性肌の方が使う場合


敏感肌用の洗顔料なので仕方ありませんが、脂性肌にとってはもう少し洗浄力が欲しいですね。

私の肌も脂性肌なのですが、洗顔後の肌に若干ですがヌルつきが残っていました。

余分な皮脂はしっかりと落としておきたいので、脂性肌には「うーん・・・」ですね。

ただ、脂性肌でも冬場など肌が乾燥しやすい時は肌が敏感になることがあるので、肌の状態が不安定になった時は重宝しそうです。



敏感肌の方が使う場合


敏感肌用の洗顔料なので、敏感肌に非常に合うと思います。

メントールやアルコールが入っていないので、刺激を気にせず使えます。



敏感肌の特徴



 敏感肌に悩む人はとても多いのですが、初めから肌に合わなくて使用できない敏感肌の人と、普段は化粧品を問題なく使用できるが、季節の変わり目、生理の前、ストレスを感じたときなど、体調が悪いときに化粧品が肌に合わなくなる自称敏感肌の人がいます。敏感肌の中でも50~70%が自称敏感肌だと考えられています。肌が敏感になるのは誰でもあることなので、自分の肌の状態を理解し、肌が敏感なときは化粧品をかえるのを控えたり、過度なお手入れを控えたり、肌に優しい化粧品を使うなど、肌の変化と上手につき合うことが大切になります。



参考文献

タイトル:『日本化粧品検定 2級・3級対策テキスト コスメの教科書』

発行年:2016年4月30日 第2版第1刷発行、2016年5月31日 第2版第2刷発行、2016年 9月30日 第2版第3刷発行、2017年 2月20日 第2版第4刷発行、2017年 6月20日 第2版第5刷発行、2018年5月10日 第2版第6刷発行

監修:一般社団法人 日本化粧品検定協会®

著者:小西さやか

発行者:矢崎謙三

発行所:株式会社主婦の友社

ページ:p74より引用。



敏感肌度のチェック方法



皮膚科医からみた敏感肌の実態と、その認識の調査をもとに敏感肌チャックリストを作成しました。自分が敏感肌かどうかわからない、という人は次の項目をチェックしてみましょう。あてはまるものが多いほど、敏感肌の可能性が高くなります。

乾燥:肌が乾燥するとヒリヒリしたり、かゆくなったりしやすい

誤ったスキンケア:ピーリングを定期的に行っており、その後、肌が赤くなる

物理・科学的刺激:汗をかくと、肌がかゆくなる

物理・科学的刺激:化粧品を変えると、肌が赤くなったり、しみたり、かゆくなったりしやすい

接触皮膚炎の原因物質:花粉や動物の毛などに対してアレルギーを持っていたり、ぜんそく、アトピー性       皮膚炎と診断されたりしたことがある

皮脂分泌の低下:冬場になると肌が乾燥し、粉をふくこともある

ストレス:最近ストレスが過多だと感じる

体調:睡眠時間が足りていない

体調:外食が多く、野菜をあまり食べていない

季節変化:季節の変わり目になると、肌があれやすい

紫外線:日光にあたっただけで、赤い湿疹ができたことがある

生理:整理前後で肌あれを起こしやすい



参考文献

タイトル:『日本化粧品検定 2級・3級対策テキスト コスメの教科書』

発行年:2016年4月30日 第2版第1刷発行、2016年5月31日 第2版第2刷発行、2016年 9月30日 第2版第3刷発行、2017年 2月20日 第2版第4刷発行、2017年 6月20日 第2版第5刷発行、2018年5月10日 第2版第6刷発行

監修:一般社団法人 日本化粧品検定協会®

著者:小西さやか

発行者:矢崎謙三

発行所:株式会社主婦の友社

ページ:p74より引用。



まとめ



 今回は、「ブルドッグ センシティブ フェイスウォッシュ150ml」を購入して使ってみました。

敏感肌用というだけあって洗浄力はそこまで強くないので「皮脂を落とし過ぎる」ということはありません。

乾燥肌にも使いやすいのではないでしょうか。

肌への刺激となるメントールやアルコールが入っていないので、スーッとした冷感の刺激やしみるような刺激がありません。

敏感肌だけでなく乾燥による痒みやかぶれがあるなど、状態の悪い肌にも使いやすいと思います。

 ただ、洗浄力がそこまで強くないので脂性肌には「ブルドッグ オイルコントロール フェイスウォッシュ150ml」のほうが合いますね。

私も脂性肌なのですが「ブルドッグ センシティブ フェイスウォッシュ150ml」では、洗いあがりの肌にヌルつきが残っていました。

脂性肌は洗いあがりの肌がキュッとなるぐらいの洗浄力が良いですね。

脂性肌には「うーん・・・」というところですが、脂性肌でも冬場は肌が乾燥して肌が敏感になることがあります。

そんな肌が不安定な時に肌の状態が落ち着いてくるまで使うなど肌の状態によって使い分けるという使い方のほうが良いかなぁと思います。

 さて、今回は「ブルドッグ センシティブ フェイスウォッシュ150ml」を紹介しましたが、今まで敏感肌ではなかったとしても突然敏感肌になることがあります。

いつも使っている洗顔料で刺激を感じるようになったり、化粧水をつけるとしみるような刺激があったりした場合は、肌が敏感になっている可能性があります。

肌の状態が落ち着いてくるまで敏感肌用の洗顔料や保湿剤に切り替えるようにしましょう。

洗顔料なら今回紹介した「ブルドッグ センシティブ フェイスウォッシュ150ml」を使ってみて下さい。

「ブルドッグ センシティブ フェイスウォッシュ150ml」
の商品詳細はこちら↓


ブルドッグ Bulldog センシティブ フェイスウォッシュ(洗顔料) 150mL

新品価格
¥926から
(2021/7/21 16:30時点)



脂性肌の方にはブルドッグのオイルコントロールシリーズもあります↓







「ブルドッグ オイルコントロール フェイスウォッシュ150ml」で洗顔しても肌にヌルつきが残るという方には、
「NULL(ヌル)アクネブロック フェイスウォッシュ(医薬部外品)120g」がオススメです↓


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です