肌に香りが残らずベタつかない、普通肌・乾燥肌用のクリーム マンダム ルシード スキンクリーム

Pocket

 普段のスキンケアでしっかりと保湿ができていれば乳液やクリームを無理に使う必要はありません。

ですが、肌が乾燥しやすい冬場は普段のスキンケアだけでは保湿が追いつかず、肌のザラつきやカサつきが出てきます。

肌の乾燥を放置しておくと痒みが出てきたり、肌が敏感になったりして普段使っている化粧品が刺激になることもあります。

「少しくらい大丈夫だろう。」

と見て見ぬふりをしてはいけません。

普通肌や乾燥肌の方で普段のスキンケアでは十分な保湿ができていないと感じた時は、乳液やクリームを使って追加保湿をするようにしましょう。

 今回は「マンダム ルシード スキンクリーム48g」を購入して使ってみました。

「ベタつかず、肌に香りが残らない」ということなので試してみました。



マンダム ルシード スキンクリーム48g



マンダム ルシード スキンクリーム48g
の商品詳細はこちら↓


LUCIDO(ルシード) スキンクリーム 48g

新品価格
¥607から
(2021/3/2 07:50時点)



目次


  1. マンダム ルシード スキンクリーム48gの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. 肌質ごとの使用感
    1. 乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  4. まとめ



マンダム ルシード スキンクリーム48gの詳細




価格


704円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



使用方法


適量を手に取り、肌に軽くのばすように使用して下さい。


成分


水、BG、グリセリン、ステアリン酸、パルミチン酸、ミリスチン酸オクチルドデシル、ステアリン酸グリセリル、セテアリルアルコール、ステアロイルグルタミン酸Na、ミリスチン酸、水酸化K、ジメチコン、トリセテス-5リン酸、ステアリン酸グリコール、スクワラン、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

〇化粧品に最も多用されるベースの成分です。ほとんどの化粧品に使用されます。

〇ほかの成分を溶かし込み、成分の特徴を引き出す重要な成分です。

〇水だけでは蒸発しやすいので、水とゆるく結びついて水を蒸発しにくくする保湿剤との併用が必要です。

化粧品と医薬部外品では、水の表示名称が異なります

化粧品/水

医薬部外品/水、精製水、常水



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p23より引用。

BG

〇石油由来/「アセトアルデヒド」という化学物質から合成します。植物由来/発酵アルコールから合成します。

多価アルコール(次ページ参照)です。

〇油性成分の溶解性や、防腐効果が上がります。製品によっては、粘度を低下させるためにも使用されます。

〇成分にもよりますが、防腐剤と一緒に用いると防腐効果が高まるため、使用する防腐剤の量を減らすことができます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p26より引用。

グリセリン

〇ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を高温・高圧で加水分解すると、脂肪酸とともにグリセリンが得られます。

〇ほかの成分を溶けやすくしたり、低温になっても固まりにくくします。

〇化粧品にグリセリンを配合するだけで保湿効果が出ますが、ヒアルロン酸Naやコラーゲンなど、相性がよいほかの水性成分(保湿剤)と組み合わせると、さらに保湿効果がアップし、のびや滑りが良くなります。

グリセリンを使った温感化粧品

 グリセリンは、水と混ざるときに発熱する性質(溶解熱)があります。温感化粧品は、グリセリンと水が混ざるときに発生する溶解熱を利用したものが多く、グリセリンが全成分表示の一番上にきます。水は含まれていないか、含まれていたとしてもごく微量です。つまり、グリセリンを全成分表示の一番目にくるほど多量に配合した製品は、温感化粧品であることが多い、ということです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p25より引用。

ステアリン酸

〇ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を高温・高圧で加水分解すると、グリセリンとともにステアリン酸が得られます(下記参照)。

〇油剤として、クリームののびやかたさなど、質感調製のベース成分として使用されます。

〇消費者が動物由来より植物由来を好む傾向が強いため、成分としては同じですが、植物油脂由来が主流になっています。

〇アルカリ成分(水酸化Naや水酸化Kなど)と反応させて、石ケンを合成する原料としても使われます。

油脂から高級脂肪酸に変身

 油脂を加水分解すると、グリセリンと、さまざまな高級脂肪酸を含む混合物に分かれます。グリセリンは保湿剤として、高級脂肪酸はさらにラウリン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸などに分別されて、化粧品に使われます。

 また、油脂を分解してグリセリンだけを取り除き、さまざまな高級脂肪酸を含んだままの混合物を、化粧品に使うこともあります。この場合、さまざまな高級脂肪酸を含む混合物は、分解前のもとになった油脂の名前を用いて「〇〇脂肪酸」と命名されます。

 例えば、油脂の一種であるヤシ油を分解してグリセリンを取り除き、あとに残ったさまざまな高級脂肪酸を含む混合物は、「ヤシ脂肪酸」と呼ばれます。

 油脂を分解して得られるさまざまな高級脂肪酸の混合物の中で、化粧品によく使われている成分としては、ほかに「パーム核脂肪酸」「サフラワー脂肪酸」などがあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p42より引用。

ジメチコン

〇高い撥水力があります。

〇低分子のジメチコンは粘度が低くサラッとしたテクスチャーです。揮発性があるため、洗い流さないヘアトリートメントに使用されます。

〇高分子のジメチコンは、水あめのように高粘度で、コーティング力に優れています。しかし揮発性はないので、洗い流すヘアトリートメントに多用されます。(高分子、低分子のイメージは39ページ「シリコーンの基本構造」参照)

〇代表的な直鎖状シリコーンです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p48より引用。

スクワラン

〇深海に生息するサメ類の肝油中に多く含まれるスクワレンを、酸化しないように水素添加し安定化させたものです。また、ベニバナやコーン、オリーブオイルからも取れ、オリーブから取れたものは「植物性スクワラン」といわれます。近頃は、消費者が植物性の成分を好む傾向にあることや、一部の深海サメが海洋資源保護の観点で捕獲規制されるようになったことなどから、植物性スクワランが使われることが増えています。

〇保湿、柔軟作用があります。肌のバリア機能を高めます。

〇皮膚に対する浸透性がよく、潤滑性に優れ、ベタつかないといった特性を持つため、感触改良の目的でも使われます。

〇紫外線、熱、空気(酸化)に強く、非常に安定しています。

〇皮膚に対する刺激はほとんどありません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p40より引用。

EDTA-2Na

〇主に石ケン、洗顔料やシャンプーなどに使われます。

〇PRTR法(下記参照)で第一種化学物質の指定を受けたEDTAとは名前が似ていますが構造が違うのでこの成分は対象外です。

PRTR法とは

 化学物質による環境汚染を未然に防止するため、日本では、1999年7月にPRTR法が公布されました。事業者(企業など)が1年間のうち、ダイオキシン類など全354種類の化学物質を環境中に排出したかを把握し、届け出ます。そしてその結果を集計・公表する仕組みです。EU諸国のように、使用を禁止するまでは法制化されていません。

 化粧品の素材としてはEDTAなどが該当します。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p121より引用。



商品特徴


ベタつかず、肌荒れ、乾燥をしっかり防ぐ

 

・無香料だから肌に香りを残さない


商品を実際に使ってみて




どんな香りがする?

香りはほとんどありません

テカリが出る?

脂性肌に油分の多いクリームをつけると油分があるところにさらに油分を足すことになるので結構テカリが出てきました




ベタベタするのか?

商品特徴に「ベタつかず」とあるように、クリーム自体にベタつきは少ないですが、私の肌は脂性肌なので、肌につけた後はベタベタとした肌ざわりになりました。脂性肌の方はベタつきが気になりやすいと思います。

メントールやアルコールが入っているのか?

メントールもアルコールも入っていません




クリームの質感は?

結構重めの質感です。私の肌の場合は、つけた後の肌に膜が張ったような圧迫感がありました。

肌への刺激は?

しみるような刺激はありませんでしたが、油分による刺激だと思いますが、つけた後の肌にムズムズするような刺激と少し痒みが出てきました



マンダム ルシード スキンクリーム48g
の商品詳細はこちら↓


LUCIDO(ルシード) スキンクリーム 48g

新品価格
¥607から
(2021/3/2 07:50時点)




肌質ごとの使用感




乾燥肌の方が使う場合


クリーム自体はベタつきが少ないですが、結構重めのつけ心地なので乾燥肌用のクリームだと思います。

カサつきが気になるところにもしっかりとうるおいを与えてくれます。

メントールやアルコールが入っていないので、スーッとした冷感の刺激やしみるような刺激がなく乾燥による痒みやかぶれがある肌にもつけられます。

乾燥しやすい時期の追加保湿としてオススメです。







脂性肌の方が使う場合


脂性肌にはかなり重めのつけ心地ですね。

手ざわりは市販のクリームの中でもサラッとしていてベタつきは少ないですが、肌につけるとベタつきが気になります。

私の肌の場合は、つけた後の肌に膜を張ったような圧迫感がありました。

また、油分による刺激だと思いますがつけた後にムズムズするような刺激がありました。

クリームの中でもベタつきが少ないと思いますが、脂性肌には「うーん・・・」ですね。

油分の多いクリームやオイルを脂性肌につけると油分が毛穴を詰まらせてしまいます。

そして、その油分を栄養源にアクネ菌(ニキビの原因菌)が毛穴の中で繁殖するとニキビができてしまったり、すでにできているニキビが悪化することもあります。

脂性肌には保湿成分が豊富に入っている油分の少ない美容液をつけるようにして下さい。



敏感肌の方が使う場合


メントールやアルコールが入っていないので、敏感肌の方でも不快感なくつけることができると思います。

ただ、私の肌の場合はクリームをつけた後にムズムズするような刺激があったので、皮脂が気になる敏感肌の方には「うーん・・・」という感じですね。

油分が刺激になる場合があると思います。

その為、敏感肌の方は敏感肌用の美容液などを選んだほうが良いと思います。



まとめ



 今回は「マンダム ルシード スキンクリーム48g」を使ってみました。

市販のクリームの中でもベタつきが少ないです。

クリームというとベタベタしたイメージがあるのですが、このクリームは今まで使ったクリームと比べるとサラッとした手ざわりでした。

香りがほとんどないので、香りがある化粧品が苦手という方でも使いやすいと思います。

手ざわりはサラッとしていますが、つけ心地は結構重めなので乾燥肌用のクリームだと思います。

メントールやアルコール入っていないので、スーッとした冷感の刺激やしみるような刺激がありません。

乾燥による痒みやかぶれがある肌や敏感肌の方でもつけやすいと思います。

 ただ、私の肌の場合は脂性肌なのでつけた後の肌ざわりがベタベタしました。

クリーム自体はサラッとしているので良いですが、ベタつきが結構気になりますね。

また、時間が経つとテカリも出てきてムズムズするような刺激もありました。

脂性肌や皮脂が気になる敏感肌には「うーん・・・」ですね。

肌の乾燥が気になると乾燥肌には油分の多いクリームやオイルをつけますが、脂性肌につけると油分が毛穴を詰まらせてしまいます。

そして、その油分を栄養源にアクネ菌(ニキビの原因菌)が毛穴の中で繁殖するとニキビができてしまったり、すでにできているニキビが悪化することもあります。

クリームの中でも使いやすいほうだと思いますが、ニキビができるリスクを考えると脂性肌や皮脂が気になる敏感肌には「うーん・・・」というところですね。

質感やテカリ、ベタつき、油分による刺激がある、ということを考えると普通肌や乾燥肌に使うほうが良いと思います。

 肌をしっかりと保湿したい普通肌や乾燥肌の方は、試しに使ってみて下さい。

マンダム ルシード スキンクリーム48g
の商品詳細はこちら↓


LUCIDO(ルシード) スキンクリーム 48g

新品価格
¥607から
(2021/3/2 07:50時点)



関連記事





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です