オイルフリー、低刺激のニキビを防ぐ洗顔料 NOV(ノブ)AC ウォッシングフォーム(医薬部外品)

Pocket

 最近では、ニキビを防ぐ洗顔料もたくさんの種類があります。

値段もお手頃なものから結構高いものまで様々です。

その中から自分の肌に合っているものを選ばないといけないわけですが、簡単なことではありません。

なぜなら全部が全部ニキビを防ぐことができるかというとそうではないからです。

私も今までにニキビを防ぐと書かれている商品をたくさん使ってきましたが、何ヶ月使ってもニキビを防ぐどころか逆にニキビが増えたり、テカリやベタつきが出てきて肌が荒れるということが何度もありました。

いくら「ニキビを防ぐ」と商品に書いてあっても自分の肌に合わないということがあるのです。

これは私の経験からの話ですが、商品を試してみて1~2週間で効果がなければ別の商品に切り替えたほうが良いです。

皆さんもスキンケアを行っていれば毎日鏡で肌の状態を確認していると思いますので、肌の変化がすぐに分かると思います。

肌の状態が悪くなっていると感じた時は潔く他の商品を試すようにしましょう。

洗顔はスキンケアの1番最初の段階なので最初でつまずくとその後のケアにも影響が出てきます。

もったいないという気持ちは分かりますが、合わない商品を使い続けるのではなく、合わない時は諦めて他の商品に進むようにしましょう。

 今回は「NOV(ノブ)AC ウォッシングフォーム(医薬部外品)90g」を購入して使ってみました。



NOV(ノブ)AC ウォッシングフォーム(医薬部外品)90g



NOV(ノブ)AC ウォッシングフォーム(医薬部外品)90g
の商品詳細はこちら↓


ノブ NOV AC ウォッシングフォーム 90g

新品価格
¥2,074から
(2021/2/4 16:59時点)



目次


  1. NOV(ノブ)AC ウォッシングフォーム(医薬部外品)90gの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. 肌質ごとの使用感
    1. 乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  4. まとめ



NOV(ノブ)AC ウォッシングフォーム(医薬部外品)90gの詳細



価格


2,200円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



使用方法


1~2cmを手に取り、ぬるま湯を加えながら泡立てて洗います。すすぎ残しのないように充分に洗い流します。洗顔料の残りやすい髪の生え際や小鼻の周りは、特によくすすいで下さい。


成分


有効成分:感光素201号、グリチルリチン酸2K
その他の成分:水、ミリスチン酸、濃グリセリン、水酸化K、パルミチン酸、ステアリン酸、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、親油型ステアリン酸グリセリル、ソルビトール、ビタミンE、グリコール酸、dl-α-トコフェロール2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、BG、N,N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸ジエチル硫酸塩・N,N-ジメチルアクリルアミド・ジメタクリル酸ポリエチレングリコール共重合体/PEG混合物、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液
グリチルリチン酸2K

〇カンゾウ根エキス(73ページ参照)の主成分グリチルリチン酸の誘導体で、水溶性です。同じグリチルリチン酸の誘導体で、油溶性のものが、グリチルレチン酸ステアリルです。

〇水溶性なので、化粧水など水性成分の多い化粧品によく配合されます。

〇医薬部外品の有効成分で、強力な消炎作用があります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p74より引用。

〇化粧品に最も多用されるベースの成分です。ほとんどの化粧品に使用されます。

〇ほかの成分を溶かし込み、成分の特徴を引き出す重要な成分です。

〇水だけでは蒸発しやすいので、水とゆるく結びついて水を蒸発しにくくする保湿剤との併用が必要です。

化粧品と医薬部外品では、水の表示名称が異なります

化粧品/水

医薬部外品/水、精製水、常水



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p23より引用。

ステアリン酸

〇ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を高温・高圧で加水分解すると、グリセリンとともにステアリン酸が得られます(下記参照)。

〇油剤として、クリームののびやかたさなど、質感調製のベース成分として使用されます。

〇消費者が動物由来より植物由来を好む傾向が強いため、成分としては同じですが、植物油脂由来が主流になっています。

〇アルカリ成分(水酸化Naや水酸化Kなど)と反応させて、石ケンを合成する原料としても使われます。

油脂から高級脂肪酸に変身

 油脂を加水分解すると、グリセリンと、さまざまな高級脂肪酸を含む混合物に分かれます。グリセリンは保湿剤として、高級脂肪酸はさらにラウリン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸などに分別されて、化粧品に使われます。

 また、油脂を分解してグリセリンだけを取り除き、さまざまな高級脂肪酸を含んだままの混合物を、化粧品に使うこともあります。この場合、さまざまな高級脂肪酸を含む混合物は、分解前のもとになった油脂の名前を用いて「〇〇脂肪酸」と命名されます。

 例えば、油脂の一種であるヤシ油を分解してグリセリンを取り除き、あとに残ったさまざまな高級脂肪酸を含む混合物は、「ヤシ脂肪酸」と呼ばれます。

 油脂を分解して得られるさまざまな高級脂肪酸の混合物の中で、化粧品によく使われている成分としては、ほかに「パーム核脂肪酸」「サフラワー脂肪酸」などがあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p42より引用。

BG

〇石油由来/「アセトアルデヒド」という化学物質から合成します。植物由来/発酵アルコールから合成します。

多価アルコール(次ページ参照)です。

〇油性成分の溶解性や、防腐効果が上がります。製品によっては、粘度を低下させるためにも使用されます。

〇成分にもよりますが、防腐剤と一緒に用いると防腐効果が高まるため、使用する防腐剤の量を減らすことができます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p26より引用。



商品特徴


〇有効成分 感光素201号グリチルリチン酸2K配合

ニキビを防ぐ。

保湿成分ビタミンCE誘導体*)配合

*dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩

ビタミンE(製品の抗酸化成分)配合

オイルフリー

無香料無着色低刺激性

パッチテスト済み
アレルギーテスト済み

*全ての方に、アレルギーが起こらないわけではありません。

ノンコメドジェニックテスト済み

*全ての方に、ニキビができないわけではありません。



商品を実際に使ってみて




メントールやアルコールが入っているのか?

メントールもアルコールも入っていません

スクラブが入っているのか?

スクラブは入っていません




洗顔料を肌につけた時の刺激は?

私の肌の場合は、刺激は全くありませんでした

洗顔料の質感は?

ベタっとしたクリーム状の洗顔料です。質感は軽いです。




洗いあがりの肌の状態は?

「肌のうるおいを守る」ということなので、肌に油分が残っています。私の肌の場合は、しっとりしているというよりはベタっとしていました。

ニキビを防ぐことができる?

私の肌の場合は、使っている間もニキビが結構増えてきました。私の肌には合っていないようです。



NOV(ノブ)AC ウォッシングフォーム(医薬部外品)90g
の商品詳細はこちら↓


ノブ NOV AC ウォッシングフォーム 90g

新品価格
¥2,074から
(2021/2/4 16:59時点)




肌質ごとの使用感




乾燥肌の方が使う場合


「肌のうるおいを守りながら汚れを落とす」ということなので、肌に油分が残っています。

洗顔後の肌は乾燥し過ぎていないので、乾燥肌にも使いやすいと思います。

メントールやアルコールが入っていないので、刺激がなく乾燥による痒みやかぶれがある肌にも使いやすいと思います。

ただ、肌に油分が残るとその油分が毛穴を詰まらせてしまいます。

アクネ菌(ニキビの原因菌)がその油分を栄養源にして繁殖するとニキビができてしまいます。

その為、ニキビを防ぐ洗顔料ですが油分が残ってしまうというのは「うーん・・・」というところですね。

また、肌に油分が残っていると洗顔後につける保湿剤の効果が半減してしまいます。

洗顔後の肌の乾燥が気になる方は、洗顔料でうるおいを守るのではなく、洗顔後に保湿力のある美容液や乳液をつけてうるおいを守ることをオススメします。

うるおいを守りながら汚れを落とす洗顔料が自分の肌に合っているという方もいると思いますので、その方は、上記に書いた油分が残ることで起こるリスクを理解した上で使っていただきたいと思います。

私のオススメの洗顔料は「皮脂や古い角質を落としニキビを防ぐ NULL(ヌル)アクネブロック フェイスウォッシュ(医薬部外品)120g」です。



脂性肌の方が使う場合


「肌のうるおいを守りながら汚れを落とす」ということなので、洗浄力があまり高くありません。

その為、肌に油分が残っています。

脂性肌はただでさえ、皮脂の分泌量が多いのに肌に油分が残ってしまうとニキビができやすいだけでなく、テカリやベタつきの原因にもなります。

脂性肌にも「うーん・・・」というところですね。

脂性肌の方は、しっかりと汚れを落とす洗顔料を選ぶべきだと思います。

脂性肌の方で洗顔後の肌の乾燥が気になる方は、洗顔後に油分の少ない美容液をつけるようにして下さい。

美容液には保湿成分が豊富に含まれたものが多いのでオススメです。

私のオススメの洗顔料は「皮脂や古い角質を落としニキビを防ぐ NULL(ヌル)アクネブロック フェイスウォッシュ(医薬部外品)120g」です。



敏感肌の方が使う場合


メントールやアルコールが入っていないので、敏感肌の方でも使いやすいと思います。

ただ、油分が肌に残るので皮脂が気になる敏感肌の方はこの油分が肌への刺激となる場合があります。

油分の刺激によって肌がさらに敏感になることもあるので、皮脂が気になる敏感肌の方には「うーん・・・」ですね。

刺激がなく、使いやすいですが敏感肌の方は敏感肌用の洗顔料を選んだほうが良いと思います。

私のオススメの洗顔料は「皮脂や古い角質を落としニキビを防ぐ NULL(ヌル)アクネブロック フェイスウォッシュ(医薬部外品)120g」です。



まとめ



 今回は「NOV(ノブ)AC ウォッシングフォーム(医薬部外品)90g」を使ってみました。

低刺激性で、メントールやアルコールが入っていないので肌への刺激を気にせず使えます。

香りがほとんどないので香りが苦手な方でも使いやすいと思います。

「肌のうるおいを守りながら汚れを落とす」ということなので、洗顔後の肌はしっとりとしていて油分が残っています。

 ただ、肌に油分が残ってしまうと洗顔後につける保湿剤の効果を半減させてしまいます。

また、この油分が毛穴を詰まらせてしまうだけでなく、アクネ菌(ニキビの原因菌)の栄養源になってしまうのでニキビができやすくなってしまいます。

さらには、皮脂が気になる敏感肌の方はこの油分がテカリやベタつきの原因になるだけでなく、肌の刺激になって敏感肌がさらに敏感になることもあります。

使い心地は乾燥肌や敏感肌に合っている思いますが、油分が残ることを考えるとどの肌タイプにも「うーん・・・」というところですね。

ニキビを防ぐには、まずしっかりと肌の汚れを落とすことが大切なので、油分が残ってしまうと意味がないように思います。

私の肌の場合は、使っている間もニキビが結構増えてきたのでニキビを防ぐことはできませんでした。

 ですが、ニキビを防ぐ為には、肌の乾燥を防ぐことも大切ですので洗顔後の肌の乾燥が気になるという方は、洗顔料で肌のうるおいを守るのではなく、洗顔後に美容液や乳液をつけてうるおいを守るようにして下さい。

乾燥肌の方はセラミドが入った美容液や乳液を、脂性肌の方は油分の少ない美容液を、敏感肌の方は敏感肌用の美容液をつけるようにして下さい。

美容液は保湿成分が豊富に入っているものが多いのでオススメです。

私の肌には合いませんでしたが、この洗顔料が自分の肌に合っているという方もいると思います。

その方は、使ってもらって構いませんが油分が残ることによって起こるリスクを理解した上で使うようにして下さい。

 ニキビを防ぐ洗顔料を探している方は、試しに使ってみて下さい。

NOV(ノブ)AC ウォッシングフォーム(医薬部外品)90g
の商品詳細はこちら↓


ノブ NOV AC ウォッシングフォーム 90g

新品価格
¥2,074から
(2021/2/4 16:59時点)



関連記事





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です