乾燥によって繰り返すニキビ・肌荒れには薬用クリームで徹底保湿

Pocket

 「ニキビできたり肌荒れが起きたりするのは、過剰な皮脂が原因だから皮脂をしっかり落としさえしていれば良い」

そう考える方が多いのではないでしょうか?

昔の私もそう思っていました。

確かに洗顔で過剰な皮脂をしっかりと落とすことは大切です。

ですが、洗顔で皮脂をしっかりと落としても、洗顔後に何もせずにそのままの状態では肌が乾燥してしまいます。

肌が乾燥してくると、肌がそれ以上乾燥することを防ごうと皮脂を分泌します。

この皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が詰まったり、肌が刺激を受けたりしてニキビや肌荒れが起こるのです。

過剰な皮脂だけが原因と考えるのではなくて、「なぜ過剰に皮脂が分泌されるのか」を考えないといけなかったということですね。

肌の乾燥によって過剰に皮脂が分泌されている場合は、乾燥を防ぐスキンケアを行いましょう。

油分を与えるよりも肌の水分を増やす保湿ケアが大切です。

 今回は「オードムーゲ 薬用スキンクリーム(医薬部外品)40g」を購入して使ってみました。



オードムーゲ 薬用スキンクリーム(医薬部外品)40g



オードムーゲ 薬用スキンクリーム(医薬部外品)40g
の商品詳細はこちら↓


オードムーゲ スキンクリーム 六陽製薬 小林製薬

新品価格
¥1,296から
(2020/11/17 18:38時点)



目次


  1. オードムーゲ 薬用スキンクリーム(医薬部外品)40gの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. 肌質ごとの使用感
    1. 乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  4. まとめ



オードムーゲ 薬用スキンクリーム(医薬部外品)40gの詳細




価格


1,320円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



使用方法


適量を手に取り、肌になじませて下さい。


成分


有効成分:酢酸DL-a-トコフェロール、グリチルリチン酸ニカリウム
その他の成分:1,3-ブチレングリコール、グリセリン、ソルビット液、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、サクシニルアテロコラーゲン液、スターフルーツ葉エキス、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、流動パラフィン、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、ステアリン酸、セタノール、ポリオキシエチレンセチルエーテル、モノステアリン酸グリセリン、ローズ水、パラベン、水酸化ナトリウム、クエン酸、香料、精製水
グリチルリチン酸ニカリウム

〇カンゾウ根エキス(73ページ参照)の主成分グリチルリチン酸の誘導体で、水溶性です。同じグリチルリチン酸の誘導体で、油溶性のものが、グリチルレチン酸ステアリルです。

〇水溶性なので、化粧水など水性成分の多い化粧品によく配合されます。

〇医薬部外品の有効成分で、強力な消炎作用があります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p74より引用。

グリセリン

〇ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を高温・高圧で加水分解すると、脂肪酸とともにグリセリンが得られます。

〇ほかの成分を溶けやすくしたり、低温になっても固まりにくくします。

〇化粧品にグリセリンを配合するだけで保湿効果は出ますが、ヒアルロン酸Naやコラーゲンなど、相性がよいほかの水性成分(保湿剤)と組み合せると、さらに保湿効果がアップし、のびや滑りがよくなります。

グリセリンを使った温感化粧品

 グリセリンは、水と混ざるときに発熱する性質(溶解熱)があります。温感化粧品は、グリセリンと水が混ざるときに発生する溶解熱を利用したものが多く、グリセリンが全成分表示の一番上にきます。水は含まれていないか、含まれていたとしてもごく微量です。つまり、グリセリンを全成分表示の一番目にくるほど多量に配合した製品は、温感化粧品であることが多い、ということです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p25より引用。

ヒアルロン酸ナトリウム(2)

〇以前はニワトリのトサカからの抽出が一般的でしたが、近年は乳酸菌による発酵法で製造したものも多くなってきています。

〇たった1gで2~6Lの水分保持力があるといわれています。

〇ごく微量でも水に溶けるととろみが出ます。化粧水であれば、0.01%程度の微量配合でもテクスチャーに差が出ます。1%の水溶液になると、ゼリー状にまで粘度が上がります。

*pHによって粘度が変わる場合もあります。

分子量が大きくなるに従い、水溶性の粘度が高くなります。ただし、分子量の大きさが異なっても表示名称は同じなので、名前では分子の大きさはわかりません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p29より引用。

ステアリン酸

〇ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を高温・高圧で加水分解すると、グリセリンとともにステアリン酸が得られます(下記参照)。

〇油剤として、クリームののびやかたさなど、質感調製のベース成分として使用されます。

〇消費者が動物由来より植物由来を好む傾向が強いため、成分としては同じですが、植物油脂由来が主流になっています。

〇アルカリ成分(水酸化Naや水酸化Kなど)と反応させて、石ケンを合成する原料としても使われます。

油脂から高級脂肪酸に変身

 油脂を加水分解すると、グリセリンと、さまざまな高級脂肪酸を含む混合物に分かれます。グリセリンは保湿剤として、高級脂肪酸はさらにラウリン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸などに分別されて、化粧品に使われます。

 また、油脂を分解してグリセリンだけを取り除き、さまざまな高級脂肪酸を含んだままの混合物を、化粧品に使うこともあります。この場合、さまざまな高級脂肪酸を含む混合物は、分解前のもとになった油脂の名前を用いて「〇〇脂肪酸」と命名されます。

 例えば、油脂の一種であるヤシ油を分解してグリセリンを取り除き、あとに残ったさまざまな高級脂肪酸を含む混合物は、「ヤシ脂肪酸」と呼ばれます。

 油脂を分解して得られるさまざまな高級脂肪酸の混合物の中で、化粧品によく使われている成分としては、ほかに「パーム核脂肪酸」「サフラワー脂肪酸」などがあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p42より引用。

セタノール

〇ヤシ油、パーム油、牛脂などから化学的に処理し、分離精製されて得られます。

〇クリームののびや硬さを調整し安定性を高める働きに優れます。

〇界面活性力があり、クリームや乳液に配合すると、乳化の安定性が高まります。

〇炭素数16の高級アルコールです(下記参照)。少量の水なら溶かし込むことができます。

「高級」な油性成分って、“値段が高い”油性成分という意味?

 高級脂肪酸や高級アルコールの「高級」とは、“値段が高い”という意味ではありません。炭素(C)がいくつもつながっている「炭素鎖」の末端に、カルボキシ基(-COOH)がついた構造を脂肪酸、水酸基(-OH)がついた構造を、アルコールと呼びます。

 カルボキシ基(-COOH)や水酸基(-OH)は水に溶けやすい性質を持っているので、炭素鎖が短いと水に溶けやすくなり、炭素鎖が長くなると油の性質が強く出て、水に溶けなくなります。炭素鎖が短く、水に溶けやすい脂肪酸を「低級脂肪酸」、アルコールを「低級アルコール」と呼びます。

 また、炭素鎖が長く、水に溶けない脂肪酸を「高級脂肪酸」、アルコールを「高級アルコール」と呼びます。低級と高級の境目は明確ではありませんが、炭素の数が12以上のものを高級、と呼ぶことが一般的です。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p43より引用。

水酸化ナトリウム

〇食塩水を電解(電気分解の略)して得られます。食塩水などの溶液には電気を導く性質があり、その溶液に「+」「ー」の電極を入れて電圧を加えると、溶液中に溶けているイオンがそれぞれの電極を移動し、元素に戻ります。この現象を電解といいます。

〇水に大変溶けやすく、アルカリ性を示します。

〇強アルカリ性で腐食性の高い劇物なので、化粧品に単独で配合することはまずありません。油脂や高級脂肪酸と組み合わせ(中和反応させ)て石ケンを合成したり、カルボマーや(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーなどと組み合わせ(中和反応させ)て増粘効果を出すなど、酸性の成分と中和反応させる使い方になっているはずです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p123より引用。

香料

 化粧品に香りをつけるための成分です。香りによっては、人はリラックスして安眠できたり、シャキッと目覚めたり、相手への印象が変わったりします。つまり香りは、人の心に作用して心理状態や体調にまで変化を及ぼす、化粧品にとって大切な成分です。原料のにおいを隠す、「マスキング」のために使われることもあります。

 香料には天然香料と合成香料があります。化粧品には、1種類だけの天然香料や合成香料で香りをつけることはほとんどありません。多くの場合、さまざまな天然香料や合成香料を混ぜ合わせて、香りをつけます。香料を組み合わせ、イメージしたとおりの香りをつくり出す仕事をする人が、「調香師」です。

〇天然香料

 植物や動物から蒸留、抽出、圧搾などの分離工程で抽出した香り成分です。自然界に存在する植物や動物から得られるため、収穫時期や産地によって、香りが異なることがあります。

・植物性香料/オレンジ油、ラベンダー油など、植物から得られる精油やローズなどの香料

主に、柑橘系果実の精油は圧搾法、ローズやラベンダーなどの花・茎から得られる精油は、水蒸気蒸留法で抽出します。例えば、ダマスクローズの花を水蒸気蒸留法で抽出すると、ローズオットーといわれる精油とローズフローラルウォーターといわれる水に分かれ、それぞれがアロマテラピーなどに用いられています。

・動物性香料/ジャコウジカ(ムスク)、ジャコウネコ(シベット)、ビーバー(カストリウム)、マッコウクジラ(アンバーグリス)など動物から得られる香料

動物保護の観点や供給の不安定さなどの原因から使用は減っています。

〇合成香料

 天然香料には、香りの成分以外にもさまざまな成分が含まれているため、化粧品にしっかりと香りをつけるには、多量を配合する必要があります。ところが、化粧水のような水系の処方には配合しにくく、また、天然香料に含まれる成分の中には肌に悪影響を及ぼすものもあり、肌に塗ってはいけないものがいくつかあります。

 そこで、天然香料を分析して香りの成分だけを特定し、人工的につくったものが、合成香料です。香りの成分そのものなので、きわめて少量でも天然香料と同じような香りをしっかりとつけることができます。

香料という成分名

 化粧品に香りをつけるために配合される成分を、すべて香料と呼びます。例えばオレンジ油とラベンダー油、シトロネロールとオイゲノールを使って香りをつけた化粧品の場合、これら四つの成分を全部まとめて「香料」と記載することもできますし、オレンジ油とラベンダー油は成分名を記載し、残り二つの成分をまとめて「香料」と記載することもできます。また、「香料」とせず、四つ全部の成分名を記載することも可能です。

無香料と無臭は違います

 界面活性剤などのベース成分にはそれ自体のにおいあるため、香りをつけるための成分を使わずとも、化粧品ににおいがあることはめずらしくありません。つまり、においがあるからといって、必ずしも香料が使われているとは限らないのです。

 また、上記でふれたとおり、香りをつけるための成分をいくつか配合したとしても、それらをまとめて「香料」とせず各成分名で記載した場合、全成分表示に「香料」という記載は出てきません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p126、p127より引用。

精製水

 常水中のミネラルや塩素をイオン交換樹脂、活性炭などで除去したのが精製水です。

 化粧品では、ミネラル(金属)が含まれていると化粧品の品質に悪影響を及ぼすことがあるので、精製水が使用されることが多いです。そのような懸念がない設計では、温泉水や海洋水、芳香水など付加価値のある水を使うこともあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p23より引用。



商品特徴


抗炎症成分が肌荒れ、ニキビを防ぐ
保湿成分が肌にたっぷりうるおいを与え、乾燥による肌荒れを防ぐ
アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません)

効能・効果

肌荒れ。荒れ性。あせも、しもやけ、ひび、あかぎれ、ニキビを防ぐ。カミソリ負けを防ぐ。日焼け、雪焼け後のほてりを防ぐ。肌を引き締める。肌を整える。皮膚をすこやかに保つ。皮膚にうるおいを与える。皮膚を保護する。皮膚の乾燥を防ぐ。



商品を実際に使ってみて




商品画像
どんな香りがする?

スッキリとしたバラのような香りがあります。

クリームの質感は?

サラッとした質感ですが、つけ心地は重いです。クリームなので油分が多いです。

メントールやアルコールが入っているのか?

メントールやアルコールは入っていません




肌への刺激は?

私の肌の場合はしみるような刺激などはありませんでした

つけた後の肌ざわりは?

私の肌は脂性肌なので結構ベタベタしました。これだけベタつくと脂性肌には「うーん・・・」という感じですね。

どの肌質に合っている?

1番合っているのは乾燥肌だと思います。ですが、オールシーズン使うというよりは「普段の化粧品で保湿をしても、どうしても乾燥が目立つ」という時だけ使うほうが良いと思います。







テカリが出る?

私の肌の場合は、顔全体がテカテカになってしまいました。ニキビ予防の商品とはいえ、これだけテカリが出ると脂性肌には「うーん・・・」という感じです。

ニキビ予防ができる?

私の肌の場合は、ニキビ予防はできませんでした。ベタつきとテカリが結構あるので、ニキビがかなり増えてきてしまいました



オードムーゲ 薬用スキンクリーム(医薬部外品)40g
の商品詳細はこちら↓


オードムーゲ スキンクリーム 六陽製薬 小林製薬

新品価格
¥1,296から
(2020/11/17 18:38時点)




下記の肌質ごとの使用感は私の見解です




乾燥肌の方が使う場合


バラのようなスッキリとした香りがあります。ただ、香りが結構強いので、「香りが強い化粧品は苦手」という方には「うーん・・・」という感じですね。

・つけ心地が重いですがその分、保湿力が高いので乾燥肌に合っているクリームだと思います。ですが、オールシーズン使うというよりは、普段の化粧品で保湿をしてもどうしても乾燥が目立つという時だけ使うなど、使い分けをしたほうが良いと思います。

メントールやアルコールは入っていないので、乾燥による痒みやかぶれがある肌にもつけやすいと思います。

・サラッとした手ざわりのクリームですが、つけ心地は重いので乾燥肌の方でもベタつきを感じやすいかもしれません

・テカリやベタつきが気になる場合は、テカリ防止クリームなどを使って抑えるようにして下さい。



脂性肌の方が使う場合


・脂性肌に油分の多い化粧品をつけてしまうと、テカリやベタつきが余計に増してしまいます。また、すでにできているニキビが悪化することもあるのでクリームやオイルは避ける必要があります。その為、この「オードムーゲ 薬用スキンクリーム(医薬部外品)40g」は脂性肌にとっては「うーん・・・」というところですね。

・使うのであれば冬場など乾燥がひどい時の部分使いとして使うほうが良いと思います。



敏感肌の方が使う場合


バラのようなスッキリとした香りがあります。ただ、香りが結構強いので、「香りが強い化粧品は苦手」という方にはオススメできません。

保湿力が高いので乾燥対策としては良いと思います。

メントールやアルコールが入っていないので敏感肌に使いやすいと思いますが、質感が重い分、テカリやベタつきが結構あります。皮脂の刺激によって肌が敏感になる方には合わないかもしれません。

・敏感肌用の化粧品で保湿をしても、「どうしても乾燥が目立つ」という場合の部分使いとして使ったほうが良いかもしれません



まとめ



 今回は「オードムーゲ 薬用スキンクリーム(医薬部外品)40g」を使ってみました。

香りはバラのようなスッキリとした香りがあります。

香りは結構強いので、「あまり強い香りは苦手」という方には「うーん・・・」という感じですね。

女性の方が好きな香りかなぁと思います。

手ざわりはサラッとしたクリームですが、つけ心地が重く、油分が多いです。

その分保湿力が高いので乾燥肌の方が1番使いやすいのではないかと思います。

メントールやアルコールが入っていないので、肌への刺激がないのも良いです。

 ですが、つけ心地が重いのでテカリやベタつきが結構あります。

私の肌は脂性肌なので余計にテカリやベタつきを感じました。

つけた後の肌はテカテカ、ベタベタになってしまったので、脂性肌や皮脂が刺激となる乾燥性敏感肌に使うと考えると「うーん・・・」という感じです。

どうしても乾燥が目立つ時の部分的な保湿として使うほうが良いと思います。

ニキビ予防については、私の肌の場合はできませんでした。

かなりの量のニキビができてきてしまいました。

すでにできていたニキビも大きくなってしまいました。

ニキビ肌や脂性肌の方は油分が少ない化粧品を選ぶようにして下さいね。

 購入のしやすさですが、私の住んでいる地域ではドラッグストアや近所の薬局でも取り扱いがあったので、購入はしやすかったです。

ただ、「オードムーゲ 薬用スキンクリーム(医薬部外品)40g」はメンズ専用ではないので、女性の化粧品コーナーに陳列されています。

その為、男性化粧品のコーナーには陳列されていないと思うので、購入する際は女性の化粧品コーナーを探してみて下さい。

分からない場合は、店員の方に聞いてみて下さい。

この記事の広告からも購入できますし、送料無料なので良かったらご利用下さい。

 私は脂性肌なので合いませんでしたが、乾燥肌でニキビに悩んでいるという方は試しに使ってみて下さい。

オードムーゲ 薬用スキンクリーム(医薬部外品)40g
の商品詳細はこちら↓


オードムーゲ スキンクリーム 六陽製薬 小林製薬

新品価格
¥1,296から
(2020/11/17 18:38時点)

1件のコメント

  1. コウヘイさん
    おはようございます!

    でめきんです。

    レビューありがとうございます!

    私はバラの香りが好きなので、
    保湿したい時にはいいかもしれませんね♪

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です