脱毛は高くてできないなら、ムダ毛処理後のアフターケアを変える!

Pocket

 濃いヒゲや青ヒゲを気にしている男性の方は多いのではないでしょうか?

近年、女性が男性に求める清潔感の中に「肌がキレイなこと」だけでなく、「ムダ毛がないこと」も含まれるようになってきました。

この清潔感が重要視されていることも男性が悩む一因です。

濃いヒゲや青ヒゲがあるだけで「恋愛対象外」にされます。

また、清潔感があるかないかで「この人は仕事ができる」、「この人は仕事ができない」と判断されることもあります。

スゴイ時代になってきましたね・・・。

そりゃ誰だって清潔感があるほうが良いですが、毛が濃いのは体質もあるので自分自身で簡単にどうにかできるものではありません。

エステサロンや美容皮膚科にいけば永久脱毛ができますが、「お金が掛かる」「通う時間がない」

などの理由からなかなか手を出しづらいのが現状です。

 そこで今回は「NULL(ヌル)アフターシェーブローション150ml」を紹介します。

うるおい補給や毛穴を引き締める以外に「ムダ毛へのアプローチも期待できる」ということなので購入して使ってみました。

「脱毛は高くてできない」という方は、アフターケアを変えて濃いヒゲや青ヒゲのケアをしていきましょう。



NULL(ヌル)アフターシェーブローション150ml



目次


  1. 青ヒゲの原因
  2. ムダ毛処理後のアフターケアは欠かせない
  3. NULL(ヌル)アフターシェーブローション150mlの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  4. 商品を実際に使ってみて
  5. 肌質ごとの使用感
    1. 乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  6. 化粧水をつける時のポイント
  7. まとめ


NULL(ヌル)アフターシェーブローション150ml
の商品詳細はこちら↓







青ヒゲの原因



青ヒゲは皮膚の中に生えている毛が透けて見える為に起こります。

カミソリや電気シェーバーでヒゲをそると毛根に近い部分をカットします。

ちょうど毛が太くなっているところなので、ヒゲをそった後に断面が目立ってしまいます。

どれだけ深ぞりをしても皮膚の中のヒゲはそり切れないので、皮膚の中の毛が透けて見えて青ヒゲと呼ばれるようになります。



青ヒゲ(髭)の原因はずばりこれ!青ヒゲの原因と対策法を一挙大公開!<https://datsuo.jp/the-cause-of-aohige>を参照。



ムダ毛処理後のアフターケアは欠かせない



どんな方法でムダ毛処理を行っても、どうしても肌に傷が付いてしまいます。

その傷から細菌が入ってしまうと、炎症が起きたり、膿んでしまったりすることもあります。

面倒だからとアフターケアをしない方が多いですが、アフターケアを怠ってしまうと肌トラブルが起こる可能性が高いです。

自分の肌の為にもムダ毛処理後は、化粧水と美容液や乳液をつけてうるおい補給をしましょう。



ムダ毛処理前の準備やアフターケアのやり方を詳しく知りたい方は、こちらの記事も読んでみて下さい↓

商品画像男性も脱毛・除毛を行うのが当たり前~最短5分でスピード除毛~ NULL(ヌル)薬用リムーバークリーム(医薬部外品)200g

 



NULL(ヌル)アフターシェーブローション150mlの詳細




価格


5072円(税込)

・コスメコンシェルジュによるアフターサポート
60日間交換全額返金保証
・今だけ使用ガイドライン付き
・今だけ同時購入でBBクリームがお得に購入できる

NULL(ヌル)アフターシェーブローション150mlとNULL(ヌル)BBクリームを一緒に購入すると、NULL(ヌル)BBクリームが20%OFFに(1880円→1480円)。



『MENS NULL アフターシェーブローション 化粧水 メンズ ひげそり/脱毛/除毛の後に-NULL公式オンラインストア』<https://store.mens-null.net/products/null_shave_lotion?_acr=f5c541af847cddb838f899342935395c&_acreqid=c9345cef-d84f-418b-a1a3-2c787e856f1e>を参照。



使用方法


洗顔または、ムダ毛処理後やヒゲそり後に適量を手またはコットンに取り、顔や体になじませて下さい。


成分


水、BG、エタノール、グリセリン、フェノキシエタノール、PEG-60水添ヒマシ油、尿素、クエン酸Na、豆乳発酵液、カラギーナン、クエン酸、アロエベラ葉エキス、ダイズ種子エキス、オウゴン根エキス、香料


商品特徴


男性特有の悩みにアプローチ(濃いヒゲ、青ヒゲ、濃い体毛)

アロエベラ葉エキスダイズ種子エキスを配合

アロエベラ葉エキス

不足しているうるおいを肌に与えて、さらに肌を引き締めてくれる。

ダイズ種子エキス

ダイズ種子エキスと豆乳発酵液を配合。イソフラボンとサポニンが肌を引き締めて男性特有の悩みにアプローチ。

・ヒゲそり後の肌に必要なうるおいを与える

肌を引き締めて肌本来の美しさに導く

・ムダ毛処理後やヒゲそり後のケアだけでなく、普段のケア日焼け後のケアにも

・顔だけでなく体にも使える



・『MENS NULL アフターシェーブローション 化粧水 メンズ ひげそり/脱毛/除毛の後に-NULL公式オンラインストア』<https://store.mens-null.net/products/null_shave_lotion?_acr=f5c541af847cddb838f899342935395c&_acreqid=c9345cef-d84f-418b-a1a3-2c787e856f1e>を参照。

・『アフターシェーブローション取扱説明書』を参照。

NULL(ヌル)アフターシェーブローション150ml
の商品詳細はこちら↓







商品を実際に使ってみて




化粧水の質感は?

サラッとして軽いつけ心地です。ベタベタしないので、ベタつきやすい肌にもつけやすいと思います。

どんな香りがする?

爽やかな香りがあるのでサッパリしていて使いやすいです。




メントールやアルコールが入っているのか?

メントールは入っていませんが、エタノールが入っています。私の肌の場合は、刺激はありませんでしたが、肌の状態によってはしみるような刺激を感じる場合があるので、初めて使う時は注意して下さい。

フェノキシエタノールという成分が入っていますが、名前にエタノールと書いてありますが、この成分はアルコールではありません



エタノールとは

・石油由来/エチレンと水から合成されるのが「合成アルコール」です。植物由来/サトウキビなどの糖蜜を発酵して得られるのが「発酵アルコール」です。

・揮発性があります。蒸発する際に熱を奪うことから、清涼感が出たり、ベタつきがなくなったりします。香りも立ちやすくなります。

・基本的に刺激を感じる成分です。アルコール消毒などに過敏な人は、エタノールの配合量が多いもの(トニックやコロン、オードトワレなど)を使う場合、使用方法を守り、使用部位や使用量に注意しましょう。

・植物からエキス成分を取り出す際の抽出溶媒としても用いられます。

・香りをつけたり苦み成分を加えるなどしてお酒の原料として使えないようにした(飲用できないようにした)エタノールが「変性アルコール」です。

化粧品でいう「アルコール」とは

 化粧品でアルコールに分類される成分はエタノールのほか、「ブタノール」「ベヘニルアルコール」「セタノール」「コレステロール」など多種ありますが、一般にいうアルコールというと、エタノールだけを指します。「フェノキシエタノール」は、成分名にエタノールという文字がついていますが、エタノールとは構造も性質も大きく異なる成分です。一般的にはアルコールに分類されることはありません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p24より引用。

フェノキシエタノールとは

・「グリコールエーテル」というアルコールの一種で、玉露の揮発成分として発見されました。

・香水の香りを保つための保留剤としても使用されます。

パラベンフリーの化粧品にも使用

 パラベンが効きにくい微生物に有効ですが、パラベンよりも殺菌力が劣るため、単独で化粧品に配合する際はパラベンよりも配合量が多くなります。一方で、パラベンが効きにくい微生物に有効な面があり、パラベンと組み合わせて配合されることもあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p113より引用。



つけた後の肌ざわりは?

ベタベタせず、サラッとしています

テカリが出る?

時間が経つとテカリが出てきますが、NULL(ヌル)アフターシェーブローションをつけた後に美容液や乳液をつけるのでほとんど気にならないと思います。



NULL(ヌル)アフターシェーブローション150mlの
商品詳細はこちら↓







下記の肌質ごとの使用感は私の見解です




乾燥肌の方が使う場合


・ベタつきがなく、サラッとしているのは良いですが、乾燥肌に使うにはうるおいが不足しているように感じます

・どの化粧水もそうですが、化粧水は大半が水分なので肌につけてもすぐに蒸発してしまいます。また、蒸発する時に肌に元々ある水分まで一緒に蒸発させてしまいます。化粧水だけしかつけないという方も多いですが、化粧水だけでは余計に乾燥を招くので、NULL(ヌル)アフターシェーブローションをつけるだけでなく、その後にセラミドが入っている美容液でしっかりと保湿して下さい。(セラミドが保湿成分の中でも1番保湿力が高いので乾燥しやすい方にはオススメ。)

・メントールは入っていませんが、エタノールが入っているので、しみるような刺激を感じる場合があります。初めて使う時や肌に痒みやかぶれがある時は注意して下さい。刺激を感じた場合は、使用を中止して下さい。



脂性肌の方が使う場合


・メントールは入っていませんが、エタノールが入っているので、しみるような刺激を感じる場合があります。初めて使う時や肌に痒みやかぶれがある時は注意して下さい。刺激を感じた場合は、使用を中止して下さい。

・サッパリとしたつけ心地なのでベタつきやすい肌にも使いやすいです。

時間が経つとテカリが出てきますが、NULL(ヌル)アフターシェーブローションをつけた後に、美容液や乳液をつけるのでほとんど気にならないと思います。

・化粧水だけをたっぷりとつけても、しっかりとした保湿にならないので脂性肌の方は、NULL(ヌル)アフターシェーブローションをつけた後に、油分の少ない美容液で保湿をするようにして下さい。(油分が多い化粧品で保湿をすると毛穴を詰まらせてしまったり、油分がアクネ菌の栄養源になってしまってニキビが悪化することがある為。)



敏感肌の方が使う場合


・メントールは入っていませんが、エタノールが入っているので、初めて使う時は部分的につけてみて刺激がないか確認して下さい。そして、刺激がなければ使うようにして下さい。

ベタベタしない軽いつけ心地です。

・化粧水だけでは、しっかりとした保湿ができないので乾燥が気になる敏感肌の方は、セラミドが入っている美容液をつけて下さい。皮脂が気になる敏感肌の方は、油分の少ない美容液をつけて下さい



化粧水をつける時のポイント



化粧水を手でつける方もいれば、コットンを使ってつける方もいると思います。

肌を刺激しないように正しいつけ方をおさえておきましょう。

手で化粧水をつける場合

1.手のひらに適量の化粧水を取る

使用量は化粧水によって違うので、取扱説明書をよく見る。ただ、化粧水はつけた大半が蒸発するので、あまりたっぷりつける必要はない。

2.顔全体にサッとなじませる

手のひらで顔全体にサッとなじませて、最後に乾燥しやすい目の周りやフェイスラインに手のひらを使って、軽く押さえるようになじませる

*手でパチパチとたたいてつけてしまうと、その刺激によって赤ら顔やシミの原因になることもあるので注意しましょう。

コットンを使って化粧水をつける場合

1.コットンに適量の化粧水を取る

量はコットンの裏側までしみるぐらいが目安。化粧水の量が少ないと肌を刺激してしまうので注意。

2.顔の内から外へとまんべんなくなじませる

化粧水をつけたコットンを顔全体にやさしく滑らせるようになじませる

肌を強くこすり過ぎると肌を痛めることになるので、力加減に注意しましょう。

*コットンでたたくように化粧水をつける方がいますが、たたく刺激は強過ぎます。強くたたいても肌の奥に入っていくわけではないので意味がありません。



参考文献

タイトル:『素肌美人になれる 正しいスキンケア事典』

発行年:2019年7月10日

監修者:吉木伸子/岡部美代治/小田真規子

発行者:高橋秀雄

編集者:谷綾子

発行所:高橋書店

p60、p61を参照。



まとめ



 今回は「メンズ NULL(ヌル)アフターシェーブローション150ml」を使ってみました。

質感が軽く、サラッとしているのでベタつきやすい私の肌にもつけやすかったです。

肌を引き締めてくれるので、キメ細かい肌へと導いてくれます。

 ただ、「肌にうるおいを与える」ということですが、この化粧水だけでうるおいが十分かというと「うーん・・・」というところですね。

化粧水は一時的に肌がうるおいますが、すぐに蒸発してしまうのでしっかりとした保湿はできません。

保湿が十分にできていないと肌が乾燥して痒みが出たり、肌が敏感になったりします。

その為、NULL(ヌル)アフターシェーブローションをつけてスキンケアを終えるのではなく、この化粧水の後に保湿力のある美容液をつけるようにして下さい。

また、私の肌の場合は、刺激はありませんでしたが、エタノールが入っているのでしみるような刺激を感じる場合があります。

初めて使う時は注意して下さい。

 ですが、NULL(ヌル)アフターシェーブローションにはムダ毛を予防する効果があるオウゴン根エキスが入っているので、毛が生えてくるスピードが使う前より遅いように感じました。

ヒゲや体毛が濃い方にとっては毛が生えてくるスピードは重要ですよね。

1日に何回もヒゲをそらないといけなかったり、頻繁にムダ毛処理をしないといけないというのは肌に負担が掛かりますからね。

ムダ毛予防の効果がある成分が入っているというのは大きいです。

普段の日常のケアに使うのも良いですが、ヒゲそり後やムダ毛処理後の肌に使うのがオススメです。

 購入のしやすさですが、私の住んでいる地域ではドラッグストアで取り扱いがある店舗はありませんでした。

その為、NULL公式オンラインストアで購入しました。

スタイリッシュな容器も魅力的ですし、NULL公式オンラインストアで購入すると平日10時までの注文で即日発送なのですぐに届いて試すことができますよ。

10時までの注文でなくても2、3日ぐらいで届くので十分早いと思います。

価格は5072円(税込)で、市販の化粧水と比べると高く感じると思いますが、すぐに届くだけでなく、

・コスメコンシェルジュによるアフターサポート

・60日間交換・全額返金保証

・今だけ使用ガイドライン付き

・今だけNULL(ヌル)アフターシェーブローションとNULL(ヌル)BBクリームを同時購入で、NULL(ヌル)BBクリームが20%OFF(1880円→1480円)

という特典やサービスがあってお得に購入ができますから、価格以上の価値があると思います。

この記事の広告からも購入できますので、良かったらご利用ください。

 ヒゲそりやムダ毛処理をしてもすぐに毛が生えてくる、濃いヒゲや青ヒゲで悩んでいるという方は、試しに使ってみて下さい。

NULL(ヌル)アフターシェーブローション150ml
の商品詳細はこちら↓






体毛が気になる方は、「NULL(ヌル)リムーバークリーム(医薬部外品)200g」
の記事もチェックしてみて下さい↓


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です