乾燥や皮脂による肌荒れを防ぎ、水分バランスを整えるジェル 資生堂メン ハイドロ マスター ジェル

Pocket

 肌が乾燥してくると肌にカサつきが出てくるだけでなく、テカリやベタつきも出てきます。

これは、乾燥から肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されるからです。

肌がテカテカ、ベタベタしているとうるおっているように思いますが、実際は乾燥しているのです。

乾燥を防ぐにはしっかりと保湿をしないといけませんが、ニキビ肌なのに油分の多いオイルやクリームを使ってしまうとニキビが悪化してしまいます。

これは、アクネ菌が油分を栄養源としてさらに繫殖してしまうからです。

また、保湿の為に化粧水をたっぷりとつけるという方がいますが、一時的にうるおいはしますが、ほとんどが水分なのですぐに蒸発してしまい、保湿になりません。

というように保湿をするにしても自分の肌に合った化粧品を選ぶこと、スキンケアの基本を守ること、をちゃんと考えていかないと、かえって肌荒れが起こったりニキビができやすくなったりします。

毎日行うことだからこそ、正しい方法でスキンケアをしましょう。

 今回は「資生堂メン ハイドロ マスター ジェル75ml」を購入しました。

「肌の水分バランスを整えてくれる」ということなので、どんな使い心地か試してみました。



資生堂メン ハイドロ マスター ジェル75ml



資生堂メン ハイドロ マスター ジェル75ml
の商品詳細はこちら↓


資生堂 メン ハイドロ マスター ジェル

新品価格
¥3,168から
(2020/11/11 16:09時点)



目次


  1. 資生堂メン ハイドロ マスター ジェル75mlの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. 肌質ごとの使用感
    1. 乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  4. まとめ



資生堂メン ハイドロ マスター ジェル75mlの詳細




価格


3,520円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



使用方法


洗顔やヒゲそり後、手のひらにディスペンサー2回押し分(約1ml)を取り、顔全体に軽くのばすようにしてなじませます。


成分


水、ジメチコン、グリセリン、エタノール、DPG、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、シリカ、エリスリトール、PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル、グリチルリチン酸2K、ポリクオタニウム-51、アミノプロミルジメチコン、メントール、シャクヤク根エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オノニスエキス、シラカンバ樹皮エキス、バチルアルコール、ベヘン酸、イソステアリン酸PEG/60グリセリル、PEG-10ジメチコン、BG、水酸化K、クエン酸Na、EDTA-2Na、クエン酸、トコフェロール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、安息香酸、香料、赤227、青1

〇化粧品に最も多用されるベースの成分です。ほとんどの化粧品に使用されます。

〇ほかの成分を溶かし込み、成分の特徴を引き出す重要な成分です。

〇水だけでは蒸発しやすいので、水とゆるく結びついて水を蒸発しにくくする保湿剤との併用が必要です。

化粧品と医薬部外品では、水の表示名称が異なります

化粧品/水

医薬部外品/水、精製水、常水



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p23より引用。

ジメチコン

〇高い撥水力があります。

〇低分子のジメチコンは粘度が低くサラッとしたテクスチャーです。揮発性があるため、洗い流さないヘアトリートメントに使用されます。

〇高分子のジメチコンは、水あめのように高粘度で、コーティング力に優れています。しかし揮発性はないので、洗い流すヘアトリートメントに多用されます。(高分子、低分子のイメージは39ページ「シリコーンの基本構造」参照)

〇代表的な直鎖状シリコーンです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p48より引用。

グリセリン

〇ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を高温・高圧で加水分解すると、脂肪酸とともにグリセリンが得られます。

〇ほかの成分を溶けやすくしたり、低温になっても固まりにくくします。

〇化粧品にグリセリンを配合するだけで保湿効果が出ますが、ヒアルロン酸Naやコラーゲンなど、相性がよいほかの水性成分(保湿剤)と組み合わせると、さらに保湿効果がアップし、のびや滑りが良くなります。

グリセリンを使った温感化粧品

 グリセリンは、水と混ざるときに発熱する性質(溶解熱)があります。温感化粧品は、グリセリンと水が混ざるときに発生する溶解熱を利用したものが多く、グリセリンが全成分表示の一番上にきます。水は含まれていないか、含まれていたとしてもごく微量です。つまり、グリセリンを全成分表示の一番目にくるほど多量に配合した製品は、温感化粧品であることが多い、ということです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p25より引用。

エタノール

〇石油由来/エチレンと水から合成されるのが「合成アルコール」です。植物由来/サトウキビなどの糖蜜を発酵して得られるのが「発酵アルコール」です。

揮発性があります。蒸発する際に熱を奪うことから、清涼感が出たり、ベタつきがなくなったりします。香りも立ちやすくなります。

〇基本的に刺激を感じる成分です。アルコール消毒などに過敏な人は、エタノールの配合量が多いもの(トニックやコロン、オードトワレなど)を使う場合、使用方法を守り、使用部位や使用量に注意しましょう。

〇植物からエキス成分を取り出す際の抽出溶媒としても用いられます。

〇香りをつけたり苦み成分を加えるなどしてお酒の原料として使えないようにした(飲用できないようにした)エタノールが「変性アルコール」です。

化粧品でいう「アルコール」とは

 化粧品でアルコールに分類される成分はエタノールのほか、「ブタノール」「ベヘニルアルコール」「セタノール」「コレステロール」など多種ありますが、一般にいうアルコールというと、エタノールだけを指します。「フェノキシエタノール」は、成分名にエタノールという文字がついていますが、エタノールとは構造も性質も大きく異なる成分です。一般的にはアルコールに分類されることはありません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p24より引用。

トリエチルヘキサノイン

〇エチルヘキサン酸(高級脂肪酸)3分子とグリセリン1分子がエステル結合した構造のエステル油です。

〇天然に存在すれば油脂に分類される構造のエステル油なので合成油脂とも呼ばれます。

〇酸化安定性に優れた液状油で、さまざまな化粧品の油剤として広く使われています。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p47より引用。

グリチルリチン酸2K

〇カンゾウ根エキス(73ページ参照)の主成分グリチルリチン酸の誘導体で、水溶性です。同じグリチルリチン酸の誘導体で、油溶性のものが、グリチルレチン酸ステアリルです。

〇水溶性なので、化粧水など水性成分の多い化粧品によく配合されます。

〇医薬部外品の有効成分で、強力な消炎作用があります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p74より引用。

BG

〇石油由来/「アセトアルデヒド」という化学物質から合成します。植物由来/発酵アルコールから合成します。

多価アルコール(次ページ参照)です。

〇油性成分の溶解性や、防腐効果が上がります。製品によっては、粘度を低下させるためにも使用されます。

〇成分にもよりますが、防腐剤と一緒に用いると防腐効果が高まるため、使用する防腐剤の量を減らすことができます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p26より引用。

EDTA-2Na

〇主に石ケン、洗顔料やシャンプーなどに使われます。

〇PRTR法(下記参照)で第一種化学物質の指定を受けたEDTAとは名前が似ていますが構造が違うのでこの成分は対象外です。

PRTR法とは

 化学物質による環境汚染を未然に防止するため、日本では、1999年7月にPRTR法が公布されました。事業者(企業など)が1年間のうち、ダイオキシン類など全354種類の化学物質を環境中に排出したかを把握し、届け出ます。そしてその結果を集計・公表する仕組みです。EU諸国のように、使用を禁止するまでは法制化されていません。

 化粧品の素材としてはEDTAなどが該当します。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p121より引用。

クエン酸

〇生体内でのエネルギー代謝において重要な役割を果たす成分で、細胞の活動を促進する効果もあります。

〇安全性が高く、食品添加物として使用されています。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p124より引用。

フェノキシエタノール

〇「グリコールエーテル」というアルコールの一種で、玉露の揮発成分として発見されました。

〇香水の香りを保つための保留剤としても使用されます。

パラベンフリーの化粧品にも使用

 パラベンが効きにくい微生物に有効ですが、パラベンよりも殺菌力が劣るため、単独で化粧品に配合する際はパラベンよりも配合量が多くなります。一方で、パラベンが効きにくい微生物に有効な面があり、パラベンと組み合わせて配合されることもあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p113より引用。

香料

 化粧品に香りをつけるための成分です。香りによっては、人はリラックスして安眠できたり、シャキッと目覚めたり、相手への印象が変わったりします。つまり香りは、人の心に作用して心理状態や体調にまで変化を及ぼす、化粧品にとって大切な成分です。原料のにおいを隠す、「マスキング」のために使われることもあります。

 香料には天然香料と合成香料があります。化粧品には、1種類だけの天然香料や合成香料で香りをつけることはほとんどありません。多くの場合、さまざまな天然香料や合成香料を混ぜ合わせて、香りをつけます。香料を組み合わせ、イメージしたとおりの香りをつくり出す仕事をする人が、「調香師」です。

〇天然香料

 植物や動物から蒸留、抽出、圧搾などの分離工程で抽出した香り成分です。自然界に存在する植物や動物から得られるため、収穫時期や産地によって、香りが異なることがあります。

・植物性香料/オレンジ油、ラベンダー油など、植物から得られる精油やローズなどの香料

主に、柑橘系果実の精油は圧搾法、ローズやラベンダーなどの花・茎から得られる精油は、水蒸気蒸留法で抽出します。例えば、ダマスクローズの花を水蒸気蒸留法で抽出すると、ローズオットーといわれる精油とローズフローラルウォーターといわれる水に分かれ、それぞれがアロマテラピーなどに用いられています。

・動物性香料/ジャコウジカ(ムスク)、ジャコウネコ(シベット)、ビーバー(カストリウム)、マッコウクジラ(アンバーグリス)など動物から得られる香料

動物保護の観点や供給の不安定さなどの原因から使用は減っています。

〇合成香料

 天然香料には、香りの成分以外にもさまざまな成分が含まれているため、化粧品にしっかりと香りをつけるには、多量を配合する必要があります。ところが、化粧水のような水系の処方には配合しにくく、また、天然香料に含まれる成分の中には肌に悪影響を及ぼすものもあり、肌に塗ってはいけないものがいくつかあります。

 そこで、天然香料を分析して香りの成分だけを特定し、人工的につくったものが、合成香料です。香りの成分そのものなので、きわめて少量でも天然香料と同じような香りをしっかりとつけることができます。

香料という成分名

 化粧品に香りをつけるために配合される成分を、すべて香料と呼びます。例えばオレンジ油とラベンダー油、シトロネロールとオイゲノールを使って香りをつけた化粧品の場合、これら四つの成分を全部まとめて「香料」と記載することもできますし、オレンジ油とラベンダー油は成分名を記載し、残り二つの成分をまとめて「香料」と記載することもできます。また、「香料」とせず、四つ全部の成分名を記載することも可能です。

無香料と無臭は違います

 界面活性剤などのベース成分にはそれ自体のにおいあるため、香りをつけるための成分を使わずとも、化粧品ににおいがあることはめずらしくありません。つまり、においがあるからといって、必ずしも香料が使われているとは限らないのです。

 また、上記でふれたとおり、香りをつけるための成分をいくつか配合したとしても、それらをまとめて「香料」とせず各成分名で記載した場合、全成分表示に「香料」という記載は出てきません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p126、p127より引用。

ベヘニルアルコール

①乳化を補助する

ベヘニルアルコールは、そのままでは混じりにくい水溶性成分と油溶性成分(エモリエント成分)を混じりやすくするのを助けます。

特に、水の中に油が浮いて分散している構造でジェルっぽいO/W(Oil in Water)型の乳液や保湿クリームの粘度調整および安定化に寄与するはたらきがあります。

また、ベヘニルアルコールを使うことで界面活性剤を減らせることもメリットです。

②感触を改良する

ベヘニルアルコールは、融点が高いため粘度の温度耐性に優れています。

つまり、温度変化の影響を受けにくいのです。また、適度のエモリエント性があります。

そのため、化粧品の粘度を調整して、感触を改良するために使われます。

ベヘニルアルコールを使うことで皮膚へのなじみが改良され、肌にみずみずしい感触をもたらすメリットがあります。



ベヘニルアルコールは化粧品の乳化剤!安全でアルコールフリーlエイジングケアアカデミー<https://eijingukea.nahls.co.jp/seibun/b/beheniruaruko-ru/>より引用。

バチルアルコール

別名:グリセリルモノステアリルエーテルとも呼ばれている高級アルコールの一つです。バチルアルコールの化粧品成分としては伸びが良く優れた保湿性があることから

・油性成分

・乳化剤

・乳化安定剤

等の目的で化粧品に配合されています。



化粧品の成分 バチルアルコールについて:育毛剤とシャンプーと化粧品の成分まとめ<https://prettypapa.seesaa.net/article/283301379.html>より引用。



商品特徴


〇肌の水分バランスを整える、ハイドロマスターテクノロジーを搭載
 
〇肌のバリア機能を保つ、ダメージディフェンスコンプレックス(保湿成分)配合

*ダメージディフェンスコンプレックスは、ポリクオタニウム-51、PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル、エリスリトール、グリセリンの4つの成分の融合から生まれた高機能複合成分。

〇うるおいバランスを整えて皮脂による肌への悪影響を防ぎます

〇瞬時にうるおいを与え、保湿効果が長時間持続します

〇すっきりと上品な心地よさを与えるフローラルグリーンの香り

ノンコメドジェニックテスト済みアレルギーテスト済み

(全てのかたにニキビができない、アレルギーが起きないというわけではありません。)



商品を実際に使ってみて




メントールやアルコールが入っているのか?

メントールとエタノール(アルコール)の両方が入っています。私の肌の場合は、メントールのスーッとした冷感の刺激も、アルコールのしみるような刺激もありませんでした。

ですが、肌の状態によっては刺激を感じる場合があるので初めて使う時は注意して下さい。

どんな香りがする?

フローラルグリーンの香りがあります。甘いというよりはスッキリとした香りがあります。




ジェルの質感は?

みずみずしく保湿力がありますが、サラッとした軽いつけ心地です。

肌への刺激は?

メントールやアルコールが入っていますが、私の肌の場合は、肌への刺激はありませんでした




つけた後の肌ざわりは?

ベタつきがなく、サラッとした肌ざわりです。

テカリが出る?

私の肌の場合は、時間が経つと結構テカリが出てきました。今の時期は汗の量が多くなるので、あぶらとり紙か、テカリ防止ジェルやクリームを使ってテカリを抑えたほうが良いです。






資生堂メン ハイドロ マスター ジェル75ml
の商品詳細はこちら↓


資生堂 メン ハイドロ マスター ジェル

新品価格
¥3,168から
(2020/11/11 16:09時点)




下記の肌質ごとの使用感は私の見解です




乾燥肌の方が使う場合


保湿力はありますが、冬場の乾燥しやすい時はうるおいが足りないと思います。

つけた後の肌にベタつきがなく、サラッとした肌ざわりになるのは魅力的ですが、季節を問わず使えるかと考えると難しいように感じました。

そして、私の肌の場合は、つけてから時間が経つと肌にテカリが出てきました

ノンコメドジェニックテスト済みということですが、テカリは毛穴を詰まらせてニキビの原因になるのであぶらとり紙やテカリ防止ジェルやクリームを使って抑えたほうが良いです。

また、メントールとエタノールが入っているので、スーッとした冷感の刺激やしみるような刺激を感じる場合があります。

初めて使う時は、いきなり顔全体につけるのではなく、部分的につけてみて刺激がないか確認して下さい

それで刺激がなければ使うようにして下さい。

保湿力が高い化粧品を探している方は、このジェルには入っていませんが、保湿成分の中でもセラミドが1番保湿力が高いのでセラミドの入った美容液を選んだほうが良いです。







脂性肌の方が使う場合


軽いつけ心地でつけた後の肌ざわりにベタつきがないので、脂性肌でもつけやすいジェルです。

ただ、「うるおいバランスを整えて皮脂による肌への悪影響を防ぐ」ということですが、私の肌の場合はジェルをつけてから時間が経つとテカリが出てきました

ニキビができやすい方にこのテカリが出るのは「うーん・・・」という感じですね。

「ノンコメドジェニックテスト済み」ということですが、テカリはニキビの原因になってしまいます。

テカリが気になる方は、あぶらとり紙、テカリ防止ジェルやクリームを使ってテカリを抑えたほうが良いです。

どうしてもテカリが出るのが「うーん・・・」という方は、他の油分の少ないジェルや美容液を選んだほうが良いと思います。

私の肌の場合は、刺激はありませんでしたが、メントールとエタノールが入っているので、刺激を感じる場合があります。

初めて使う時は、注意して下さい。

肌に部分的につけてみて刺激がないか確認して下さい

刺激がなければ使うようにして下さい。

「ノンコメドジェニックテスト済み」なのはニキビができやすい肌には良いことですが、テカリが出てしまうのは「うーん・・・」となってしまいますね。







敏感肌の方が使う場合


私の肌の場合は、刺激はありませんでしたがメントールとエタノールが入っているので、スーッとした冷感の刺激やしみるような刺激を感じる場合があります。

わずかな刺激でも肌が赤くなったり、ムズムズする方は使わないほうが良いと思います。

もし、使い心地を試してみたいという方は、まず部分的につけてみて刺激がないか確認して下さい。

そして、刺激がなければ使うようにして下さい。

寝不足や不規則な生活になっている時は、肌の抵抗力が落ちてさらに敏感になりやすいので注意して下さい。



まとめ



 今回は「資生堂メン ハイドロ マスター ジェル75ml」を使ってみました。

サラッとした軽いつけ心地のジェルです。

スッキリとしたフローラルグリーンの香りが、爽やかで上品さもあります。

つけた後の肌は嫌なベタつきがなく、サラッとしていて肌ざわりが良いです。

私にとっては非常につけやすいジェルでした。

 ただ、私の肌の場合はつけてから時間が経つとテカリが出てきて、汗をかくとテカリが増してきました。

商品特徴に書いてある「うるおいバランスを整えて皮脂による肌への悪影響を防ぎます。」というのは私の肌の場合はできませんでした。

テカリをあぶらとり紙で抑えたり、テカリ防止ジェルやクリームをつけて抑えないと脂性肌につけるというのは難しいと思います。

そして、メントールとエタノールが入っているので、スーッとした冷感の刺激やしみるような刺激を感じる場合があります。

初めて使う時は、いきなり顔全体につけるのではなく部分的につけて刺激がないか確認し、刺激がなければ使うようにして下さい。

 また、このジェルは冬場の乾燥しやすい時期はうるおいが足りないと思います。

商品特徴に「瞬時にうるおいを与え、保湿効果が長時間持続します。」とありますが、確かにつけた瞬間はうるおいます。

ですが、ガサガサに乾燥した状態の肌でもできるかと考えた時に、私は「うーん・・・」と思いました。

あくまでも、私の肌感覚なので参考程度に考えていただければと思います。

 今回は「資生堂メン ハイドロ マスター ジェル75ml」を使ってみましたが、保湿力やテカリのバランスなどを考えるとこのジェルが1番適しているのは普通肌だと思います。

今の肌をキープするために水分を増やしたいという普通肌の方は、使ってみて下さい。

 購入のしやすさですが、私の住んでいるところでこのジェルの取り扱いがあるのは5店舗だけでした。

百貨店や化粧品専門店では購入しやすいようです。

皆さんの住んでいるところで取り扱いがなければ、通販で購入してみて下さい。

「ジェル1つだけで送料が掛かるのはちょっと・・・」という方は、「送料無料!」や「何円以上購入で送料無料!」のところがあるのでそちらで購入していただければと思います。

この記事の広告から購入していただいても送料無料ですので、ご利用下さい。

資生堂メン ハイドロ マスター ジェル75ml
の商品詳細はこちら↓


資生堂 メン ハイドロ マスター ジェル

新品価格
¥3,168から
(2020/11/11 16:09時点)



その他のジェルの記事





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です