皮脂でベタつくのにカサつく乾燥性敏感肌の為の化粧水 キュレル 皮脂トラブルケア 化粧水(医薬部外品)

Pocket

 皮脂でベタつくのにカサつく乾燥性敏感肌は、「過剰な皮脂によるベタつきを防ぐこと」と「肌の必須成分であるセラミドの働きを守って、肌の乾燥を防ぐこと」の両方を考えないといけません。

ですが、これは簡単なことではありません。

どちらか一方ができていないだけでも肌の水分と油分のバランスが崩れて、肌荒れが起こったり、少しの刺激でも感じてしまうぐらい肌が敏感になったりします。

その為、化粧品を選ぶのも一苦労です。

今は大丈夫でも突然、乾燥性敏感肌になることがあるので毎日の肌のチェックが大事になってきます。

「もしかして乾燥性敏感肌になってきたかな?」と思ったら、乾燥性敏感肌に合った化粧品を使ってケアをしましょう。

 今回は乾燥性敏感肌のことを考えた「キュレル 皮脂トラブルケア 化粧水(医薬部外品)150ml」を購入して使ってみました。

乾燥性敏感肌とは

乾燥性敏感肌は、肌の必須成分「セラミド」が不足して、乾燥などの外部刺激で肌荒れしやすい状態にこと。



キュレル 皮脂トラブルケア 化粧水(医薬部外品)150ml



「キュレル 皮脂トラブルケア 化粧水(医薬部外品)150ml」
の商品詳細はこちら↓


キュレル 皮脂トラブルケア化粧水 150ml



目次


  1. 価格
  2. 使用方法
  3. 商品特徴
  4. 商品を実際に使ってみて
  5. 肌質ごとの使用感
    1. 超乾燥肌や乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  6. まとめ



価格



1980円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*購入されるドラッグストアや通販サイトによっては価格が違う場合があります。ご了承下さい。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



使用方法



朝晩の洗顔後の肌に使って下さい。適量(ポンプ3~4押し分)を取り、顔全体にやさしくなじませます。



商品特徴



・乾燥性敏感肌を考えた低刺激設計

弱酸性

無香料

無着色

アルコールフリー(エチルアルコール無添加)

アレルギーテスト済み

〇乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み

(パッチテスト:皮膚に対する刺激性を確認するテストです)

ニキビのもとになりにくい処方

ノンコメドジェニックテスト済み

*すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらない、コメド(ニキビのもと)ができないというわけではありません。

 

・皮脂でベタつくのにカサつく乾燥性敏感肌に

消炎剤配合(有効成分:アラントイン)・・・ニキビ、肌荒れを防ぐ

セラミドケア・・・うるおいを保つ「セラミド」の働きを守る

過剰な皮脂のベタつきを抑制する成分基剤)配合

うるおい成分(ユーカリエキス)配合

角層まで深くうるおい、外部刺激で肌荒れしにくい、なめらかでうるおいに満ちた肌に保ちます。

ベタつかず、みずみずしくうるおう使い心地。ノンオイリー処方。

セラミドとは

角質層内で肌を外部刺激から守る、バリア機能の働きをする重要な成分です。セラミドが減少すると皮膚のバリア機能が低下し、肌の乾燥や肌荒れをまねきます。角質層のセラミドを補うことでバリア機能改善、肌荒れ改善が期待され、多くの研究が行われています。



2019年7月15日 初版第1刷発行

2020年3月12日 初版第2冊発行

出版社:実業之日本社

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野 裕一

『化粧品成分検定 公式テキスト 改訂新版』P84より引用。

アラントインとは

・牛の羊膜の分泌液から発見された成分で、尿素からの合成、コンフリーの葉、タバコの種子、小麦の芽等、かたつむりの粘液など、生物界に多く存在します。

・水によく溶けます。

・細胞増殖が期待できる成分で、ニキビの赤みを抑えるなどの消炎効果があります。

・乳液やクリーム、パックなど、多くの製品に使われます。



2019年7月15日 初版第1刷発行

2020年3月12日 初版第2冊発行

出版社:実業之日本社

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野 裕一

『化粧品成分検定 公式テキスト 改訂新版』P75より引用。



商品を実際に使ってみて




メントールやアルコールが入っているのか?

乾燥性敏感肌のことを考えた化粧水なのでメントールやアルコールは入っていません

どんな香りがする?

ほんのわずかにスッキリとした香りがありますが、ほとんど分からないぐらいの香りです。




化粧水の質感は?

皮脂を抑えることだけでなく、肌にうるおいを与えることも考えられている化粧水なのでサッパリしていますが、しっとり感もあります

テカリが出る?

夏場は汗の量が多くなるので、テカリが出てきます。テカリが気になる方は、テカリ防止ジェルやクリームを使って下さい。




つけた後の肌ざわりは?

私の肌の場合は、つけた後に少しベタつきがありました。肌にうるおいを与えることも考えないといけないので、これぐらいのベタつきであれば、ほとんど気にならないと思います

肌への刺激は?

刺激はありませんでした。その為、つけていて不快感がありません。



「キュレル 皮脂トラブルケア 化粧水(医薬部外品)150ml」
の商品詳細はこちら↓


キュレル 皮脂トラブルケア化粧水 150ml




下記の肌質ごとの使用感は私の見解です




超乾燥肌や乾燥肌の方が使う場合↓



うるおい成分のユーカリエキスが入っているので、ベタつきを抑えるだけでなく肌にうるおいを与えてくれる化粧水です。

ベタベタしたうるおいではなく、しっとりとしたうるおいなので、つけやすいです。

メントールやアルコールが入っていないのでスーッとした冷感の刺激やしみるような刺激がありません。

乾燥による痒みやかぶれがある肌にもやさしくうるおいを与えてくれると思います。







脂性肌の方が使う場合↓



皮脂を抑えるだけでなく、うるおいを与えることも考えられている化粧水なので、皮脂が多いのに肌が乾燥しやすい脂性肌に非常に合っています

うるおいを与えることも考えられているので少しベタつきがありますが、この化粧水の後に「皮脂トラブルケア シリーズの保湿ジェル」をつけるのでほとんど気にならないと思います。

私の肌の場合は、汗をかくと多少はテカリが出てきたので、テカリが気になる方はテカリ防止ジェルやクリームを使って下さい。

メントールやアルコールが入っていない化粧水なので、過剰な皮脂による刺激で敏感になっている肌にもつけやすいと思います。







敏感肌の方が使う場合↓



敏感肌のことを考えた化粧水なので、メントールやアルコールが入っていません。

その為、スーッとした冷感の刺激やしみるような刺激がないので使いやすいです。

過剰な皮脂によるベタつきを抑えてくれて、しっとりとしたうるおいも与えてくれるので、皮脂と乾燥の両方をケアできます。

肌への刺激を気にすることなく使えるのは敏感肌には大きいです。



まとめ



 今回は「キュレル 皮脂トラブルケア 化粧水(医薬部外品)150ml」を使ってみました。

乾燥性敏感肌の中でも、乾燥だけでなく過剰な皮脂によるベタつき・刺激にも悩まされる敏感肌のことを考えた化粧水です。

消炎剤の「アラントイン」が入っているのでニキビ・肌荒れを防いでくれます。

私の肌の場合は、いくつかニキビができてきましたが、使う前よりも予防ができていたと思います。

肌の赤みも目立たなくなってきました。

 また、うるおい成分の「ユーカリエキス」がカサつく肌にうるおいを与えてくれます。

しっとりとしたうるおいなので、ベタベタせずつけやすいです。

つけた後の肌に少しベタつきがありますが、この化粧水の後に「キュレル 皮脂トラブルケア シリーズの保湿ジェル」や他の乳液やクリームをつけるのでほとんど気にならないと思います。

汗をかくと多少はテカリが出てくるので、テカリが気になる方はテカリ防止ジェルやクリームを使って下さい。

メントールやアルコールが入っていないので、刺激を気にせず使うことができるのは敏感肌にとって大きいと思います。

乾燥性敏感肌用の化粧水ですが、どの肌タイプでも使いやすい化粧水だと思います。

 私はドラッグストアで購入しました。

私の住んでいるところのドラッグストアでは取り扱いがある店舗が多かったです。

ですが、場所によっては取り扱いがないところもあると思います。

その場合は、通販で購入するしかありませんが、「化粧水1本に送料が掛かるのはちょっと・・・」という方が多いと思います。

通販サイトによっては「送料無料!」や「何円以上購入で送料無料!」のところがあるので、そちらで購入していただければと思います。

この記事の広告から購入していただいても送料無料です。

気になる方は購入して試してみて下さい。

 乾燥性敏感肌にオススメの化粧水です。

「キュレル 皮脂トラブルケア 化粧水(医薬部外品)150ml」
の商品詳細はこちら↓


キュレル 皮脂トラブルケア化粧水 150ml



関連記事





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です