洗顔やヒゲそり後のバリア機能を保つ化粧水 資生堂メン ハイドレーティング ローション

Pocket

 私は化粧水をコットンを使ってつけていますが、コットンを使うことはあまり必要性がないようです。

コットンを使うとかえって力を入れすぎたり、肌をこすりすぎたりしてしまうからだそうです。

確かにコットンでつけている時に力を入れすぎているなぁと感じることがありました。

肌への刺激はないに越したことはないですからね。

ただ、コットンでつけることが絶対にダメということではありません。

コットンでつけるのに慣れているという方もいると思います。

コットンでつけたい方は、コットンに化粧水が十分に染み込んだ状態でやさしく肌に滑らせるようにつけて下さい。

化粧水が十分に染み込んでいないとコットンが乾いてきて肌を刺激してしまうので、ケチらずにたっぷりと使いましょう。

私もまだまだ勉強不足なので正しいスキンケアを身に付けていかないといけませんね。

商品の紹介だけではなく、正しいスキンケアの情報も紹介していきますので、一緒に勉強していきましょう。

 今回は、「資生堂メン ハイドレーティング ローション150ml」を購入して使ってみました。



資生堂メン ハイドレーティング ローション150ml



資生堂メン ハイドレーティング ローション150ml
の商品詳細はこちら↓


資生堂メン ハイドレーティングローション 150ml 顔用化粧水



目次


  1. 価格
  2. 使用方法
  3. 商品特徴
  4. 商品を実際に使ってみて
  5. 肌質ごとの使用感
    1. 超乾燥肌や乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  6. まとめ



価格



価格=3300円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販では店舗によって価格が違います。また別途送料が掛かる場合があります。



使用方法



●洗顔やひげそり後に使用します。
●手のひらに、500円硬貨大(1.5ml)を目安に取り、顔全体に軽くのばすようにして肌になじませます。

SHISEIDO MEN HYDRATING LOTION<https://s1872.shiseido.com/10050JJ/ja>より引用。



商品特徴



〇洗顔後やひげそり後の肌をみずみずしくマイルドに整え、肌あれを防ぎます。

ダメージディフェンスコンプレックス*(保湿成分)配合

〇乾燥や温度変化などの外的ストレスから肌を守ります

〇過剰な皮脂による肌ダメージを防ぎます

〇すっきりと上品な心地よさを与えるフローラルグリーンの香り。

ノンコメドジェニックテスト済み

アレルギーテスト済み(全ての方にニキビ・アレルギーが起きないというわけではありません。)

*ダメージディフェンスコンプレックスは、ポリクオタニウムー51、PEG/PPGー14/7ジメチルエーテル、エリスリトール、グリセリンの4つの成分の融合から生まれた高機能複合成分。

SHISEIDO MEN HYDRATING LOTION<https://s1872.shiseido.com/10050JJ/ja>より引用。



商品を実際に使ってみて




メントールやアルコールは入っているのか?

メントールは入っていません

エタノールと変性アルコールが入っています。私の肌の場合は、しみるような刺激はありませんでしたが、刺激を感じる場合があるので、初めて使う時は注意して下さい。

フェノキシエタノールという成分が入っていますが、名前にエタノールと入っていますが、アルコールではありません



変性アルコールとは

香りをつけたり苦み成分を加えるなどしてお酒の原料として使えないようにした(飲用できないようにした)エタノールが「変性アルコール」です。



2019年7月15日 初版第1刷発行

2020年3月12日 初版第2冊発行

出版社:実業之日本社

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野 裕一

『化粧品成分検定 公式テキスト 改訂新版』P24より引用。

フェノキシエタノールとは

・「グリコールエーテル」というアルコールの一種で、玉露の揮発成分として発見されました。

・香水の香りを保つための保留剤としても使用されます。

パラベンフリーの化粧品にも使用

パラベンが効きにくい微生物に有効ですが、パラベンよりも殺菌力が劣るため、単独で化粧品に配合する際はパラベンよりも配合量が多くなります。一方で、パラベンが効きにくい微生物に有効な面があり、パラベンと組み合わせて配合されることもあります。



2019年7月15日 初版第1刷発行

2020年3月12日 初版第2冊発行

出版社:実業之日本社

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野 裕一

『化粧品成分検定 公式テキスト 改訂新版』P113より引用。



化粧水の質感は?

サッパリと軽いつけ心地です。

テカリが出る?

私の肌の場合は、テカリはなく、程良いツヤがあるぐらいでした。

どんな香りがする?

フローラルグリーンの香りがあります。男性でも使いやすいスッキリとした香りです。




つけた後の肌ざわりは?

私の肌の場合は、ベタつきがありました。顔全体がベタっとしました。

肌への刺激は?

私の肌の場合は、しみるような刺激やムズムズするような刺激はありませんでした。ヒゲそり後の敏感な部分につけても大丈夫でした



資生堂メン ハイドレーティング ローション150ml
の商品詳細はこちら↓


資生堂メン ハイドレーティングローション 150ml 顔用化粧水




下記の肌質ごとの使用感は私の見解です




超乾燥肌や乾燥肌の方が使う場合↓



私の肌の場合は、しみるような刺激はありませんでしたが、エタノールと変性アルコールが入っているのでしみるような刺激を感じる場合があります。

乾燥による痒みやかぶれがある肌につける時や初めてつける時は注意して下さい。

少しずつつけてみて刺激がないか確認してから使うようにして下さい。

しっとりとしたうるおいがあるので乾燥肌に合っている化粧水だと思います。

私の肌の場合は、つけた後の肌にベタつきがありましたが、この化粧水の後に乳液やクリームなどをつけるので問題ないと思います。







脂性肌の方が使う場合↓



サッパリとした化粧水なのでつけやすいです。

私の肌の場合は、つけた後の肌ざわりにベタつきがありました。

脂性肌の方はベタつきを感じやすいかもしれません

この化粧水の後に乳液やクリームをつけるので問題ないと思いますが、肌がベタっとするのは気になります

また、エタノールと変性アルコールが入っているので、しみるような刺激を感じる場合があります。

私の肌の場合は、刺激はありませんでしたが、初めてつける時は注意して下さい。







敏感肌の方が使う場合↓



エタノールと変性アルコールが入っているので、しみるような刺激を感じる場合があります。

少しずつつけてみて刺激がないか確認して下さい。

そして、刺激がなければ使うようにして下さい。

サッパリとした化粧水ですが、しっとりとしたうるおいもあるので、刺激がなければ敏感肌でも使いやすい化粧水だと思います。



まとめ



 今回は「資生堂メン ハイドレーティング ローション150ml」を使ってみました。

軽いつけ心地なので男性でもつけやすい化粧水です。

そして、みずみずしくしっとりとしたうるおいがあるので肌の水分バランスを整えてくれます。

フローラルグリーンの香りも良く、上品さがあります。

男性でも使いやすい香りだと思います。

 ただ、エタノールと変性アルコールが入っています。

私の肌の場合は、しみるような刺激はありませんでしたが、肌の状態によっては刺激を感じる場合があります。

初めてつける時は、少しずつつけてみて刺激がないか確認して下さい。

そして、刺激がなければ使うようにして下さい。

刺激を少しでも感じたら使用を中止して下さいね。

 また、私の肌の場合は、つけた後の肌ざわりにベタつきがありました。

この化粧水の後に乳液やクリームをつけるので問題ないと思いますが、ベタっとします。

脂性肌でもつけやすいですが、私としては刺激がなければ乾燥肌や敏感肌に合う化粧水だと思います。

 私の住んでいるところでは取り扱い店舗がいくつかありましたが、調べてみると他の県では取り扱いがないところがありますね。

そういったところは通販で購入するしかありませんが、「化粧水1つで送料が掛かるのはちょっと・・・」という方もいると思います。

「送料無料」や「何円以上購入で送料無料!」のところがあるので気になる方は、そちらで購入してみて下さい。

資生堂メン ハイドレーティング ローション150ml
の商品詳細はこちら↓


資生堂メン ハイドレーティングローション 150ml 顔用化粧水



その他の化粧水の記事





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です