豊富な保湿成分配合で肌の乾燥をしっかり保湿 TOKYO CLASSIC スリーインワンローション

Pocket

 汗をかいてベタベタするからといって、スキンケアを化粧水だけで終わらせてはいけません。

これではせっかくつけた化粧水がすぐに蒸発してしまって肌が乾燥してしまいます。

化粧水の後にちゃんと乳液やクリームをつけて肌に蓋をすることで初めてしっかりと保湿ができます。

ちゃんと基本のやり方でスキンケアを行うことが大切です。

ベタベタつけるのが苦手ならオールインワンのものを選ぶのも1つの方法です。

 そこで今回は「TOKYO CLASSIC スリーインワンローション250ml」を購入して使ってみました。



TOKYO CLASSIC スリーインワンローション250ml



商品特徴

・これ1つで化粧水乳液美容液スリーインワン

・上品でやさしいフルーティーウッドの香り

トリプルコラーゲン*配合

□加水分解コラーゲン □水溶性コラーゲン □サクシノイルアテロコラーゲン

11種のアミノ酸*配合

アルギニン/アスパラギン酸/グリシン/アラニン/セリン/バリン/イソロイシン/トレオニン/プロリン/ヒスチジン/フェニルアラニン

無着色エタノールフリーシリコンフリー鉱物油フリー

5種のボタニカルエキス

チャ葉エキス&ハトムギ種子エキス&ワイルドタイムエキス&カキタンニン&ホホバ種子油

実際に使ってみて↓


つけた時の使用感は?

サラッとしたローションタイプですが、スリーインワンというだけあって保湿力がかなりあります。




つけた後の肌ざわりは?

私の肌の場合は、肌がベタベタになりました。つけた手にもベタつきが残るぐらいベタベタします。私の肌は皮脂が多くてベタつきやすいからかもしれませんが、脂性肌の方が使うとかなりベタつくと思います。




メントールやアルコールが入っているのか?

メントールは入っていません。その為、スーッとした冷感の刺激はありません。

エタノールフリーなのでアルコールも入っていません。




テカリが出る?

私の肌の場合は顔全体がテカテカになりました。Tゾーン(おでこ・小鼻・あご)だけでなく、頬もテカリが気になりました。



下記の肌質ごとの使用感は私の見解です↓
超乾燥肌乾燥肌の方が使う場合

保湿成分が豊富に入っているので、サラッとしたローションタイプですが、かなり保湿力があります。ガサガサになってしまった肌にもしっかりとうるおいを与えてくれます。エタノールフリーでしみるような刺激がなかったので、乾燥がひどくなって敏感になっている肌にもつけられると思います。ただ、保湿力は高いですが、私の肌の場合はテカリとベタつきが気になりました。乾燥しやすい肌にはちょうど良い使い心地だと思いますが、テカリやベタつきが出てきた場合はテカリ防止ジェルやクリームを使って抑えるようにして下さい。

 

脂性肌の方が使う場合

サラッとしたローションタイプなのですが、つけた後の肌ざわりがベタベタします。冬場の肌が乾燥しやすい時期ならまだつけられますが、夏場にこれだけベタつくと「うっ・・・」となってしまいます。テカリも結構気になるので乾燥が気になって使う場合は、テカリ防止ジェルやクリームが必須になると思います。保湿成分が豊富に入っているのは魅力的ですが、脂性肌には合わないと思います。

 

敏感肌の方が使う場合

メントールやアルコールが入っていないので刺激を感じやすい敏感肌にもつけやすいと思います。保湿力がかなりあるので乾燥が気になる時にもやさしく肌をうるおしてくれます。ただ、テカリやベタつきが結構あるので皮脂が気になる敏感肌には合わないと思います。私の肌の場合は、テカリ防止ジェルやクリームを使わないとベタベタ、テカテカになりました。乾燥が気になる敏感肌の方でテカリやベタつきが出てきた際は、テカリ防止ジェルやクリームを使うようにして下さい。

 

まとめ

 今回は「TOKYO CLASSIC スリーインワンローション250ml」を使ってみました。

化粧水・乳液・美容液の3役をこなすので、これ1つでスキンケアが完了します。

サラッとしたローションタイプですが、コラーゲンやアミノ酸、ボタニカルエキスなど保湿成分が豊富に入っているのでしっかりと保湿ができます。

フルーティーウッドの香りも上品です。

メントールやアルコールが入っておらず、刺激がないので不快感なくつけられます。

ただ、つけた後の肌ざわりがベタベタして、テカリも出てきます。

結構気になるレベルなので脂性肌の方にはオススメできません。

私的には夏場よりも冬場につけるほうが、使いやすいように感じました。

 肌の乾燥をしっかりと保湿したいという方は、試しに使ってみて下さい。

 

その他のオールインワンの記事










返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です