10秒スキンケアで保湿とニキビ対策 テックスメックス 薬用スキンケアジェリーAC(医薬部外品)

Pocket

 朝晩2回の洗顔をして、化粧水をつけて、美容液をつけて、乳液をつけて、クリームをつけて、紫外線対策で日焼け止めもつけて、と毎日ちゃんとスキンケアをしていてもニキビはできてきます。

これだけ時間を掛けてスキンケアをやっていてもニキビができてきたら心が折れそうになりますよね。

ちゃんとスキンケアをしているのにニキビができてくるのであれば、他に原因があるということになります。

皮脂が多い肌なのに油分の多い化粧水や美容液、乳液、クリームを使ってしまっていたり、乾燥肌なのに皮脂をしっかり落とす洗顔料を使ってしまっていたりすると、いくら工程はちゃんとできていても逆効果になってしまいます。

このように自分の肌に合っていない化粧品を使っていることがニキビのできる原因になることがあるので、ちゃんと自分に合った化粧品を選んでニキビを予防していきましょう。

 今回は「オールインワンでニキビ対策もできる」という「テックスメックス 薬用スキンケアジェリーAC(医薬部外品)150ml」を購入して使ってみました。



テックスメックス 薬用スキンケアジェリーAC(医薬部外品)150ml



テックスメックス 薬用スキンケアジェリーAC(医薬部外品)150ml
の商品詳細はこちら↓


テックスメックス 薬用スキンケアジェリー AC オールインワン 150mL

新品価格
¥1,430から
(2020/12/30 12:50時点)



目次


  1. テックスメックス 薬用スキンケアジェリーAC(医薬部外品)150mlの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. 肌質ごとの使用感
    1. 乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  4. まとめ



テックスメックス 薬用スキンケアジェリーAC(医薬部外品)150mlの詳細



価格


1,430円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



使用方法


洗顔後、適量(1円玉大程度)を手に取り、肌になじませて下さい。


成分


有効成分:イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:精製水、エタノール、1,3-ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、リン酸L-アスコルビルマグネシウム、ラベンダー油、ハマメリスエキス、ホホバ油、ユーカリエキス、加水分解ヒアルロン酸、ドクダミエキス、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、水溶性コラーゲン液(4)、コラーゲン・トリペプチドF、サクシニルアテロコラーゲン液、アーティチョークエキス、ダイズエキス、ヨクイニンエキス、ローズマリーエキス、モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、ポリエチレングリコール4000、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、濃グリセリン、カルボキシビニルポリマー、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、水酸化カリウム、キサンタンガム、ヒドロキシエチルセルロース、クエン酸、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、フェノキシエタノール

グリチルリチン酸ジカリウム

〇カンゾウ根エキス(73ページ参照)の主成分グリチルリチン酸の誘導体で、水溶性です。同じグリチルリチン酸の誘導体で、油溶性のものが、グリチルレチン酸ステアリルです。

〇水溶性なので、化粧水など水性成分の多い化粧品によく配合されます。

〇医薬部外品の有効成分で、強力な消炎作用があります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p74より引用。


精製水

 常水中のミネラルや塩素をイオン交換樹脂、活性炭などで除去したのが精製水です。

 化粧品では、ミネラル(金属)が含まれていると化粧品の品質に悪影響を及ぼすことがあるので、精製水が使用されることが多いです。そのような懸念がない設計では、温泉水や海洋水、芳香水など付加価値のある水を使うこともあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p23より引用。


エタノール

〇石油由来/エチレンと水から合成されるのが「合成アルコール」です。植物由来/サトウキビなどの糖蜜を発酵して得られるのが「発酵アルコール」です。

揮発性があります。蒸発する際に熱を奪うことから、清涼感が出たり、ベタつきがなくなったりします。香りも立ちやすくなります。

〇基本的に刺激を感じる成分です。アルコール消毒などに過敏な人は、エタノールの配合量が多いもの(トニックやコロン、オードトワレなど)を使う場合、使用方法を守り、使用部位や使用量に注意しましょう。

〇植物からエキス成分を取り出す際の抽出溶媒としても用いられます。

〇香りをつけたり苦み成分を加えるなどしてお酒の原料として使えないようにした(飲用できないようにした)エタノールが「変性アルコール」です。

化粧品でいう「アルコール」とは

 化粧品でアルコールに分類される成分はエタノールのほか、「ブタノール」「ベヘニルアルコール」「セタノール」「コレステロール」など多種ありますが、一般にいうアルコールというと、エタノールだけを指します。「フェノキシエタノール」は、成分名にエタノールという文字がついていますが、エタノールとは構造も性質も大きく異なる成分です。一般的にはアルコールに分類されることはありません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p24より引用。


ヒアルロン酸ナトリウム(2)

〇以前はニワトリのトサカからの抽出が一般的でしたが、近年は乳酸菌による発酵法で製造したものも多くなってきています。

〇たった1gで2~6Lの水分保持力があるといわれています。

〇ごく微量でも水に溶けるととろみが出ます。化粧水であれば、0.01%程度の微量配合でもテクスチャーに差が出ます。1%の水溶液になると、ゼリー状にまで粘度が上がります。

*pHによって粘度が変わる場合もあります。

分子量が大きくなるに従い、水溶性の粘度が高くなります。ただし、分子量の大きさが異なっても表示名称は同じなので、名前では分子の大きさはわかりません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p29より引用。


キサンタンガム

〇天然由来のポリマーの代表で、水にとろみを与えます。

〇水や熱湯に簡単に溶けて、中性の粘液となります。低濃度で高粘度の溶液になる、という特徴があります。

〇乳液や美容液といった液状の化粧品に配合され、しっとり感など使用感を調節します。

〇キャベツに含まれる成分ですが、工業的には、トウモロコシデンプンから抽出したブドウ糖などの炭水化物を、「キサントモナス菌」を使って酸素の多い環境で発酵させてつくります。

〇ファンデーションやアイシャドウなど、粉状化粧品を固形状にするための結合剤として用いられます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p110より引用。


クエン酸

〇生体内でのエネルギー代謝において重要な役割を果たす成分で、細胞の活動を促進する効果もあります。

〇安全性が高く、食品添加物として使用されています。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p124より引用。


フェノキシエタノール

〇「グリコールエーテル」というアルコールの一種で、玉露の揮発成分として発見されました。

〇香水の香りを保つための保留剤としても使用されます。

パラベンフリーの化粧品にも使用

 パラベンが効きにくい微生物に有効ですが、パラベンよりも殺菌力が劣るため、単独で化粧品に配合する際はパラベンよりも配合量が多くなります。一方で、パラベンが効きにくい微生物に有効な面があり、パラベンと組み合わせて配合されることもあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p113より引用。



商品特徴


・これ1つで化粧水美容液乳液ニキビ対策4役をこなす。

 

・手間いらずなのにしっかり肌をケアする。使用感はベタつかない

 

・W有効成分(ニキビ対策)イソプロピルメチルフェノールグリチルリチン酸ジカリウム配合。

イソプロピルメチルフェノール・・・ニキビを防ぐ。

グリチルリチン酸ジカリウム・・・炎症を抑えてニキビを防ぐ。

 

・保湿成分:3種のヒアルロン酸*1、ビタミンC誘導体*2、セラミド*3配合。

*1=ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解ヒアルロン酸、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム

*2=リン酸L-アスコルビルマグネシウム

*3=N-ステアロイルフィトスフィンゴシン

 

パッチテスト済みすべての方に皮膚刺激が起こらないというわけではありません。)

 

男の肌を考えて。

ノンパラベン、無香料、無鉱物油、無着色。



商品を実際に使ってみて




どんな香りがする?

スッキリとした香りがします。

メントールやアルコールが入っている?

メントールは入っていません

エタノール(アルコール)が入っています。私の場合はしみるような刺激はありませんでしたが、アルコールに敏感な方はしみる可能性があるかもしれません。




ベタベタするのか?

つけた後の肌ざわりがベタベタします。使用感はベタつかないはずなんですが・・・。脂性肌の方は特にベタつきが気になるかもしれません

テカリが出る?

私の肌の場合はTゾーン(おでこ・小鼻・あご)にテカリが出てきました。時間が経つと顔全体にテカリが出てきました。




ニキビ予防ができる?

ニキビ予防はできませんでした。テカリとベタつきが出てくるので、これが毛穴を塞いでしまうとニキビの原因になります。私の場合は、使っている間にニキビの量が増えてきてしまいました。




つけた時の使用感は?

みずみずしいジェルなのでサッパリとしたつけ心地です。肌に膜が張ったような重たい感じはありませんでした。



テックスメックス 薬用スキンケアジェリーAC(医薬部外品)150ml
の商品詳細はこちら↓


テックスメックス 薬用スキンケアジェリー AC オールインワン 150mL

新品価格
¥1,430から
(2020/12/30 12:50時点)




下記の肌質ごとの使用感は私の見解です




乾燥肌の方が使う場合


3種のヒアルロン酸が入っていますが、乾燥肌の方にはうるおいが足りないと思います。

サッパリとしたジェルなのでつけやすいですが、うるおいに関しては物足りない感じがしました。

冬場はこのジェルをつけた後にセラミドが入った美容液や乳液をつけたほうが良いと思います。

また、エタノールというアルコールが入っているのでしみるような刺激があるかもしれません。

私の場合はしみるような刺激はありませんでしたが、乾燥による痒みやかぶれがある場合はしみるような刺激を感じる可能性があるので注意して下さい。

つける際は部分的につけてみて刺激がないか確認してからつけて下さい。

あと、ベタつきやテカリが気になる場合はテカリ防止クリームを使って抑えたほうが良いと思います。



脂性肌の方が使う場合


サッパリとしたジェルなので皮脂が多い脂性肌につけやすいです。

ですが、つけた後の肌ざわりがベタベタします。

使用感はベタつかないということですが、私の肌の場合は、つけた後にベタついたので「うーん・・・」という感じですね。

脂性肌は皮脂が多いのでベタつきやすいのかもしれません。

また、Tゾーン(おでこ・小鼻・あご)を中心にテカリが出てくるのでニキビ予防は難しいです。

ただ、テカリ防止クリームを使えば問題なく使えると思います。



敏感肌の方が使う場合


メントールは入っていませんが、エタノールというアルコールが入っているのでしみるような刺激があるかもしれません。

初めて使う時は部分的につけてみて刺激がないかどうか確認してから使うようにして下さい。

3種のヒアルロン酸が入っていますが、うるおいは足りない感じがしたので乾燥が気になる敏感肌の方は、このジェルの後に敏感肌用の美容液や乳液をつけたほうが良いと思います。

また、ベタつきやテカリが出てくるので、皮脂が気になる敏感肌の方はテカリ防止クリームを使ってベタつきやテカリを抑えて使ったほうが良いです。



まとめ



 今回は「テックスメックス 薬用スキンケアジェリーAC(医薬部外品)150ml」を使ってみました。

これ1つで化粧水・乳液・美容液・ニキビ対策の4役をこなします。

サッパリとしたジェルなのでつけやすいです。

ですが、つけた後の肌にベタつきとテカリが出てきます。

使用感はベタつかないと書かれているので脂性肌に合うかと思ったんですが、「うーん・・・」というところですね。

また、乾燥肌の方にはうるおいが足りないように感じました。

このジェルをつけた後に乾燥肌の方はセラミドが入った美容液や乳液を、脂性肌の方は油分の少ない美容液や乳液を、敏感肌の方は敏感肌用の美容液や乳液をつけたほうが良いと思います。

エタノールというアルコールが入っているので、敏感肌の方は刺激を感じる場合があるのでつける際は注意して下さい。

部分的につけてみて刺激があるようなら使用を中止して下さい。

オールインワンなので手間がいらないのですが、このジェルだけでオールシーズン大丈夫かというと難しいと思います。

 オールインワンの化粧品を探している方や、保湿だけでなく一緒にニキビ予防もしたいという方は、試しに使ってみて下さい。

テックスメックス 薬用スキンケアジェリーAC(医薬部外品)150ml
の商品詳細はこちら↓


テックスメックス 薬用スキンケアジェリー AC オールインワン 150mL

新品価格
¥1,430から
(2020/12/30 12:50時点)



関連記事







私のオススメのオールインワンは、
NULL(ヌル)オールインワンジェル100gです↓




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です