オイルコントロール、ニキビ予防ができる敏感肌用の洗顔料 BE-DAN(ビダン)フェイスウォッシュ(医薬部外品)

Pocket

 敏感肌の方は、刺激の少ない洗顔料や化粧水、乳液を選ぶ必要があります。

アルコールが入っていると肌への刺激になるだけでなく、肌を乾燥させてしまいます。

肌の乾燥が進むとさらに肌が敏感になってしまいます。

また、メントールが入っているとスーッとした冷感があるので、しみるような刺激を感じたり、ムズムズするような不快感を感じたりすることがあります。

そんな刺激を感じながらスキンケアをするというのはかなりキツイです。

敏感肌には敏感肌に合う化粧品を選びましょう。

 そこで今回は「BE-DAN(ビダン)フェイスウォッシュMⅡ(医薬部外品)120g」を購入して使ってみました。



商品画像
BE-DAN(ビダン)フェイスウォッシュMⅡ(医薬部外品)120g



商品特徴

・敏感肌に使える肌にやさしい使い心地
・過剰な皮脂やベタつきを落としてオイルコントロールができる
・男性の気になる加齢臭や気になる臭い消臭

・効能効果

皮膚の洗浄・殺菌・消毒。体臭・汗臭及びニキビを防ぐ。

有効成分

シメン-5-オール・・・アクネ菌を殺菌し、ニキビを防ぐ。

グリチルリチン酸2K・・・肌の炎症を抑えてニキビを防ぐ。



どんな香りがする?

柑橘系のサッパリとした香りなので男性でも使いやすいと思います。甘ったるい香りではありません。

メントールやアルコールが入っているのか?

メントールは入っていないのでスーッとした冷感の刺激がありません。

無水エタノールというアルコールが入っていますが、しみるような刺激はありません。




洗顔料を肌につけた時の刺激は?

敏感肌用の洗顔料というだけあって、しみるような刺激がないので不快感なく洗顔ができます。

スクラブが入っているのか?

スクラブは入っていません。スクラブの刺激が苦手な方でも使えます。




ニキビ予防ができる?

私の肌の場合は、ニキビ予防はできませんでした。皮脂やベタつきを落とせますが、ニキビが結構できてきました。

洗いあがりの肌は?

皮脂をしっかりと落とす洗顔料ではないので、私の肌の場合は、皮脂のヌルつきが残っていました。オイルコントロールということなので皮脂の量を調節してくれるという感じですね。



下記の肌質ごとの使用感は私の見解です↓
超乾燥肌乾燥肌の方が使う場合

皮脂を落とし過ぎる洗顔料ではなく、皮脂の量を調節するような洗顔料なので肌がつっぱったり、カサついたりすることは少ないと思います。ガサガサに乾燥している肌もやさしく洗いあげることができると思います。また、しみるような刺激がないので乾燥による痒みやかぶれがある肌にも使いやすいです。

 

脂性肌の方が使う場合

過剰な皮脂を落としてオイルコントロールができるので、テカリやベタつきが気になる肌に使いやすいと思います。オイルコントロールといっても皮脂をガッツリ落とす洗顔料ではないので、皮脂をガッツリ落としたい方には物足りないかもしれません。ですが、皮脂をガッツリ落としてしまうのはいくら脂性肌でも肌が乾燥してしまうことがあるので、このやさしい使い心地は脂性肌にも合っていると思います。

 

敏感肌の方が使う場合

敏感肌のことを考えた洗顔料なので、刺激がなく、やさしい使い心地です。皮脂を落とし過ぎず、肌に必要なうるおいは残っているので乾燥しにくく、乾燥性敏感肌の方でも使いやすいと思います。ゴシゴシ洗いになってしまうと、肌を刺激してしまうので泡立てネットで泡立てて洗顔することをオススメします。

 

まとめ

 今回は「BE-DAN(ビダン)フェイスウォッシュMⅡ(医薬部外品)120g」を使ってみました。

敏感肌用の洗顔料なのでしみるような刺激がなく使いやすい洗顔料です。

オイルコントロールもできるので過剰な皮脂が気になるけど、肌が敏感で洗浄力の強い洗顔料が使えないという方にも使いやすいと思います。

消臭効果もあるので加齢臭や気になる臭いも防いでくれます。

ニキビ予防については私の肌の場合は、できませんでした。

使っている間もニキビができてきてニキビ予防できているようには感じませんでした。

ですが、このやさしい使い心地は肌質を問わず使いやすいと思います。

 私の肌の場合は、ニキビ予防ができませんでしたが、敏感肌でニキビが気になる方や敏感肌用の洗顔料を探している方は、試しに使ってみて下さい。

 

関連記事






返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です