乾燥・テカリ・毛穴・くすみをこれ1つでまとめてケア 柑橘王子 オールインワンジェル

Pocket

 夏場に多い肌の悩みといえばテカリやベタつきという方が多いのではないでしょうか?

汗をかくと途端に肌がテカテカしてきたり、ベタベタしてきたりします。

このテカリやベタつきをちゃんとケアしないと毛穴に汚れが溜まってきます。

さらには毛穴の黒ずみが出てきて毛穴が目立つようになってしまいます。

また、暑くなってきたので冷房を使うことが多くなり、その冷房の風によって肌が乾燥してしまいます。

肌の乾燥をそのままにしておくと肌のくすみが出てきて肌の色が暗くなってしまいます。

マスクをして外出するとはいえ肌印象が悪い状態では気分も下がってしまいますよね。

鏡を見るのも嫌になってきます。

 そこで今回は「これ1つで乾燥・テカリ・毛穴・くすみをまとめてケアできる」という「柑橘王子 オールインワンジェル120g」を購入して使ってみました。



商品画像
柑橘王子 オールインワンジェル120g



柑橘王子 オールインワンジェル120g
の商品詳細はこちら↓


柑橘王子 オールインワンジェル 120g

新品価格
¥1,628から
(2020/12/31 16:44時点)



目次


  1. 柑橘王子 オールインワンジェル120gの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. 肌質ごとの使用感
    1. 乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  4. まとめ



柑橘王子 オールインワンジェル120gの詳細




価格


1,650円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



使用方法


適量を手に取り、お肌になじませて下さい。


成分


水、グリセリン、BG、ペンレングリコール、オリーブ果実油、フェノキシエタノール、カルボマー、PEG-40水添ヒマシ油、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2、水酸化K、メチルパラベン、オレンジ果皮油、グレープフルーツ果皮油、ベルガモット果実油、レモン果皮油、グルコシルヘスペリジン、ビオチン、ピリドキシンHCI、パルミチン酸レチノール、コーン油、3-グリセリルアスコルビン酸、トコフェロール

〇化粧品に最も多用されるベースの成分です。ほとんどの化粧品に使用されます。

〇ほかの成分を溶かし込み、成分の特徴を引き出す重要な成分です。

〇水だけでは蒸発しやすいので、水とゆるく結びついて水を蒸発しにくくする保湿剤との併用が必要です。

化粧品と医薬部外品では、水の表示名称が異なります

化粧品/水

医薬部外品/水、精製水、常水



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p23より引用。


グリセリン

〇ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を高温・高圧で加水分解すると、脂肪酸とともにグリセリンが得られます。

〇ほかの成分を溶けやすくしたり、低温になっても固まりにくくします。

〇化粧品にグリセリンを配合するだけで保湿効果が出ますが、ヒアルロン酸Naやコラーゲンなど、相性がよいほかの水性成分(保湿剤)と組み合わせると、さらに保湿効果がアップし、のびや滑りが良くなります。

グリセリンを使った温感化粧品

 グリセリンは、水と混ざるときに発熱する性質(溶解熱)があります。温感化粧品は、グリセリンと水が混ざるときに発生する溶解熱を利用したものが多く、グリセリンが全成分表示の一番上にきます。水は含まれていないか、含まれていたとしてもごく微量です。つまり、グリセリンを全成分表示の一番目にくるほど多量に配合した製品は、温感化粧品であることが多い、ということです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p25より引用。


BG

〇石油由来/「アセトアルデヒド」という化学物質から合成します。植物由来/発酵アルコールから合成します。

多価アルコール(次ページ参照)です。

〇油性成分の溶解性や、防腐効果が上がります。製品によっては、粘度を低下させるためにも使用されます。

〇成分にもよりますが、防腐剤と一緒に用いると防腐効果が高まるため、使用する防腐剤の量を減らすことができます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p26より引用。


オリーブ果実油

〇モクセイ科の木、オリーブの果実を圧搾して得られる植物性の油脂です。

〇スクワランやミネラルオイルなどの炭化水素と違い、水分を抱え込みます。そのため、高い保水効果を発揮します。また、肌を柔らかくし、水分蒸散を防ぎます。

〇オリーブ果実油などの油脂は、皮脂の約40%を占める「トリグリセリド」が主成分です。トリグリセリド自体は直接肌に悪影響を及ぼしません。しかし、ニキビの原因となるアクネ菌のエサになるため、アクネ菌に分解されると炎症を引き起こす場合があります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p46より引用。


フェノキシエタノール

〇「グリコールエーテル」というアルコールの一種で、玉露の揮発成分として発見されました。

〇香水の香りを保つための保留剤としても使用されます。

パラベンフリーの化粧品にも使用

 パラベンが効きにくい微生物に有効ですが、パラベンよりも殺菌力が劣るため、単独で化粧品に配合する際はパラベンよりも配合量が多くなります。一方で、パラベンが効きにくい微生物に有効な面があり、パラベンと組み合わせて配合されることもあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p113より引用。


カルボマー

〇合成ポリマーの代表で、水にとろみを与えます。

〇水分を抱え込む力がとても高いため、水分をたくさん含んでも水がしたたり落ちません。ひとかたまりのゲル状にまでなります。

〇どれも成分名はカルボマーですが、とろみのでかたや他の成分との相性など特徴の異なるものがいくつかあります。

〇多糖類と比べて腐りにくく微生物汚染に強いのも特徴です。

〇アルカリ性の成分と反応させると増粘する性質があるため、全成分表示では水酸化Kや水酸化Naなどのアルカリ成分とセットで登場します。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p109より引用。


パルミチン酸レチノール

〇水に溶けず、アルコールや油剤に溶ける性質があります。

〇真皮組織のコラーゲンやエラスチンなどの生成を促進するといわれています。

〇紫外線によるシワやくすみ、乾燥による小ジワなど、加齢による肌トラブル防止製品に配合されます。

〇ビタミンA油と呼ばれることもある成分です。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p78より引用。



商品特徴


乾燥テカリ毛穴くすみをまとめてケア

 

・これ1つで乳液化粧水美容液フェイスパック4役の役割をこなす

 

マルチビタミン*配合 × 柑橘系精油成分*配合

*保湿成分



商品を実際に使ってみて




商品画像
どんな香りがする?

オレンジのようなサッパリとした柑橘系の香りがします。




商品画像
つけた時の使用感は?

サッパリとしたつけ心地で、ゆっくりと肌になじんでいきます。




商品画像
つけた後の肌ざわりは?

私の肌の場合は、結構ベタベタしました。サッパリとしたつけ心地なのですが、肌になじむとベタっとします。

テカリが出る?

商品特徴に「テカリもケア」と書いてありますが、Tゾーン(おでこ・小鼻・あご)にテカリが目立ちます。汗をかくとさらにテカリが増えてきます。




商品画像
メントールやアルコールが入っているのか?

メントールは入っていないのでスーッとした冷感の刺激がありません。

フェノキシエタノールという成分が入っていますが、名前にエタノールと入っていますが、アルコールではありません



柑橘王子 オールインワンジェル120g
の商品詳細はこちら↓


柑橘王子 オールインワンジェル 120g

新品価格
¥1,628から
(2020/12/31 16:44時点)




下記の肌質ごとの使用感は私の見解です




乾燥肌の方が使う場合


マルチビタミンや柑橘系精油という保湿成分が入っているので、保湿力があります。

また、フェイスパックの役割もあるのでしっかりと肌にうるおいを与えてくれます。

乾燥肌に合うと思います。

ただ、私の場合はテカリやベタつきが出てきたので、テカリやベタつきが気になる場合はテカリ防止クリームを使うようにして下さい。



脂性肌の方が使う場合


サッパリとしたつけ心地なのでつけやすいですが、肌になじんだ後の肌ざわりがベタベタします

手にベタつきが残るほどではないですが、結構気になります。

また、Tゾーン(おでこ・小鼻・あご)にテカリが目立ちます。

「テカリをケア」するということですが、脂性肌には「うーん・・・」という感じですね。



敏感肌の方が使う場合


メントールやアルコールが入っていないので、敏感肌でもつけられると思います。

保湿力があるので肌にうるおいを与えてくれますが、テカリやベタつきがあります

テカリやベタつきを考えると皮脂が気になる敏感肌には「うーん・・・」という感じですね。



まとめ



 今回は「柑橘王子 オールインワンジェル120g」を使ってみました。

メントールやアルコールが入っていないのでスーッとした冷感の刺激やしみるような刺激がありません。

みずみずしいサッパリとしたジェルなのでつけやすいです。

マルチビタミンや柑橘系精油の保湿成分が入っているので乾燥肌の方は使いやすいと思います。

ただ、商品特徴に「テカリもケア」と書いてありますが、テカリが出てきます。

テカリに加えてベタつきもあるので脂性肌には「うーん・・・」という感じですね。

夏場はただでさえテカテカ、ベタベタするので脂性肌に使う場合はテカリ防止クリームを使うようにしたほうが良いです。

ですが、保湿力や時短を考えると使いやすい商品だと思います。

 オールインワンの商品を探している方やスキンケアに時間を掛けたくない方は、試しに使ってみて下さい。

柑橘王子 オールインワンジェル120g
の商品詳細はこちら↓


柑橘王子 オールインワンジェル 120g

新品価格
¥1,628から
(2020/12/31 16:44時点)



その他のオールインワンの記事





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です