男の乾燥をしっかり保湿して、ベタつかない低刺激の乳液 ダヴメン+ケア マイルド乳液

Pocket

 冬場のほうが肌が乾燥しやすいですが、夏場でも肌の乾燥は起こってきます。

冷房の風に当たっていると涼しくて気持ちが良いですが、肌にとっては乾燥の原因になります。

夏場は汗をかいて肌がベタベタしますが、化粧水だけでなく乳液やクリームでしっかりと保湿することが必要です。

 そこで今回は「ダヴメン+ケア マイルド乳液130ml」を購入して使ってみました。



ダヴメン+ケア マイルド乳液130ml



ダヴメン+ケア マイルド乳液130ml
の商品詳細はこちら↓


Dove MEN(ダヴメン) ダヴメン ケア マイルド 乳液 ボトル 130mL

新品価格
¥634から
(2021/1/4 18:37時点)



目次


  1. ダヴメン+ケア マイルド乳液130mlの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. 肌質ごとの使用感
    1. 乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  4. まとめ



ダヴメン+ケア マイルド乳液130mlの詳細




価格


822円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



使用方法


洗顔後やヒゲそり後などに、適量(100円硬貨大)を手に取り、顔全体になじませます。


成分


水、ジメチコン、トリエチルヘキサノイン、ミネラルオイル、炭酸ジアルキル(C14,15)、BG、ソルビトール、ステアリン酸PEG-40、グリセリン、パルミチン酸、ステアリン酸、ヒドロキシエチルウレア、ナイアシンアミド、水添レシチン、ステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸グリセリル、カルボマー、ステアリン酸PEG-150、セテアリルアルコール、キサンタンガム、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、乳酸、p-ヒドロキシアニソール、水酸化K、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

〇化粧品に最も多用されるベースの成分です。ほとんどの化粧品に使用されます。

〇ほかの成分を溶かし込み、成分の特徴を引き出す重要な成分です。

〇水だけでは蒸発しやすいので、水とゆるく結びついて水を蒸発しにくくする保湿剤との併用が必要です。

化粧品と医薬部外品では、水の表示名称が異なります

化粧品/水

医薬部外品/水、精製水、常水



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p23より引用。

ジメチコン

〇高い撥水力があります。

〇低分子のジメチコンは粘度が低くサラッとしたテクスチャーです。揮発性があるため、洗い流さないヘアトリートメントに使用されます。

〇高分子のジメチコンは、水あめのように高粘度で、コーティング力に優れています。しかし揮発性はないので、洗い流すヘアトリートメントに多用されます。(高分子、低分子のイメージは39ページ「シリコーンの基本構造」参照)

〇代表的な直鎖状シリコーンです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p48より引用。

ミネラルオイル

〇ミネラルオイルは、ワセリンと同様に石油から得られる成分です。室温で液体=ミネラルオイル、室温でペースト状=ワセリンなので、本質的には同じものと考えられます。

〇肌への吸収性が低いため肌表面にとどまりやすく、水分蒸発を防ぐ保護力に優れています。

〇メイク製品の油性成分と混ざりやすく安全性に優れて価格も手頃なので多量の油を必要とするクレンジング製品の油性成分として使用されます。

鉱物油=ミネラルオイルは肌によくない?

 1970年代に、精製度の低い鉱物油を使った化粧品が市場に出回り、これを使用した人が油やけを起こしたことがありました。この油やけの原因は鉱物油そのものではなく、精製度の低い鉱物油に含まれていた不純物にあったことが、のちに解明されています。

 しかしこの一件から、今でも「鉱物油は肌によくない」というイメージを持つ方がいます。

 現在化粧品には、石油を分留・精製し不純物を取り除いた、精製度の高い油性成分だけが使われています。

 代表的なものにワセリンやミネラルオイルがあります。ワセリンはその安全性の高さから、皮膚科で処方される塗り薬の基剤や、パッチテストの基材としても使われています。ミネラルオイルは、ベビーオイルの原料にもなっています。

 植物由来・動物由来の油も、搾油したままでは多くの不純物を含んでおり、中には肌によくない不純物が含まれていることもあります。そのため、鉱物油と同じく高度な精製で不純物を取り除いた安全な油が、化粧品用として製造されます。

 しかしながら、オーガニックやナチュラルを謳うオイルの中には、「自然の恵みをそのまま肌に受け入れる」という考え方から、あえて高度な精製をせず、目に見える大きな不純物をフィルターを通して取り除いただけの、非常にナチュラルなものがあります。

 肌が敏感な方は、無条件に「植物系・動物系のほうが肌に優しい」と判断するのではなく、刺激になりやすい不純物が限りなく取り除かれた、純度の高い油性成分を選ぶとよいでしょう。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p41より引用。

BG

〇石油由来/「アセトアルデヒド」という化学物質から合成します。植物由来/発酵アルコールから合成します。

多価アルコール(次ページ参照)です。

〇油性成分の溶解性や、防腐効果が上がります。製品によっては、粘度を低下させるためにも使用されます。

〇成分にもよりますが、防腐剤と一緒に用いると防腐効果が高まるため、使用する防腐剤の量を減らすことができます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p26より引用。

グリセリン

〇ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を高温・高圧で加水分解すると、脂肪酸とともにグリセリンが得られます。

〇ほかの成分を溶けやすくしたり、低温になっても固まりにくくします。

〇化粧品にグリセリンを配合するだけで保湿効果が出ますが、ヒアルロン酸Naやコラーゲンなど、相性がよいほかの水性成分(保湿剤)と組み合わせると、さらに保湿効果がアップし、のびや滑りが良くなります。

グリセリンを使った温感化粧品

 グリセリンは、水と混ざるときに発熱する性質(溶解熱)があります。温感化粧品は、グリセリンと水が混ざるときに発生する溶解熱を利用したものが多く、グリセリンが全成分表示の一番上にきます。水は含まれていないか、含まれていたとしてもごく微量です。つまり、グリセリンを全成分表示の一番目にくるほど多量に配合した製品は、温感化粧品であることが多い、ということです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p25より引用。

ステアリン酸

〇ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を高温・高圧で加水分解すると、グリセリンとともにステアリン酸が得られます(下記参照)。

〇油剤として、クリームののびやかたさなど、質感調製のベース成分として使用されます。

〇消費者が動物由来より植物由来を好む傾向が強いため、成分としては同じですが、植物油脂由来が主流になっています。

〇アルカリ成分(水酸化Naや水酸化Kなど)と反応させて、石ケンを合成する原料としても使われます。

油脂から高級脂肪酸に変身

 油脂を加水分解すると、グリセリンと、さまざまな高級脂肪酸を含む混合物に分かれます。グリセリンは保湿剤として、高級脂肪酸はさらにラウリン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸などに分別されて、化粧品に使われます。

 また、油脂を分解してグリセリンだけを取り除き、さまざまな高級脂肪酸を含んだままの混合物を、化粧品に使うこともあります。この場合、さまざまな高級脂肪酸を含む混合物は、分解前のもとになった油脂の名前を用いて「〇〇脂肪酸」と命名されます。

 例えば、油脂の一種であるヤシ油を分解してグリセリンを取り除き、あとに残ったさまざまな高級脂肪酸を含む混合物は、「ヤシ脂肪酸」と呼ばれます。

 油脂を分解して得られるさまざまな高級脂肪酸の混合物の中で、化粧品によく使われている成分としては、ほかに「パーム核脂肪酸」「サフラワー脂肪酸」などがあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p42より引用。

カルボマー

〇合成ポリマーの代表で、水にとろみを与えます。

〇水分を抱え込む力がとても高いため、水分をたくさん含んでも水がしたたり落ちません。ひとかたまりのゲル状にまでなります。

〇どれも成分名はカルボマーですが、とろみのでかたや他の成分との相性など特徴の異なるものがいくつかあります。

〇多糖類と比べて腐りにくく微生物汚染に強いのも特徴です。

〇アルカリ性の成分と反応させると増粘する性質があるため、全成分表示では水酸化Kや水酸化Naなどのアルカリ成分とセットで登場します。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p109より引用。

キサンタンガム

〇天然由来のポリマーの代表で、水にとろみを与えます。

〇水や熱湯に簡単に溶けて、中性の粘液となります。低濃度で高粘度の溶液になる、という特徴があります。

〇乳液や美容液といった液状の化粧品に配合され、しっとり感など使用感を調節します。

〇キャベツに含まれる成分ですが、工業的には、トウモロコシデンプンから抽出したブドウ糖などの炭水化物を、「キサントモナス菌」を使って酸素の多い環境で発酵させてつくります。

〇ファンデーションやアイシャドウなど、粉状化粧品を固形状にするための結合剤として用いられます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p110より引用。

乳酸

〇デンプンからの発酵や化学合成で得られます。

〇配合量により肌への作用が大きく異なり、肌が敏感な方は刺激を感じることもあります。ケミカルピーリング剤として、医療機関でも使われます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p94より引用。

水添レシチン

〇大豆や卵黄などから抽出した「リン脂質」(レシチン)に、化学反応で水素添加し、熱や酸化に対する安定性を高めたものです。

リポソームを作ることができ、不安定な成分をリポソームに内包して安定性を高めるといった使い方もされます。

〇ベタつかずしっとり、柔らかくなるので、独特の心地よい使用感があります。

〇レシチンは動植物の生体膜を構成する成分で、古くから食品にも利用されてきた、身近な成分です。

卵黄や大豆に含まれる天然成分のレシチンは、そのままでは劣化し、色やにおいが強くなります。化粧品成分としては使用しにくいので、そこで生まれたのが水添レシチンです。

「水添」とは?

水素添加の略。油脂など酸化しやすく劣化しやすい成分は、水素添加して安定性を高めます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p63より引用。

EDTA-2Na

〇主に石ケン、洗顔料やシャンプーなどに使われます。

〇PRTR法(下記参照)で第一種化学物質の指定を受けたEDTAとは名前が似ていますが構造が違うのでこの成分は対象外です。

PRTR法とは

 化学物質による環境汚染を未然に防止するため、日本では、1999年7月にPRTR法が公布されました。事業者(企業など)が1年間のうち、ダイオキシン類など全354種類の化学物質を環境中に排出したかを把握し、届け出ます。そしてその結果を集計・公表する仕組みです。EU諸国のように、使用を禁止するまでは法制化されていません。

 化粧品の素材としてはEDTAなどが該当します。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p121より引用。

フェノキシエタノール

〇「グリコールエーテル」というアルコールの一種で、玉露の揮発成分として発見されました。

〇香水の香りを保つための保留剤としても使用されます。

パラベンフリーの化粧品にも使用

 パラベンが効きにくい微生物に有効ですが、パラベンよりも殺菌力が劣るため、単独で化粧品に配合する際はパラベンよりも配合量が多くなります。一方で、パラベンが効きにくい微生物に有効な面があり、パラベンと組み合わせて配合されることもあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p113より引用。



商品特徴


・この乳液1本で保水補給保護トリプルアクション保湿

 

・肌に余計な負担を掛けない低刺激処方

 

・しっかりうるおうのにベタつかない

 

無香料
 
・無添加:合成着色料パラベン


商品を実際に使ってみて




つけた時の使用感は?

つけ始めはベタっとした感じがありますが、肌になじむとベタつきはほとんどありません

つけた後の肌ざわりは?

肌がうるおっていて、しっとりとしています。脂性肌の私の場合は、Tゾーン(おでこ・小鼻・あご)の部分に少しベタつきを感じました




メントールやアルコールが入っているのか?

メントールは入っていないので、スーッとした冷感の刺激がありません




テカリが出る?

頬はテカリがほとんどありませんが、私の肌の場合はTゾーン(おでこ・小鼻・あご)にテカリが出てきました

ヒゲそり後の肌につけた時は?

ヒゲそり後の敏感な部分につけてもしみるような刺激はありませんでした



ダヴメン+ケア マイルド乳液130ml
の商品詳細はこちら↓


Dove MEN(ダヴメン) ダヴメン ケア マイルド 乳液 ボトル 130mL

新品価格
¥634から
(2021/1/4 18:37時点)




下記の肌質ごとの使用感は私の見解です




乾燥肌の方が使う場合


トリプルアクション保湿というだけあって、サッパリとしていますが、保湿力が高いです。

カサつきが目立つ肌にもしっかりとうるおいを与えてくれます。

低刺激なので乾燥による痒みやかぶれがある肌につけてもしみるような刺激がないので不快感なくつけることができると思います。

乾燥肌に使いやすい乳液だと思います。



脂性肌の方が使う場合


「しっかりと肌をうるおしてくれるのにベタつかない」ということですが、私の肌の場合はTゾーン(おでこ・小鼻・あご)にベタつきが出てきました

サラッとした乳液なのでそこまでベタベタはしないですが、触ると気になります。

また、Tゾーン(おでこ・小鼻・あご)にはテカリも出てくるので、どうしても乾燥が気になるところだけ部分的につけるほうが良いと思います。

ですが、サラッとしたつけ心地なので今までの乳液の中でもかなり使いやすいと思います。



敏感肌の方が使う場合


低刺激の乳液なので敏感肌の方でも使いやすいと思います。

ヒゲそり後の敏感な部分や乾燥性敏感肌にもつけやすいです。

メントールが入っていないのでスーッとした冷感の刺激がありません。

ただ、Tゾーン(おでこ・小鼻・あご)にテカリとベタつきが出てくるので、皮脂が気になる敏感肌の方には「うーん・・・」という感じですね。

皮脂が気になる敏感肌の方は、どうしても乾燥が気になるところだけ部分的につけるほうが良いと思います。



まとめ



 今回は「ダヴメン+ケア マイルド乳液130ml」を使ってみました。

この乳液1本で「保水・補給・保護」ができるのでしっかりと保湿をすることができます。

また、低刺激の乳液でしみるような刺激がないので、ヒゲそり後の敏感な部分につけてもしみるような刺激やムズムズするような不快感なく使えます。

香りも無香料なので「香りがある化粧品は苦手」という方でも使いやすいと思います。

ただ、脂性肌の私の場合はTゾーン(おでこ・小鼻・あご)にはテカリやベタつきが出てきたので、脂性肌や皮脂が気になる敏感肌はどうしても乾燥が気になるところだけ部分的に使うほうが良いと思います。

顔全体の乾燥が気になる場合は、テカリ防止クリームを併用すれば問題なく使えると思います。

ですが、サラッとしたつけ心地で低刺激なので市販の他の乳液と比べてもかなり使いやすかったです。

 夏場でも肌の乾燥が気になる、しっかり保湿したいという方は、試しに使ってみて下さい。

ダヴメン+ケア マイルド乳液130ml
の商品詳細はこちら↓


Dove MEN(ダヴメン) ダヴメン ケア マイルド 乳液 ボトル 130mL

新品価格
¥634から
(2021/1/4 18:37時点)



その他の乳液の記事





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です