強烈紫外線までカット+汗や水にも落ちにくい乳液タイプの日焼け止め 花王 ニベアメン UVプロテクター

Pocket

 気温が30度を超える日が出てきて、紫外線の量もかなり増えてきました。

暑い日に化粧水や乳液に加えて日焼け止めをつけるとなるとベタベタするのが嫌だし、つけるのが面倒だと感じる方が多いかもしれません。

しかし、外に出なくてもパソコンやスマートフォンのブルーライトでも日焼けをしてしまうことがあるようです。

「屋内にいれば日焼けをしないで済むから安心。」というわけにはいかなくなってきましたね。

屋内屋外を問わず日焼け止めは毎日つけたほうが良いようです。

毎日つけるなら使いやすいものを選びたいですね。

 そこで今回は「花王 ニベアメン UVプロテクター40ml」を購入して使ってみたので紹介します。



花王 ニベアメン UVプロテクター40ml



花王 ニベアメン UVプロテクター40ml
の商品詳細はこちら↓


ニベアメン UVプロテクター 40ml 男性用 日焼け止め

新品価格
¥725から
(2021/1/14 16:18時点)



目次


  1. 花王 ニベアメン UVプロテクター40mlの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. 肌質ごとの使用感
    1. 乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  4. まとめ



花王 ニベアメン UVプロテクター40mlの詳細




価格


950円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



使用方法


〇よく振ってから少量ずつ、肌にムラなくのばして下さい。
〇量が少ないと、日焼け止め効果が得られにくくなります。効果を得るために、たっぷり塗り、こまめに塗り直して下さい。長時間泳いだ後やタオルで拭いた後などにも、塗り直して下さい。
落とす時は、顔は洗顔料、体は全身洗浄料などで、丁寧に洗って下さい。


成分


水、シクロペンタシロキサン、エタノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化亜鉛、トリシロキサン、ジメチコン、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、イソノナン酸イソノニル、タルク、ポリメチルシルセスキオキサン、オクテニルコハク酸デンプンAI、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、トリエトキシカプリリルシラン、エチルヘキシルトリアゾン、セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン、ヒドロキシアパタイト、アセチルヒアルロン酸Na、(アクリレーツ/ジメチコン)コポリマー、マイカ、酢酸トコフェロール、硫酸Mg、BHT、フェノキシエタノール、香料

〇化粧品に最も多用されるベースの成分です。ほとんどの化粧品に使用されます。

〇ほかの成分を溶かし込み、成分の特徴を引き出す重要な成分です。

〇水だけでは蒸発しやすいので、水とゆるく結びついて水を蒸発しにくくする保湿剤との併用が必要です。

化粧品と医薬部外品では、水の表示名称が異なります

化粧品/水

医薬部外品/水、精製水、常水



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p23より引用。

シクロペンタシロキサン

〇肌に塗布した後は徐々に揮発し、ベタつかず、サラッとした感触を与えます。ベタつき感を残したくないリキッドファンデーションや、日焼け止めによく使われます。

〇代表的な環状シリコーンです(39ページ参照)。

ノンシリコーンがいいと聞くけれど、シリコーンってよくない成分なの?

「シリコーンが配合されているトリートメントを使用している髪は、パーマがかかりにくかったり、髪の毛の色が染まりにくい」という「シリコーンは、美容師泣かせの成分」という逸話から始まり、「シリコーンは、毛穴を塞ぐ、皮膚呼吸を妨げる」という誤解が広がっています。

 シリコーンは髪に皮膜をつくるので、その皮膜によってパーマ液やカラー剤が浸透しにくくなることはあるかもしれません。

 しかし一方で、髪にツヤが出て、サラサラとした指通りになり、髪が皮膜で少し重くなる分、落ちつくという効果もあります。そのため髪の損傷や髪のボリュームを抑える製品などでよく使われます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p49より引用。

エタノール

〇石油由来/エチレンと水から合成されるのが「合成アルコール」です。植物由来/サトウキビなどの糖蜜を発酵して得られるのが「発酵アルコール」です。

揮発性があります。蒸発する際に熱を奪うことから、清涼感が出たり、ベタつきがなくなったりします。香りも立ちやすくなります。

〇基本的に刺激を感じる成分です。アルコール消毒などに過敏な人は、エタノールの配合量が多いもの(トニックやコロン、オードトワレなど)を使う場合、使用方法を守り、使用部位や使用量に注意しましょう。

〇植物からエキス成分を取り出す際の抽出溶媒としても用いられます。

〇香りをつけたり苦み成分を加えるなどしてお酒の原料として使えないようにした(飲用できないようにした)エタノールが「変性アルコール」です。

化粧品でいう「アルコール」とは

 化粧品でアルコールに分類される成分はエタノールのほか、「ブタノール」「ベヘニルアルコール」「セタノール」「コレステロール」など多種ありますが、一般にいうアルコールというと、エタノールだけを指します。「フェノキシエタノール」は、成分名にエタノールという文字がついていますが、エタノールとは構造も性質も大きく異なる成分です。一般的にはアルコールに分類されることはありません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p24より引用。

ジメチコン

〇高い撥水力があります。

〇低分子のジメチコンは粘度が低くサラッとしたテクスチャーです。揮発性があるため、洗い流さないヘアトリートメントに使用されます。

〇高分子のジメチコンは、水あめのように高粘度で、コーティング力に優れています。しかし揮発性はないので、洗い流すヘアトリートメントに多用されます。(高分子、低分子のイメージは39ページ「シリコーンの基本構造」参照)

〇代表的な直鎖状シリコーンです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p48より引用。

アセチルヒアルロン酸Na

ヒアルロン酸に油性成分をくっつけたもの。角質層になじみやすく、保水力と柔軟性がアップしたヒアルロン酸です。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p29より引用。

BHT

〇水に溶けません。

〇ほかの酸化防止成分に比べて、耐熱性に優れています。

〇自らが酸化することによって、脂質の酸化による変性を防止する、という働き方をします。

〇酸化防止効果を高めるため、アスコルビン酸などほかの酸化防止剤と併用されます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p117より引用。

フェノキシエタノール

〇「グリコールエーテル」というアルコールの一種で、玉露の揮発成分として発見されました。

〇香水の香りを保つための保留剤としても使用されます。

パラベンフリーの化粧品にも使用

 パラベンが効きにくい微生物に有効ですが、パラベンよりも殺菌力が劣るため、単独で化粧品に配合する際はパラベンよりも配合量が多くなります。一方で、パラベンが効きにくい微生物に有効な面があり、パラベンと組み合わせて配合されることもあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p113より引用。

香料

 化粧品に香りをつけるための成分です。香りによっては、人はリラックスして安眠できたり、シャキッと目覚めたり、相手への印象が変わったりします。つまり香りは、人の心に作用して心理状態や体調にまで変化を及ぼす、化粧品にとって大切な成分です。原料のにおいを隠す、「マスキング」のために使われることもあります。

 香料には天然香料と合成香料があります。化粧品には、1種類だけの天然香料や合成香料で香りをつけることはほとんどありません。多くの場合、さまざまな天然香料や合成香料を混ぜ合わせて、香りをつけます。香料を組み合わせ、イメージしたとおりの香りをつくり出す仕事をする人が、「調香師」です。

〇天然香料

 植物や動物から蒸留、抽出、圧搾などの分離工程で抽出した香り成分です。自然界に存在する植物や動物から得られるため、収穫時期や産地によって、香りが異なることがあります。

・植物性香料/オレンジ油、ラベンダー油など、植物から得られる精油やローズなどの香料

主に、柑橘系果実の精油は圧搾法、ローズやラベンダーなどの花・茎から得られる精油は、水蒸気蒸留法で抽出します。例えば、ダマスクローズの花を水蒸気蒸留法で抽出すると、ローズオットーといわれる精油とローズフローラルウォーターといわれる水に分かれ、それぞれがアロマテラピーなどに用いられています。

・動物性香料/ジャコウジカ(ムスク)、ジャコウネコ(シベット)、ビーバー(カストリウム)、マッコウクジラ(アンバーグリス)など動物から得られる香料

動物保護の観点や供給の不安定さなどの原因から使用は減っています。

〇合成香料

 天然香料には、香りの成分以外にもさまざまな成分が含まれているため、化粧品にしっかりと香りをつけるには、多量を配合する必要があります。ところが、化粧水のような水系の処方には配合しにくく、また、天然香料に含まれる成分の中には肌に悪影響を及ぼすものもあり、肌に塗ってはいけないものがいくつかあります。

 そこで、天然香料を分析して香りの成分だけを特定し、人工的につくったものが、合成香料です。香りの成分そのものなので、きわめて少量でも天然香料と同じような香りをしっかりとつけることができます。

香料という成分名

 化粧品に香りをつけるために配合される成分を、すべて香料と呼びます。例えばオレンジ油とラベンダー油、シトロネロールとオイゲノールを使って香りをつけた化粧品の場合、これら四つの成分を全部まとめて「香料」と記載することもできますし、オレンジ油とラベンダー油は成分名を記載し、残り二つの成分をまとめて「香料」と記載することもできます。また、「香料」とせず、四つ全部の成分名を記載することも可能です。

無香料と無臭は違います

 界面活性剤などのベース成分にはそれ自体のにおいあるため、香りをつけるための成分を使わずとも、化粧品ににおいがあることはめずらしくありません。つまり、においがあるからといって、必ずしも香料が使われているとは限らないのです。

 また、上記でふれたとおり、香りをつけるための成分をいくつか配合したとしても、それらをまとめて「香料」とせず各成分名で記載した場合、全成分表示に「香料」という記載は出てきません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p126、p127より引用。



商品特徴


UVカット

強烈紫外線までしっかりカット。レジャーやスポーツ時など日差しの強い時も紫外線からきちんと肌を守る。

 

汗・水に強い

高い耐汗性を実現。汗をたくさんかいても、落ちにくい。また、ウォータープルーフ処方で、マリンスポーツの時でも落ちにくい*。

*米国FDA試験法に則った「80分間にわたる耐水性試験」を実施し、紫外線防止効果の持続性を確認しています。

 
テカリ防止

皮脂吸着成分(セリサイトアパタイト*)配合。皮脂によるテカリ、ベタつきを長時間抑える

*マイカ、ヒドロキシアパタイト、酸化亜鉛

サラサラ使用感

ベタつかず、白残りしないサラッとした感触。日常のいろいろなシーンでも使いやすい。

 

・顔だけでなく体にも使える

 

SPF50+/PA++++

 

・爽やかなクールシトラスの香り

 

アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません。)


商品を実際に使ってみて




商品画像
メントールやアルコールが入っているのか?

メントールは入っていませんが、エタノール(アルコール)が入っています

日焼け止めの質感は?

サラッとしているので軽いつけ心地です。

どんな香りがする?

クールシトラスの香りがあります。爽やかな香りなので暑い夏場でも使いやすいと思います。




商品画像
日焼け止めの耐久性は?

ウォータープルーフとはいえ、多量に汗をかき続けると日焼け止めが落ちてしまうので、1回つけたらそれで大丈夫というわけにはいきません。適度に塗り直しが必要です。

肌への刺激は?

私の肌の場合は、汗をかいて日焼け止めと汗が混ざった時にムズムズするような刺激を感じました。エタノール(アルコール)が入っていますので、肌の状態によっては刺激を感じる場合があると思います。




商品画像
ベタベタするのか?

つけた後にベタつきはありませんでしたが、多量に汗をかくとベタつきは出てきます

テカリが出る?

「テカリ・ベタつきを長時間抑える」ということですが、私の肌の場合は多量に汗をかくとテカリを長時間抑えるというのは難しかったです。特にTゾーン(おでこ・小鼻・あご)にテカリが出てきました



花王 ニベアメン UVプロテクター40ml
の商品詳細はこちら↓


ニベアメン UVプロテクター 40ml 男性用 日焼け止め

新品価格
¥725から
(2021/1/14 16:18時点)




下記の肌質ごとの使用感は私の見解です




乾燥肌の方が使う場合


・メントールは入っていませんが、エタノール(アルコール)が入っています。私の肌の場合は、汗をかいた時にムズムズするような刺激を感じたので乾燥による痒みやかぶれがある肌に使う時は注意して下さい。少しでも刺激を感じたら使用を中止して下さい。

・サラッとした乳液タイプなので、肌が乾燥している状態で日焼け止めをつけると肌との摩擦が起こりやすく、刺激を与えてしまうと思います日焼け止めをつける前にしっかりと保湿をするようにして下さい。

・普段の洗顔料で落とせるので、肌への負担が少ないのは良いと思います。



脂性肌の方が使う場合


・皮脂吸着成分が入っているのでテカリやベタつきを長時間抑えてくれるということですが、多量に汗をかき続けるとテカリやベタつきは出てきます。テカリ防止クリームを併用するか、適度に塗り直したほうが良いと思います。

・メントールは入っていませんが、エタノール(アルコール)が入っているのでしみるような刺激を感じる場合があります。肌が敏感な時や傷やニキビがある時は注意して下さい。少しでも刺激を感じたら使用を中止して下さい。

軽いつけ心地は脂性肌に使いやすいと思います。



商品画像
容器を傾けただけでも結構勢いよく乳液が出てくるので注意して下さい。




敏感肌の方が使う場合


・私の場合は、肌につける時やつけた後には刺激がありませんでしたが、汗をかいた時に肌がムズムズするような刺激がありました。日焼け止めと汗が混ざったことで刺激が発生したように感じました。私の肌の場合ですが、刺激があったことを考えると敏感肌には「うーん・・・」という感じですね。

・試しに使ってみたい方は、いきなり顔全体に日焼け止めをのばすのではなく、少しずつつけてみて刺激がないかどうか確認してから使うようにして下さい。少しでも刺激を感じたら使用を中止して下さいね。



まとめ



 今回は「花王 ニベアメン UVプロテクター40ml」を使ってみました。

屋内にいても日焼けをしてしまうなら、日焼け止めは毎日つけるようにしないとダメですね。

日焼け止めの中にはつけ心地がベタベタするものがありますが、この日焼け止めはサラッとしていてベタつきにくいので、ベタベタするのが苦手な方でも使いやすいと思います。

クールシトラスの爽やかな香りも良いです。

容器がコンパクトで持ち運びしやすいのも良いですね。

つけた後に白残りしないので日焼け止めをつけているのがバレません。

 ただ、白残りはしませんが、汗をかくと日焼け止めが混ざって汗が白くなります。

その状態で服がこすれると服が白くなってしまうので、黒や紺色の服を着る時は注意したほうが良いと思います。

また、日焼け止めと汗が混ざった状態でタオルやハンカチで拭いてしまうと日焼け止めが落ちてしまいます。

「80分間にわたる耐水性試験」を実施したということですが、ちょっとでも日焼け止めが落ちたと思った時は塗り直したほうが良いと思います。

 私の肌の場合は、汗をかいて日焼け止めと汗が混ざった時にムズムズするような刺激を感じたので、刺激の面を考えると乾燥による痒みやかぶれがある肌や敏感肌には「うーん・・・」というところですね。

もし、使う場合には部分的につけてみて刺激がないかどうか確認してから使うようにして下さい。

少しでも刺激を感じたら使用を中止して下さいね。

 炎天下でのスポーツやレジャーの際に使える日焼け止めを探している方は、試しに使ってみて下さい。

花王 ニベアメン UVプロテクター40ml
の商品詳細はこちら↓


ニベアメン UVプロテクター 40ml 男性用 日焼け止め

新品価格
¥725から
(2021/1/14 16:18時点)



その他の日焼け止めの記事↓





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です