古い角質を落として、毛穴詰まりを防ぐニキビ予防洗顔料 オキシー パーフェクトウォッシュ(医薬部外品)

Pocket

 眠っている間に私たちは汗をかいています。

その為、朝起きると顔のベタつきが気になることがあります。

特に私は脂性肌なのでベタつきに加えてテカリも出てきます。

暑くなってくると汗をかく量が増えるのでベタつきやテカリも増してきます。

これをしっかりと落とせる洗顔料を使わないとベタつきが残ってしまい、不快感があるまま化粧水や美容液をつけないといけなくなってしまいます。

汚れが残ったままでは毛穴を詰まらせてしまい、ニキビができてしまいます。

しかし、何度も洗顔をすると肌の水分や油分を落とし過ぎてしまうので1回の洗顔でベタつきやテカリを落とせる洗顔料を使いたいものです。

 そこで今回は「オキシー パーフェクトウォッシュ(医薬部外品)130g」を購入して使ってみたので紹介します。



オキシー®パーフェクトウォッシュ(医薬部外品)130g


楽天で購入ならこちら↓


オキシー パーフェクトウォッシュ(130g)【OXY(オキシー)】

価格:347円
(2021/11/26 18:34時点)
感想(2件)



Amazonで購入ならこちら↓


OXY (オキシー) パーフェクトウォッシュ 130g【医薬部外品】

新品価格
¥274から
(2021/1/14 18:42時点)



目次


  1. オキシー®パーフェクトウォッシュ(医薬部外品)130gの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. 肌質ごとの使用感
    1. 乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  4. まとめ



オキシー®パーフェクトウォッシュ(医薬部外品)130gの詳細




価格


437円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



【メンズ専用 NULLフェイスウォッシュ】洗顔フォーム



使用方法


手のひらに適量(約2cm)を取り、水またはぬるま湯で泡立ててから洗い、その後十分にすすいで下さい。


【メンズ専用 NULLフェイスウォッシュ】洗顔フォーム



成分


有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム、イソプロピルメチルフェノール、サリチル酸
その他の成分:ビタミンCリン酸Mg、ヨクイニンエキス、セージエキス、海藻エキス(4)、パルミチン酸、ステアリン酸、濃グリセリン、BG、ラウリン酸、水酸化K、ヤシ油脂肪酸N-メチルエタノールアミド、ミリスチン酸、エデト酸塩、粘度調整剤、メントール、フェノキシエタノール、無水エタノール、パラベン、BHT、無水カフェイン、香料
グリチルリチン酸ジカリウム

〇カンゾウ根エキス(73ページ参照)の主成分グリチルリチン酸の誘導体で、水溶性です。同じグリチルリチン酸の誘導体で、油溶性のものが、グリチルレチン酸ステアリルです。

〇水溶性なので、化粧水など水性成分の多い化粧品によく配合されます。

〇医薬部外品の有効成分で、強力な消炎作用があります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p74より引用。

サリチル酸

〇植物からの抽出や化学合成で得られます。

〇水に溶けにくく、熱湯やアルコールには溶けます。

〇医薬品では、イボやウオノメ除去の目的で配合されます。

〇ニキビ予防の化粧品にも配合されます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p93より引用。

ステアリン酸

〇ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を高温・高圧で加水分解すると、グリセリンとともにステアリン酸が得られます(下記参照)。

〇油剤として、クリームののびやかたさなど、質感調製のベース成分として使用されます。

〇消費者が動物由来より植物由来を好む傾向が強いため、成分としては同じですが、植物油脂由来が主流になっています。

〇アルカリ成分(水酸化Naや水酸化Kなど)と反応させて、石ケンを合成する原料としても使われます。

油脂から高級脂肪酸に変身

 油脂を加水分解すると、グリセリンと、さまざまな高級脂肪酸を含む混合物に分かれます。グリセリンは保湿剤として、高級脂肪酸はさらにラウリン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸などに分別されて、化粧品に使われます。

 また、油脂を分解してグリセリンだけを取り除き、さまざまな高級脂肪酸を含んだままの混合物を、化粧品に使うこともあります。この場合、さまざまな高級脂肪酸を含む混合物は、分解前のもとになった油脂の名前を用いて「〇〇脂肪酸」と命名されます。

 例えば、油脂の一種であるヤシ油を分解してグリセリンを取り除き、あとに残ったさまざまな高級脂肪酸を含む混合物は、「ヤシ脂肪酸」と呼ばれます。

 油脂を分解して得られるさまざまな高級脂肪酸の混合物の中で、化粧品によく使われている成分としては、ほかに「パーム核脂肪酸」「サフラワー脂肪酸」などがあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p42より引用。

BG

〇石油由来/「アセトアルデヒド」という化学物質から合成します。植物由来/発酵アルコールから合成します。

多価アルコール(次ページ参照)です。

〇油性成分の溶解性や、防腐効果が上がります。製品によっては、粘度を低下させるためにも使用されます。

〇成分にもよりますが、防腐剤と一緒に用いると防腐効果が高まるため、使用する防腐剤の量を減らすことができます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p26より引用。

フェノキシエタノール

〇「グリコールエーテル」というアルコールの一種で、玉露の揮発成分として発見されました。

〇香水の香りを保つための保留剤としても使用されます。

パラベンフリーの化粧品にも使用

 パラベンが効きにくい微生物に有効ですが、パラベンよりも殺菌力が劣るため、単独で化粧品に配合する際はパラベンよりも配合量が多くなります。一方で、パラベンが効きにくい微生物に有効な面があり、パラベンと組み合わせて配合されることもあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p113より引用。

BHT

〇水に溶けません。

〇ほかの酸化防止成分に比べて、耐熱性に優れています。

〇自らが酸化することによって、脂質の酸化による変性を防止する、という働き方をします。

〇酸化防止効果を高めるため、アスコルビン酸などほかの酸化防止剤と併用されます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p117より引用。

香料

 化粧品に香りをつけるための成分です。香りによっては、人はリラックスして安眠できたり、シャキッと目覚めたり、相手への印象が変わったりします。つまり香りは、人の心に作用して心理状態や体調にまで変化を及ぼす、化粧品にとって大切な成分です。原料のにおいを隠す、「マスキング」のために使われることもあります。

 香料には天然香料と合成香料があります。化粧品には、1種類だけの天然香料や合成香料で香りをつけることはほとんどありません。多くの場合、さまざまな天然香料や合成香料を混ぜ合わせて、香りをつけます。香料を組み合わせ、イメージしたとおりの香りをつくり出す仕事をする人が、「調香師」です。

〇天然香料

 植物や動物から蒸留、抽出、圧搾などの分離工程で抽出した香り成分です。自然界に存在する植物や動物から得られるため、収穫時期や産地によって、香りが異なることがあります。

・植物性香料/オレンジ油、ラベンダー油など、植物から得られる精油やローズなどの香料

主に、柑橘系果実の精油は圧搾法、ローズやラベンダーなどの花・茎から得られる精油は、水蒸気蒸留法で抽出します。例えば、ダマスクローズの花を水蒸気蒸留法で抽出すると、ローズオットーといわれる精油とローズフローラルウォーターといわれる水に分かれ、それぞれがアロマテラピーなどに用いられています。

・動物性香料/ジャコウジカ(ムスク)、ジャコウネコ(シベット)、ビーバー(カストリウム)、マッコウクジラ(アンバーグリス)など動物から得られる香料

動物保護の観点や供給の不安定さなどの原因から使用は減っています。

〇合成香料

 天然香料には、香りの成分以外にもさまざまな成分が含まれているため、化粧品にしっかりと香りをつけるには、多量を配合する必要があります。ところが、化粧水のような水系の処方には配合しにくく、また、天然香料に含まれる成分の中には肌に悪影響を及ぼすものもあり、肌に塗ってはいけないものがいくつかあります。

 そこで、天然香料を分析して香りの成分だけを特定し、人工的につくったものが、合成香料です。香りの成分そのものなので、きわめて少量でも天然香料と同じような香りをしっかりとつけることができます。

香料という成分名

 化粧品に香りをつけるために配合される成分を、すべて香料と呼びます。例えばオレンジ油とラベンダー油、シトロネロールとオイゲノールを使って香りをつけた化粧品の場合、これら四つの成分を全部まとめて「香料」と記載することもできますし、オレンジ油とラベンダー油は成分名を記載し、残り二つの成分をまとめて「香料」と記載することもできます。また、「香料」とせず、四つ全部の成分名を記載することも可能です。

無香料と無臭は違います

 界面活性剤などのベース成分にはそれ自体のにおいあるため、香りをつけるための成分を使わずとも、化粧品ににおいがあることはめずらしくありません。つまり、においがあるからといって、必ずしも香料が使われているとは限らないのです。

 また、上記でふれたとおり、香りをつけるための成分をいくつか配合したとしても、それらをまとめて「香料」とせず各成分名で記載した場合、全成分表示に「香料」という記載は出てきません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p126、p127より引用。



【メンズ専用 NULLフェイスウォッシュ】洗顔フォーム



商品特徴


〇3つの有効成分がニキビを予防
イソプロピルメチルフェノール

ニキビの原因菌をしっかり殺菌。

グリチルリチン酸ジカリウム

炎症を抑えてニキビを防ぐ。

サリチル酸

古い角質を落として、毛穴詰まりを防ぐ。

保湿成分(ハトムギエキス*1、ビタミンC誘導体*2)配合

*1=ヨクイニンエキス、*2=ビタミンCリン酸Mg

〇爽やかなゼラニウムの香り

シリーズ比

爽快感・・・激爽

スクラブ・・・なし

肌タイプ・・・普通肌オイリー肌に



【メンズ専用 NULLフェイスウォッシュ】洗顔フォーム



商品を実際に使ってみて




商品画像
洗顔料の質感は?

クリーム状の白色の洗顔料で、感触はねっとりとしています。

スクラブは入っているのか?

スクラブは入っていません




商品画像
メントールやアルコールが入っているのか?

メントールが入っています。また、無水エタノールというアルコールが入っています

洗顔料を肌につけた時の刺激は?

私の肌の場合は、メントールのスーッとした冷感の刺激が結構強く感じました。肌が敏感な時はしみるような刺激を感じる場合があります。



楽天で購入ならこちら↓


オキシー パーフェクトウォッシュ(130g)【OXY(オキシー)】

価格:347円
(2021/11/26 18:34時点)
感想(2件)



Amazonで購入ならこちら↓


OXY (オキシー) パーフェクトウォッシュ 130g【医薬部外品】

新品価格
¥274から
(2021/1/14 18:42時点)




肌質ごとの使用感




乾燥肌の方が使う場合


メントールが入っているのでメントールの冷感の刺激が大丈夫な方だけ使うようにして下さい。

ベタつきやテカリを落としてくれるので洗いあがりはサッパリとしています。

スクラブは入っていないですが、洗浄力が強いので冬場に使うと肌がガサガサになります。

洗顔後はセラミドやヒアルロン酸が入っている美容液でしっかりと保湿するようにして下さい。

メントールの冷感があるので入浴時はかなり寒く感じます。

また、乾燥によって肌が敏感になっている時に使うとしみるような刺激を感じるので、肌の状態によっては使用を避けたほうが良いと思います。



【メンズ専用 NULLフェイスウォッシュ】洗顔フォーム



脂性肌の方が使う場合


メントールが入っているのでメントールの冷感の刺激が大丈夫な方だけ使うようにして下さい。

古い角質を落として毛穴詰まりを防いでくれます。

脂性肌は皮脂が多いので肌がベタつきやすくテカリやすいです。

この皮脂をちゃんと落とさないと毛穴が詰まってニキビになってしまうので、毛穴詰まりを防いでくれるのはかなり大きいです。

また、メントールが肌を引き締めてくれるので脂性肌に使いやすいと思います。



【メンズ専用 NULLフェイスウォッシュ】洗顔フォーム



敏感肌の方が使う場合


メントールが入っているので、メントールの冷感の刺激が大丈夫な方だけ使うようにして下さい。

爽快感が激爽というだけあってメントールの冷感の刺激が結構強いです。

肌が敏感な時は余計に刺激を感じると思います。

その為、敏感肌の方には「うーん・・・」という感じですね。



【メンズ専用 NULLフェイスウォッシュ】洗顔フォーム



まとめ



 今回は「オキシー パーフェクトウォッシュ(医薬部外品)130g」を使ってみました。

ゼラニウムの爽やかな香りが心地良いです。

不快なベタつきやテカリを落としてくれるので洗いあがりがサッパリとしていて爽快です。

 ただ、古い角質を落として、毛穴詰まりを防いでくれるのでニキビ予防ができるということですが、私の肌の場合は残念ながら使っている間もいくつかニキビができてきました。

また、メントールのスーッとした冷感の刺激が結構強いので、敏感肌には「うーん・・・」という感じですね。

商品特徴にあるように普通肌や脂性肌には使いやすい洗顔料だと思いますが、洗顔後の保湿をしっかりと行えば乾燥肌の方でも使えると思います。

冬場は特に肌が乾燥しやすいので念入りに保湿を行うようにして下さい。

 私の肌には合いませんでしたが古い角質や毛穴詰まり、ニキビが気になる方は使ってみて下さい。

楽天で購入ならこちら↓


オキシー パーフェクトウォッシュ(130g)【OXY(オキシー)】

価格:347円
(2021/11/26 18:34時点)
感想(2件)



Amazonで購入ならこちら↓


OXY (オキシー) パーフェクトウォッシュ 130g【医薬部外品】

新品価格
¥274から
(2021/1/14 18:42時点)



私のオススメのニキビ予防洗顔料は、「NULL(ヌル)アクネブロック フェイスウォッシュ(医薬部外品)120g」です↓


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です