毛穴の黒ずみや古い角質を落とす マンダム ギャツビー スペシャルウォッシュ マイルドピーリング

Pocket

 普段からしっかりと洗顔をしていても洗顔だけでは毛穴の黒ずみや古い角質を落とすことはできません。

毛穴の黒ずみをそのままにしておくと段々と目立ち始めて肌印象が悪くなってしまいます。

それが嫌で指で黒ずみを押し出そうとすると肌が傷付いてニキビになることがあります。

また、古い角質をそのままにしておくと肌ざわりがガサガサしてきたり、化粧水や乳液が肌に浸透するのを妨げたりします。

その為、定期的に毛穴の黒ずみや古い角質を落としておくことが大切です。

毛穴の黒ずみや古い角質を落としたいからとゴシゴシ洗ってしまう方がいますが、肌を傷つける可能性が高く、肌の水分や油分が失われてしまうので乾燥しやすくなります。

 そこで今回は「洗顔では落としきれない毛穴の黒ずみや古い角質を取り除く」という「マンダム ギャツビー スペシャルウォッシュ マイルドピーリング100g」を購入して使ってみたので紹介します。



マンダム ギャツビー スペシャルウォッシュ マイルドピーリング100g


マンダム ギャツビー スペシャルウォッシュ マイルドピーリング100g
の商品詳細はこちら↓


ギャツビー スペシャルウォッシュ マイルドピーリング 100g

新品価格
¥349から
(2021/1/16 13:54時点)



目次


  1. マンダム ギャツビー スペシャルウォッシュ マイルドピーリング100gの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. まとめ



マンダム ギャツビー スペシャルウォッシュ マイルドピーリング100gの詳細



価格


486円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



使用方法


〇洗顔前の手や肌が濡れていない状態で使用する。(濡れている状態でも使用できるが、十分な効果が得られないことがある。)

〇肌に負担を掛け過ぎないように週2~3回程度の使用が目安。

①適量(さくらんぼ大)を手に取る。
②泡立てずに使用するタイプなので、そのまま顔全体にのばす。
③ポロポロと出てくるソフトファイバーが角質や黒ずみを絡めとるので、30秒~1分程度やさしくマッサージするように洗う。
④その後、十分にすすぐ。


成分


水、DPG、エタノール、ベタイン、セルロース、結晶セルロース、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ジイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ポリクオタニウム-7、PEG-100水添ヒマシ油、水酸化K、EDTA-2Na、メントール、乳酸、フェノキシエタノール、香料

〇化粧品に最も多用されるベースの成分です。ほとんどの化粧品に使用されます。

〇ほかの成分を溶かし込み、成分の特徴を引き出す重要な成分です。

〇水だけでは蒸発しやすいので、水とゆるく結びついて水を蒸発しにくくする保湿剤との併用が必要です。

化粧品と医薬部外品では、水の表示名称が異なります

化粧品/水

医薬部外品/水、精製水、常水



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p23より引用。

DPG

〇石油から合成された多価アルコール(下記参照)で、PG(プロピレングリコール)製造時の副産物として得られます。

〇穏やかな保水力でベタつきが少なく、サラッとした使用感です。

〇「メントール」や「アスコルビン酸」(ビタミンC)などの各種成分をよく溶かすことができるので、広く使用されます。製品ののびをよくするために、広く化粧品に使われています。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p27より引用。

エタノール

〇石油由来/エチレンと水から合成されるのが「合成アルコール」です。植物由来/サトウキビなどの糖蜜を発酵して得られるのが「発酵アルコール」です。

揮発性があります。蒸発する際に熱を奪うことから、清涼感が出たり、ベタつきがなくなったりします。香りも立ちやすくなります。

〇基本的に刺激を感じる成分です。アルコール消毒などに過敏な人は、エタノールの配合量が多いもの(トニックやコロン、オードトワレなど)を使う場合、使用方法を守り、使用部位や使用量に注意しましょう。

〇植物からエキス成分を取り出す際の抽出溶媒としても用いられます。

〇香りをつけたり苦み成分を加えるなどしてお酒の原料として使えないようにした(飲用できないようにした)エタノールが「変性アルコール」です。

化粧品でいう「アルコール」とは

 化粧品でアルコールに分類される成分はエタノールのほか、「ブタノール」「ベヘニルアルコール」「セタノール」「コレステロール」など多種ありますが、一般にいうアルコールというと、エタノールだけを指します。「フェノキシエタノール」は、成分名にエタノールという文字がついていますが、エタノールとは構造も性質も大きく異なる成分です。一般的にはアルコールに分類されることはありません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p24より引用。

EDTA-2Na

〇主に石ケン、洗顔料やシャンプーなどに使われます。

〇PRTR法(下記参照)で第一種化学物質の指定を受けたEDTAとは名前が似ていますが構造が違うのでこの成分は対象外です。

PRTR法とは

 化学物質による環境汚染を未然に防止するため、日本では、1999年7月にPRTR法が公布されました。事業者(企業など)が1年間のうち、ダイオキシン類など全354種類の化学物質を環境中に排出したかを把握し、届け出ます。そしてその結果を集計・公表する仕組みです。EU諸国のように、使用を禁止するまでは法制化されていません。

 化粧品の素材としてはEDTAなどが該当します。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p121より引用。

乳酸

〇デンプンからの発酵や化学合成で得られます。

〇配合量により肌への作用が大きく異なり、肌が敏感な方は刺激を感じることもあります。ケミカルピーリング剤として、医療機関でも使われます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p94より引用。

フェノキシエタノール

〇「グリコールエーテル」というアルコールの一種で、玉露の揮発成分として発見されました。

〇香水の香りを保つための保留剤としても使用されます。

パラベンフリーの化粧品にも使用

 パラベンが効きにくい微生物に有効ですが、パラベンよりも殺菌力が劣るため、単独で化粧品に配合する際はパラベンよりも配合量が多くなります。一方で、パラベンが効きにくい微生物に有効な面があり、パラベンと組み合わせて配合されることもあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p113より引用。

香料

 化粧品に香りをつけるための成分です。香りによっては、人はリラックスして安眠できたり、シャキッと目覚めたり、相手への印象が変わったりします。つまり香りは、人の心に作用して心理状態や体調にまで変化を及ぼす、化粧品にとって大切な成分です。原料のにおいを隠す、「マスキング」のために使われることもあります。

 香料には天然香料と合成香料があります。化粧品には、1種類だけの天然香料や合成香料で香りをつけることはほとんどありません。多くの場合、さまざまな天然香料や合成香料を混ぜ合わせて、香りをつけます。香料を組み合わせ、イメージしたとおりの香りをつくり出す仕事をする人が、「調香師」です。

〇天然香料

 植物や動物から蒸留、抽出、圧搾などの分離工程で抽出した香り成分です。自然界に存在する植物や動物から得られるため、収穫時期や産地によって、香りが異なることがあります。

・植物性香料/オレンジ油、ラベンダー油など、植物から得られる精油やローズなどの香料

主に、柑橘系果実の精油は圧搾法、ローズやラベンダーなどの花・茎から得られる精油は、水蒸気蒸留法で抽出します。例えば、ダマスクローズの花を水蒸気蒸留法で抽出すると、ローズオットーといわれる精油とローズフローラルウォーターといわれる水に分かれ、それぞれがアロマテラピーなどに用いられています。

・動物性香料/ジャコウジカ(ムスク)、ジャコウネコ(シベット)、ビーバー(カストリウム)、マッコウクジラ(アンバーグリス)など動物から得られる香料

動物保護の観点や供給の不安定さなどの原因から使用は減っています。

〇合成香料

 天然香料には、香りの成分以外にもさまざまな成分が含まれているため、化粧品にしっかりと香りをつけるには、多量を配合する必要があります。ところが、化粧水のような水系の処方には配合しにくく、また、天然香料に含まれる成分の中には肌に悪影響を及ぼすものもあり、肌に塗ってはいけないものがいくつかあります。

 そこで、天然香料を分析して香りの成分だけを特定し、人工的につくったものが、合成香料です。香りの成分そのものなので、きわめて少量でも天然香料と同じような香りをしっかりとつけることができます。

香料という成分名

 化粧品に香りをつけるために配合される成分を、すべて香料と呼びます。例えばオレンジ油とラベンダー油、シトロネロールとオイゲノールを使って香りをつけた化粧品の場合、これら四つの成分を全部まとめて「香料」と記載することもできますし、オレンジ油とラベンダー油は成分名を記載し、残り二つの成分をまとめて「香料」と記載することもできます。また、「香料」とせず、四つ全部の成分名を記載することも可能です。

無香料と無臭は違います

 界面活性剤などのベース成分にはそれ自体のにおいあるため、香りをつけるための成分を使わずとも、化粧品ににおいがあることはめずらしくありません。つまり、においがあるからといって、必ずしも香料が使われているとは限らないのです。

 また、上記でふれたとおり、香りをつけるための成分をいくつか配合したとしても、それらをまとめて「香料」とせず各成分名で記載した場合、全成分表示に「香料」という記載は出てきません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p126、p127より引用。



商品特徴


AHA配合(乳酸:角質柔軟成分)

 

アミノ酸系保湿成分(ベタイン)配合で洗浄後もうるおいを逃さず、カサつかない

 

■心地良くやさしいフレッシュフローラルの香り(微香性)

 

・古い角質を柔らかくする

角質柔軟効果で硬くなった角質を柔らかくする。

 

・毛穴の黒ずみを取り除く

肌にやさしい植物由来の微粒子ビーズで汚れを除去。

 

・ソフトファイバーが絡めとる

ポロポロと出てくるソフトファイバーが角質や黒ずみを絡めて落とす。



商品を実際に使ってみて




商品画像
ピーリングジェルの質感は?

サラッとしていて軽い使い心地です。

メントールやアルコールが入っているのか?

メントールエタノール(アルコール)も入っています







商品画像

ジェルを広げると写真のように始めはジェルのままですが・・・。

スクラブは入っているのか?

スクラブは入っていませんが、植物由来の微粒子ビーズが入っています

どんな香りがする?

フレッシュフローラルの香りがあります。爽やかで心地良いです。




商品画像

やさしくマッサージすると、写真のようなポロポロが出てきます。

肌への刺激は?

私の肌の場合は、メントールのスーッとした冷感の刺激をわずかに感じたぐらいでした。アルコールのしみるような刺激はありませんでした。

ピーリングの効果は?

古い角質は落としやすかったです。ですが、毛穴の黒ずみを1回で落とすのは難しかったです



マンダム ギャツビー スペシャルウォッシュ マイルドピーリング100g
の商品詳細はこちら↓


ギャツビー スペシャルウォッシュ マイルドピーリング 100g

新品価格
¥349から
(2021/1/16 13:54時点)




まとめ



 今回は「マンダム ギャツビー スペシャルウォッシュ マイルドピーリング100g」を使ってみました。

植物由来の微粒子ビーズなので肌への刺激が少ないです。

手が濡れていてもポロポロが出てきて洗えますが、手が濡れていない時よりもポロポロが出てくるのが遅いです。

ジェルが薄まってしまうからだと思いますが、濡れた手のままや顔が濡れている時に使うのはオススメできません。

私の肌の場合は、古い角質は結構落とせましたが、小鼻の頑固な黒ずみを落とすのはなかなか難しかったです。

多少は汚れが残っていました。

 また、メントールが入っているのでメントールの冷感の刺激が大丈夫な方だけ使うようにして下さい。

私の肌に使った時は、ほとんど刺激を感じませんでしたが、敏感肌の方や肌の弱い方は刺激を感じるかもしれません。

使う前に部分的につけてみて刺激がないか確認してから使うようにして下さい。

冬場は肌が乾燥しやすく敏感になりやすいので、肌の状態に注意して使って下さい。

乾燥による傷やかぶれがある状態の肌に使うとしみるような刺激を感じる場合があるので注意が必要です。

 肌に負担をかけずに毛穴の黒ずみや古い角質を落とす商品を探している方は、試しに使ってみて下さい。

 
マンダム ギャツビー スペシャルウォッシュ マイルドピーリング100g
の商品詳細はこちら↓


ギャツビー スペシャルウォッシュ マイルドピーリング 100g

新品価格
¥349から
(2021/1/16 13:54時点)



その他のピーリングジェルの記事


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です