肌のうるおいを守って洗う メンズビオレ ディープモイスト洗顔

Pocket

 顔のテカリやベタつきに悩んでいる場合はこれを落とす為の洗顔料を選びます。

ですが、肌が乾燥しやすい時にテカリやベタつきを落とす洗顔料をずっと使っていると今度は肌が乾燥してきます。

化粧水や乳液で保湿すると一時的に肌はうるおいますが、洗顔をするたびに肌は乾燥してきます。

繰り返していると肌の乾燥がひどくなり洗顔料がピリピリとしみるようになることがあります。

これは油分を落とし過ぎることによって肌のバリア機能が低下した為です。

こうなると普段の洗顔料や化粧水、乳液にも肌が敏感になって刺激を感じるようになります。

ひどい時は痒みやかぶれも出てきます。

こうならない為にも肌の状態によって洗顔料や化粧水、乳液を換えることが必要になってきます。

 そこで今回は「肌のうるおいを守って洗浄できる」という「メンズビオレ ディープモイスト洗顔130g」を購入して使ってみたので紹介します。



メンズビオレ ディープモイスト洗顔




メンズビオレ ディープモイスト洗顔 130g


●肌のうるおいを守って洗浄肌しっとりほほ口元カサつかない

●化粧水成分Sヒアルロン酸*配合

*ヒアルロン酸・ソルビトール(保湿成分)

●やさしいシトラスフローラルの香り

ノンスクラブタイプ





使用方法

適量(2cm程度)を水やお湯で泡立てて洗い、あとはよく流します。

下記の肌質ごとの使用感は私の見解です↓

超乾燥肌乾燥肌の方が使う場合

スッキリと洗えるのに保湿成分が入っているので、ほほや口元の乾燥しやすい部分が乾燥しておらず、うるおいが残っています。肌が乾燥しやすい入浴後も肌はカサカサしていませんでした。ノンスクラブタイプなので肌が乾燥し過ぎることがなく、超乾燥肌や乾燥肌でも使いやすいと思います。



透明のジェル状の洗顔料です。


脂性肌の方が使う場合

テカリやベタつきをスッキリと落としてくれますが、洗浄力は強過ぎないので洗顔後も必要な油分が残っています。いくら脂性肌でも過剰に皮脂を落とし過ぎると余計にテカリやベタつきが出てくるので丁度良い使い心地だと思います。



泡立てネットを使って泡立てると濃密な泡を作れます。


敏感肌の方が使う場合

ノンスクラブタイプなので肌への負担が少なく、敏感な部分もやさしく洗い上げることができます。メントールアルコールが入っていないのでスーッとした冷感やピリピリとしみるような刺激はありませんでした。手で泡立てるより、泡立てネットを使って泡立てたほうが濃密な泡を作れるので、さらにやさしく洗顔ができると思います。



泡立てネットを使って泡立てると、このような泡になります。


 

 今回は「メンズビオレ ディープモイスト洗顔 130g」を使ってみました。

洗いあがりはスッキリとしていますが、ほほや口元がカサついておらず、うるおいが残っていました。

乾燥しやすい入浴後も肌がカサカサしていませんでした。

メントールやアルコールが入っていないので、肌への刺激を心配せずに洗顔をすることができます。

泡立てネットで泡立てたほうが濃密な泡が作れるので試してみて下さい。

 肌のうるおいを守って洗顔をしたい方は、使ってみて下さい。

 

関連記事






1件のコメント

  1. こんにちは
    ブログランキングからの訪問です。
    最近のメンズもお肌に気を使っているのですね。
    男女とも肌は奇麗な方がいいですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です