白くならずにベタつく肌にスーッとなじむ日焼け止め 大塚製薬 ウル・オスプラス 日焼け止め

Pocket

 これからの季節、BBQに行ったり、海に行ったりすると炎天下で過ごす機会が増えてきます。

紫外線対策をしっかりしておかないと日焼けをしてしまいます。

ただ肌が黒くなって、皮がはがれて、また新しい肌ができる、というだけなら苦労はしません。

日焼けをしてしまうと肌がダメージを受けて炎症を起こしてしまいます。

これをそのままにして何もケアをしないでいると、シミができたり、ニキビや肌荒れ、肌の乾燥が出てきたりします。

日焼けの後のケアはかなり根気がいります。

普段のスキンケア以上に保湿をして肌をうるおす必要があります。

また肌が敏感になっている場合は、洗顔料や化粧水を刺激の少ないものに換えることも必要になります。

このように日焼け後のケアが大変にならない為にも紫外線対策は男性も怠ってはいけません。

 そこで今回は「大塚製薬 ウル・オスプラス 日焼け止め25ml」を購入して使ってみたので紹介します。



商品画像
大塚製薬 ウル・オスプラス 日焼け止め25ml


大塚製薬 ウル・オスプラス 日焼け止め25ml
の商品詳細はこちら↓


大塚製薬 UL・OS(ウル・オス) プラス 日やけ止め SPF50 PA 25mL

新品価格
¥980から
(2021/1/23 20:04時点)



目次


  1. 大塚製薬 ウル・オスプラス 日焼け止め25mlの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. 肌質ごとの使用感
    1. 乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  4. まとめ



大塚製薬 ウル・オスプラス 日焼け止め25mlの詳細




価格


1,296円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



使用方法


2層タイプなのでよく振ってから、適量を手に取り肌にムラなくのばす。


成分


水、シクロペンタシロキサン、水添ポリイソブテン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、エタノール、安息香酸アルキル(C12-15)、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、ポリメチルシルセスキオキサン、オクトクリレン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ポリシリコーン-15、カプリリルメチコン、ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、グリセリン、ペンチレングリコール、ジメチコン、アデノシンリン酸、ジポリヒドロキシステアリン酸PEG-30、塩化Na、(PPG-12/SMDl)コポリマー、トコフェロール、グリチルリチン酸2K、グリチルレチン酸ステアリル、ヒアルロン酸Na、ダイウイキョウ油、ニオイヒバ葉油、アトラスシーダー樹皮油、ラバンデュラハイブリダ油、ライム油、セイヨウハッカ油、セイヨウアカマツ葉油、ローズマリー葉油、テレビン油、メントール、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、BHT、AMPD

〇化粧品に最も多用されるベースの成分です。ほとんどの化粧品に使用されます。

〇ほかの成分を溶かし込み、成分の特徴を引き出す重要な成分です。

〇水だけでは蒸発しやすいので、水とゆるく結びついて水を蒸発しにくくする保湿剤との併用が必要です。

化粧品と医薬部外品では、水の表示名称が異なります

化粧品/水

医薬部外品/水、精製水、常水



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p23より引用。


エタノール

〇石油由来/エチレンと水から合成されるのが「合成アルコール」です。植物由来/サトウキビなどの糖蜜を発酵して得られるのが「発酵アルコール」です。

揮発性があります。蒸発する際に熱を奪うことから、清涼感が出たり、ベタつきがなくなったりします。香りも立ちやすくなります。

〇基本的に刺激を感じる成分です。アルコール消毒などに過敏な人は、エタノールの配合量が多いもの(トニックやコロン、オードトワレなど)を使う場合、使用方法を守り、使用部位や使用量に注意しましょう。

〇植物からエキス成分を取り出す際の抽出溶媒としても用いられます。

〇香りをつけたり苦み成分を加えるなどしてお酒の原料として使えないようにした(飲用できないようにした)エタノールが「変性アルコール」です。

化粧品でいう「アルコール」とは

 化粧品でアルコールに分類される成分はエタノールのほか、「ブタノール」「ベヘニルアルコール」「セタノール」「コレステロール」など多種ありますが、一般にいうアルコールというと、エタノールだけを指します。「フェノキシエタノール」は、成分名にエタノールという文字がついていますが、エタノールとは構造も性質も大きく異なる成分です。一般的にはアルコールに分類されることはありません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p24より引用。


グリセリン

〇ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を高温・高圧で加水分解すると、脂肪酸とともにグリセリンが得られます。

〇ほかの成分を溶けやすくしたり、低温になっても固まりにくくします。

〇化粧品にグリセリンを配合するだけで保湿効果が出ますが、ヒアルロン酸Naやコラーゲンなど、相性がよいほかの水性成分(保湿剤)と組み合わせると、さらに保湿効果がアップし、のびや滑りが良くなります。

グリセリンを使った温感化粧品

 グリセリンは、水と混ざるときに発熱する性質(溶解熱)があります。温感化粧品は、グリセリンと水が混ざるときに発生する溶解熱を利用したものが多く、グリセリンが全成分表示の一番上にきます。水は含まれていないか、含まれていたとしてもごく微量です。つまり、グリセリンを全成分表示の一番目にくるほど多量に配合した製品は、温感化粧品であることが多い、ということです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p25より引用。


シクロペンタシロキサン

〇肌に塗布した後は徐々に揮発し、ベタつかず、サラッとした感触を与えます。ベタつき感を残したくないリキッドファンデーションや、日焼け止めによく使われます。

〇代表的な環状シリコーンです(39ページ参照)。

ノンシリコーンがいいと聞くけれど、シリコーンってよくない成分なの?

「シリコーンが配合されているトリートメントを使用している髪は、パーマがかかりにくかったり、髪の毛の色が染まりにくい」という「シリコーンは、美容師泣かせの成分」という逸話から始まり、「シリコーンは、毛穴を塞ぐ、皮膚呼吸を妨げる」という誤解が広がっています。

 シリコーンは髪に皮膜をつくるので、その皮膜によってパーマ液やカラー剤が浸透しにくくなることはあるかもしれません。

 しかし一方で、髪にツヤが出て、サラサラとした指通りになり、髪が皮膜で少し重くなる分、落ちつくという効果もあります。そのため髪の損傷や髪のボリュームを抑える製品などでよく使われます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p49より引用。


ジメチコン

〇高い撥水力があります。

〇低分子のジメチコンは粘度が低くサラッとしたテクスチャーです。揮発性があるため、洗い流さないヘアトリートメントに使用されます。

〇高分子のジメチコンは、水あめのように高粘度で、コーティング力に優れています。しかし揮発性はないので、洗い流すヘアトリートメントに多用されます。(高分子、低分子のイメージは39ページ「シリコーンの基本構造」参照)

〇代表的な直鎖状シリコーンです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p48より引用。


グリチルリチン酸2K

〇カンゾウ根エキス(73ページ参照)の主成分グリチルリチン酸の誘導体で、水溶性です。同じグリチルリチン酸の誘導体で、油溶性のものが、グリチルレチン酸ステアリルです。

〇水溶性なので、化粧水など水性成分の多い化粧品によく配合されます。

〇医薬部外品の有効成分で、強力な消炎作用があります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p74より引用。


ヒアルロン酸Na

〇以前はニワトリのトサカからの抽出が一般的でしたが、近年は乳酸菌による発酵法で製造したものも多くなってきています。

〇たった1gで2~6Lの水分保持力があるといわれています。

〇ごく微量でも水に溶けるととろみが出ます。化粧水であれば、0.01%程度の微量配合でもテクスチャーに差が出ます。1%の水溶液になると、ゼリー状にまで粘度が上がります。

*pHによって粘度が変わる場合もあります。

分子量が大きくなるに従い、水溶性の粘度が高くなります。ただし、分子量の大きさが異なっても表示名称は同じなので、名前では分子の大きさはわかりません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p29より引用。


EDTA-2Na

〇主に石ケン、洗顔料やシャンプーなどに使われます。

〇PRTR法(下記参照)で第一種化学物質の指定を受けたEDTAとは名前が似ていますが構造が違うのでこの成分は対象外です。

PRTR法とは

 化学物質による環境汚染を未然に防止するため、日本では、1999年7月にPRTR法が公布されました。事業者(企業など)が1年間のうち、ダイオキシン類など全354種類の化学物質を環境中に排出したかを把握し、届け出ます。そしてその結果を集計・公表する仕組みです。EU諸国のように、使用を禁止するまでは法制化されていません。

 化粧品の素材としてはEDTAなどが該当します。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p121より引用。


フェノキシエタノール

〇「グリコールエーテル」というアルコールの一種で、玉露の揮発成分として発見されました。

〇香水の香りを保つための保留剤としても使用されます。

パラベンフリーの化粧品にも使用

 パラベンが効きにくい微生物に有効ですが、パラベンよりも殺菌力が劣るため、単独で化粧品に配合する際はパラベンよりも配合量が多くなります。一方で、パラベンが効きにくい微生物に有効な面があり、パラベンと組み合わせて配合されることもあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p113より引用。


BHT

〇水に溶けません。

〇ほかの酸化防止成分に比べて、耐熱性に優れています。

〇自らが酸化することによって、脂質の酸化による変性を防止する、という働き方をします。

〇酸化防止効果を高めるため、アスコルビン酸などほかの酸化防止剤と併用されます。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p117より引用。



商品特徴


〇顔だけでなく体にも使える

 

〇保湿成分AMP*、ヒアルロン酸Na配合

*アデノシンリン酸

 

〇日焼けによるシミソバカスを防ぐ(SPF50+ PA+++
 
着色料合成香料パラベン無配合
 
白くならず、ベタつかない
 
〇サラッとひんやりとした清涼感

 

〇あと残りしないハーバルミント系の香り
 
〇汗・水・皮脂に強いのに、専用の洗顔料不要
 


商品を実際に使ってみて




商品画像

日焼け止めを手に取る時は中身が勢いよく出てくるので、こぼさないように気を付けて下さい。

日焼け止めの質感は?

非常にサラッとしていて軽いつけ心地です。こぼしそうになるぐらいサラッとしています。

メントールやアルコールが入っているのか?

メントールもエタノール(アルコール)も両方入っています




商品画像

肌にのばすと白色だった日焼け止めが透明に変わって肌になじんでいきます。

どんな香りがする?

ハーバルミント系のスッキリとした香りがあります。

肌への刺激は?

メントールのスーッとした冷感の刺激がありますが、私の肌の場合はわずかに刺激を感じるぐらいでした。エタノール(アルコール)の刺激はありませんでした。




商品画像
テカリが出る?

私の肌の場合は、つけてから時間が経つと少しだけテカリが出てきました。テカリが気になる方はテカリ防止クリームをつけてテカリを抑えるようにして下さい。

ベタベタするのか?

商品特徴に「ベタつかない」とありますが、私の肌の場合はつけた後の肌ざわりが少しベタっとしました。汗をかくとベタつきが増してくるのでテカリ防止クリームでベタつきを抑えたほうが良いと思います。



大塚製薬 ウル・オスプラス 日焼け止め25ml
の商品詳細はこちら↓


大塚製薬 UL・OS(ウル・オス) プラス 日やけ止め SPF50 PA 25mL

新品価格
¥980から
(2021/1/23 20:04時点)




肌質ごとの使用感




乾燥肌の方が使う場合


保湿成分が入っていますが非常にサラッとした日焼け止めなので、肌が乾燥している状態でつけるとなじみにくいように感じました。

この日焼け止めをつける前にセラミドが入った美容液や乳液をつけてしっかりと保湿をした状態でつけたほうが良いです。

ゴシゴシつけてしまうと肌が乾燥してしまうので、やさしくつけるようにして下さい。

また、メントールが入っています。

私の肌の場合は、スーッとした冷感の刺激はわずかでしたが、乾燥による痒みやかぶれがある肌では刺激を強く感じる場合があります。

つける時はいきなり顔全体につけるのではなく、少しずつつけてみて刺激がないかどうか確認してからつけるようにして下さい。

ですが、専用の洗顔料は不要で何度も顔を洗う必要がないので、肌への負担が少ないのは良いと思います。



脂性肌の方が使う場合


商品特徴に「ベタつかない」とありますが、つけた後の肌ざわりが少しベタっとしました。

また、つけた後にテカリが少し出てきたので気になる方はテカリ防止クリームをつけてテカリやベタつきを抑えたほうが良いと思います。

メントールが入っていて、スーッとした冷感の刺激が毛穴を引き締めてくれるので、脂性肌に良いと思いますが、メントールのスーッとした冷感の刺激が大丈夫な方だけ使うようにして下さい。

ベタつきやすい肌にはスーッとなじむので、その点は脂性肌に使いやすいと思います。



商品画像




敏感肌の方が使う場合


私の肌の場合は刺激はわずかでしたが、メントールが入っているのでスーッとした冷感の刺激があります。

わずかとはいえ、肌が敏感な時は刺激を強く感じる場合があります。

私の肌の場合は、エタノール(アルコール)の刺激はありませんでしたが、エタノール(アルコール)が入っている点も考えると敏感肌には「うーん・・・」というところですね。

もし、試してみたい方はいきなり顔全体につけるのではなく、少しずつつけてみて刺激がないかどうか確認してからつけるようにして下さい。

刺激を少しでも感じたら使用を中止して下さいね。



まとめ



 今回は「大塚製薬 ウル・オスプラス 日焼け止め25ml」を使ってみました。

指先から滴るぐらい非常にサラッとしているので、手に取る際は注意して下さい。

化粧をしているような圧迫感のある日焼け止めを使ったことがありますが、この日焼け止めは軽いつけ心地で紫外線対策ができるので使いやすいです。

ハーバルミント系のスッキリとした香りがあるので気持ち良く使えるのも良いです。

ポケットに入るサイズなので、ちょっと塗り直したいと思った時にすぐに取り出せます。

 ただ、「ベタつかない」ということですが私の肌の場合はつけた後に少しベタつきを感じました。

テカリも少しあるので、気になる方はテカリ防止クリームをつけてテカリやベタつきを抑えたほうが良いと思います。

また、私の肌の場合は刺激はわずかでしたがメントールが入っているので、スーッとした冷感の刺激があります。

エタノール(アルコール)の刺激はありませんでしたが、エタノール(アルコール)も入っているので乾燥による痒みやかぶれがある肌や敏感肌には「うーん・・・」という感じですね。

もし、試してみたい方はいきなり顔全体につけるのではなく、少しずつつけてみて刺激がないかどうか確認してから使うようにして下さい。

白くならない点や専用の洗顔料が不要な点はとても良いと思います。

 紫外線は毎日降り注いでいます。

晴れの日だろうと曇りの日だろうと降り注いでいます。

しっかりと日焼け止めをつけておかないとうっかり日焼けによって、知らず知らずのうちにシミやソバカス、乾燥小じわができてきます。

自分の肌の為に日焼け止めは毎日塗るようにして下さいね。

まだ、若いからと油断は禁物です。

 男性でも使いやすい日焼け止めを探している方は、試しに使ってみて下さい。

 

大塚製薬 ウル・オスプラス 日焼け止め25ml
の商品詳細はこちら↓


大塚製薬 UL・OS(ウル・オス) プラス 日やけ止め SPF50 PA 25mL

新品価格
¥980から
(2021/1/23 20:04時点)



その他の日焼け止めの記事





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です