男性もちゃんと紫外線対策をしよう 大塚製薬 ウル・オスプラス 日焼け止め

Pocket

 これからの季節、BBQに行ったり、海に行ったりすると炎天下で過ごす機会が増えてきます。

紫外線対策をしっかりしておかないと日焼けをしてしまいます。

ただ肌が黒くなって、皮がはがれて、また新しい肌ができる、というだけなら苦労はしません。

日焼けをしてしまうと肌がダメージを受けて炎症を起こしてしまいます。

これをそのままにして何もケアをしないでいると、シミができたり、ニキビや肌荒れ、肌の乾燥が出てきたりします。

日焼けの後のケアはかなり根気がいります。

普段のスキンケア以上に保湿をして肌をうるおす必要があります。

また肌が敏感になっている場合は、洗顔料や化粧水を刺激の少ないものに換えることも必要になります。

このように日焼け後のケアが大変にならない為にも紫外線対策は男性も怠ってはいけません。

 そこで今回は「大塚製薬 ウル・オスプラス 日焼け止め25ml」を購入して使ってみたので紹介します。

 

使用方法

2層タイプなのでよく振ってから、適量を手に取り肌にムラなくのばす。

 

〇顔だけでなく体にも使える

 

〇保湿成分AMP*、ヒアルロン酸Na配合

*アデノシンリン酸

 



大塚製薬 UL・OS(ウル・オス) プラス 日やけ止め SPF50 PA 25mL




商品画像
勢いよく出てくるので、こぼさないように注意して下さい。


〇日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ(SPF50+ PA+++

着色料合成香料パラベン無配合



サラッとしているので、顔全体につけるならたっぷりと手にとったほうが良いです。


白くならずベタつかない

サラッとひんやりとした清涼感



肌にのばすと白色だった日焼け止めが透明に変わって肌になじんでいきます。


〇あと残りしないハーバルミント系の香り

〇汗・水・皮脂に強いのに、専用の洗顔料不要



つけた後に触るとほんの少しベタつきがあるように感じました。テカリも少しありました。


 

下記の肌質ごとの使用感は私の見解です↓

超乾燥肌乾燥肌の方が使う場合

メントールの冷感の刺激が大丈夫な方だけ使うようにして下さい。うるおいがありますが、サラッとしているので、乾燥が気になる部分にはたっぷりとつけたほうが良いです。つけた時に白くなる日焼け止めがありますが、書かれている通りこの日焼け止めは白くなりませんでした専用の洗顔料は不要で何度も顔を洗う必要がないので、肌が乾燥し過ぎず良いと思います。

 

脂性肌の方が使う場合

メントールの冷感の刺激が大丈夫な方だけ使うようにして下さい。ベタつかず肌にスーッとなじむので、皮脂が多くベタつきやすい肌にもつけやすいです。メントールの冷感が肌を引き締めてくれるので、ベタつきを抑えてくれます。つけた時に白くなる日焼け止めがありますが、この日焼け止めはベタつく肌につけても白くなりませんでした。ただ、私の肌の場合はつけた後にテカリが出てきました。テカリが気になる場合は、ティッシュで適度に拭き取るかテカリ防止ジェルやクリームをつけて抑えたほうが良いと思います。

 

敏感肌の方が使う場合

私の肌の場合は敏感な部分につけても、そこまでしみるようなメントールの刺激はありませんでしたヒリヒリとしみるような刺激もなくつけても肌が白くならないので塗り直しの手間も掛かりません。ただし、メントールに過敏な方や、特に肌が敏感な方は刺激を感じる可能性があるので使う際は注意して下さい。

 

 今回は「大塚製薬 ウル・オスプラス 日焼け止め25ml」を使ってみました。

ベタつかず肌なじみが良いので夏場の汗でベタつく肌にもつけやすいと思います。

化粧をしているような圧迫感のある日焼け止めを使ったことがありますが、この日焼け止めは軽いつけ心地で紫外線対策ができるので使いやすいです。

ポケットに入るサイズなので、ちょっと塗り直したいと思った時にすぐに取り出せます。

ただ、汗をかいたり、タオルで拭いたりすると日焼け止めが落ちてしまうので適度に塗り直したほうが良いです。

 男性でも使いやすい日焼け止めを探している方は、使ってみて下さい。

 

その他の日焼け止めの記事









返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です