オールインワンのシミ対策 テックスメックス 薬用スキンケアジェリー ホワイト(医薬部外品)

Pocket

 これから夏に向けてだんだんと紫外線の量が増えてきます。

日焼けをしたくてするのは良いですが、その後のケアをちゃんとしないといけません。

ケアを怠るとニキビや肌荒れだけでなくシミが増えてきます。

しっかりと予防しないと年齢とともに目立ってくるので男性もシミ対策が必要です。

肌にベタベタつけるのが苦手な方も多いと思います。

 そこで「オールインワンタイプでシミ対策ができる」という「テックスメックス 薬用スキンケアジェリー ホワイト(医薬部外品)150ml」を購入して使ってみたので紹介します。



テックスメックス 薬用スキンケアジェリー WH (ジェル状美容液) 150mL (医薬部外品)




テックスメックス 薬用スキンケアジェリー ホワイト(医薬部外品)150ml


使用方法

洗顔後、適量(1円玉大程度)を手に取り、肌になじませる。

・オールインワンタイプのジェル

化粧水乳液美容液シミ対策4つをこなす。手間いらずなのにしっかり肌をケアし、使用感はベタつかない

・ダブル有効成分

シミ対策の有効成分アルブチン、抗炎症有効成分グリチルリチン酸ジカリウムが入っている。

・男の肌を考えて

ノンパラベンノンアルコール無香料無鉱物油無着色

下記の肌質ごとの使用感は私の見解です↓

超乾燥肌乾燥肌の方が使う場合

夏場はこのジェルだけでも十分保湿ができると思います。ですが、私の肌の場合は冬場はつけてから時間が経つと肌が乾燥してきました。冬場はこのジェルだけではうるおいが足りない時は、追加で乳液やクリームをつけたほうが良いです。



容器を強く押し過ぎるとジェルが勢いよく出てくるので注意して下さい。


脂性肌の方が使う場合

ジェルタイプなのでサッパリとしていて脂性肌でもつけやすいです。ベタつかないと書いてありますが、私の肌の場合はつけた後に肌に触れるとベタつきがありました。時間が経つとテカリも少し出てきましたテカリ防止クリームでテカリを抑えたほうが良いと思います。



サラッとした透明のジェルです。肌なじみが良くつけやすい。


敏感肌の方が使う場合

アルコールが入っていないので、つけてもしみるような刺激はありませんでした。ただ、かぶれのある肌につけると少しスーッとするような刺激を感じました。メントールは入っていないので冷感のような刺激はないですが、私の肌の場合は感じました。始めは少しずつ肌にのばして刺激を感じないか確認しながらつけるようにして下さい。



私の肌の場合は、つけた後にベタつきを感じました。


 

 今回は「テックスメックス 薬用スキンケアジェリー ホワイト(医薬部外品)150ml」を使ってみました。

私の肌の場合は使う前よりシミやソバカスを予防できていたと思います。

ノンアルコールなのでアルコールによる刺激がなく、ヒゲそり後の肌にもつけやすかったです。

これ1本でスキンケアとシミ対策ができるので手間が掛かりません。

ベタベタと乳液やクリームをつけるのが苦手な男性でも使いやすいと思います。

ただ、私の肌の場合はつけてから時間が経つと肌にベタつきがありました。

その為、ベタつきが気になる方はテカリ防止クリームをつけてベタつきを抑えたほうが良いです。

 オールインワンタイプでシミ対策ができるというのは手間いらずなので、気になった方は使ってみて下さい。

 

その他のオールインワンの記事









返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です