男の肌悩みを速攻カバー 資生堂 uno(ウーノ)フェイスカラークリエイター

Pocket

 いくら毎日洗顔をして、化粧水や乳液で保湿していてもニキビができてきます。

ニキビがつぶれたり、つぶしてしまったりすると、ひどい時はニキビ跡になります。

毛穴の汚れが落としきれずに酸化してしまうと毛穴の黒ずみが目立ってきます。

また、日焼けをしてしまうと肌の赤みが出てきます。

このような肌の状態が続くと肌印象が悪くなってしまい鏡を見るのも嫌になってきます。

それでも人と会わないといけなかったり、外出しないといけなかったりします。

そんな時でも「肌の悩みを速攻でカバーできる」という「資生堂 uno(ウーノ)フェイスカラークリエイター30g」を購入して使ってみたので紹介します。

 

使用方法

●洗顔やヒゲそり後、指先に少量を取り、顔の中心から外側に向かって指のはらを使って均一にのばす。

●気になる部位にだけ使用の際には、塗布していない周りの肌との差が目立たないように指でトントンと軽くたたいてなじませる。

●塗布後は手をせっけんで洗う。

●せっけんや洗顔料で簡単に落とせる。

 



UNO(ウーノ) フェイスカラークリエイター(ナチュラル) BBクリーム メンズ SPF30 PA 30g




商品画像
チューブタイプなので使いたい量を調節できます。


・男性の肌悩みをカバー

クマ

ニキビ跡

ヒゲの青み

黒い毛穴

肌の赤み

SPF30PA+++

自分の肌色になじむ

洗顔料で落とせる

みずみずしいシトラスグリーンの香り(微香性)



始めは白色のクリームです。


・肌色補正効果

塗布後に色が変化し、肌になじんで速攻補正。気になる肌悩みをカバーする。また、スムースパウダー配合で、肌のザラつきをなめらかに整える



肌に塗り込むと・・・色が変化して徐々に肌色になっていきます。


・スキンケア効果

うるおい成分ダブルヒアルロン酸*配合。ノンオイリーでベタつかない。

*ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na



指でたたくように塗り込むと、肌になじんで毛穴を目立たなくしてくれます。


 

下記の肌質ごとの使用感は私の見解です↓

超乾燥肌乾燥肌の方が使う場合

うるおい成分が入っているので乾燥していても肌になじみやすいですが、粉がふいたように乾燥している部分があるとなじみにくいです。その為、粉がふいたように乾燥している部分は乳液やクリームでしっかりとうるおしてから、つけたほうが良いです。

 

脂性肌の方が使う場合

ノンオイリーベタつかないので脂性肌にもつけやすいと思います。ですが、私の肌の場合はおでこや小鼻のTゾーンはテカリが出てきました。テカリが気になる場合はテカリ防止ジェルやクリームをつけてカバーしたほうが良いです。

 

敏感肌の方が使う場合

私の肌の場合は刺激などは特になくつけることができました。落とす時も慣れているいつもの洗顔料で落とすことができるというのは肌への負担が少なくとても良いです。ノンオイリーベタベタしないのも敏感肌の方には使いやすいと思います。

 

 今回は「資生堂 uno(ウーノ)フェイスカラークリエイター30g」を使ってみました。

毛穴の黒い部分やニキビ跡を目立たなくしてくれるので肌印象が悪い時に手軽に使えます。

うるおい成分が入っているので肌なじみが良く、ノンオイリーでベタベタしないので、化粧をしているような重たさがありません。

いつもの洗顔料で落とせるのでありがたいです。

ただ、つけた部分が服でこすれるとクリームの色が服についてしまうので注意して下さい。

 ニキビ跡や毛穴が目立つのをどうにかしたいと思っている方は、試しに使ってみて下さい。

 

関連記事






返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です