1本で化粧水+美容液+乳液の3役をこなす オールインワン テックスメックス オールインワンジェリー

Pocket

 女性がスキンケアをするのは当たり前ですが、男性がスキンケアをするというのはまだまだ当たり前になっていないようです。

スキンケアを面倒に感じてしまう男性が多いようですね。

確かに毎日洗顔をした後に美容液や乳液、クリーム、日焼け止めをつけるというのはなかなか根気のいる作業です。

せっかく洗顔でサッパリとした顔にベタベタとつけるのは嫌だと思ってしまう方も多いでしょう。

しかし、スキンケアをしっかりしておかないと肌荒れやニキビ、年齢を重ねてからはシミやしわに悩まされることになってしまいます。

 そこで今回は「1本で化粧水+乳液+美容液の3役をこなす」という「テックスメックス オールインワンジェリー150ml」を購入して使ってみたので紹介します。



テックスメックス オールインワンジェリー150ml


目次


  1. テックスメックス オールインワンジェリー150mlの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. 肌質ごとの使用感
    1. 乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  4. まとめ



テックスメックス オールインワンジェリー150mlの詳細




価格


1,320円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



使用方法


洗顔後、適量(1円玉大程度)を手に取り、肌になじませて下さい。


成分


水、DPG、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、加水分解コラーゲン、ダイズ種子エキス、ハマメリス葉エキス、白金、オレンジ果実エキス、レモン果実エキス、ローズマリー葉エキス、サトウキビエキス、オレアノール酸、サトウカエデエキス、エナンチアクロランタ樹皮エキス、ビルベリー果実エキス、メントール、エチルヘキシルグリセリン、グリチルリチン酸2K、ジグリセリン、メチルグルセス-10、イソペンチルジオール、ソルビトール、カルボマー、水酸化Na、EDTA-2Na、PEG-60水添ヒマシ油

〇化粧品に最も多用されるベースの成分です。ほとんどの化粧品に使用されます。

〇ほかの成分を溶かし込み、成分の特徴を引き出す重要な成分です。

〇水だけでは蒸発しやすいので、水とゆるく結びついて水を蒸発しにくくする保湿剤との併用が必要です。

化粧品と医薬部外品では、水の表示名称が異なります

化粧品/水

医薬部外品/水、精製水、常水



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p23より引用。

DPG

〇石油から合成された多価アルコール(下記参照)で、PG(プロピレングリコール)製造時の副産物として得られます。

〇穏やかな保水力でベタつきが少なく、サラッとした使用感です。

〇「メントール」や「アスコルビン酸」(ビタミンC)などの各種成分をよく溶かすことができるので、広く使用されます。製品ののびをよくするために、広く化粧品に使われています。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p27より引用。

グリチルリチン酸2K

〇カンゾウ根エキス(73ページ参照)の主成分グリチルリチン酸の誘導体で、水溶性です。同じグリチルリチン酸の誘導体で、油溶性のものが、グリチルレチン酸ステアリルです。

〇水溶性なので、化粧水など水性成分の多い化粧品によく配合されます。

〇医薬部外品の有効成分で、強力な消炎作用があります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p74より引用。

カルボマー

〇合成ポリマーの代表で、水にとろみを与えます。

〇水分を抱え込む力がとても高いため、水分をたくさん含んでも水がしたたり落ちません。ひとかたまりのゲル状にまでなります。

〇どれも成分名はカルボマーですが、とろみのでかたや他の成分との相性など特徴の異なるものがいくつかあります。

〇多糖類と比べて腐りにくく微生物汚染に強いのも特徴です。

〇アルカリ性の成分と反応させると増粘する性質があるため、全成分表示では水酸化Kや水酸化Naなどのアルカリ成分とセットで登場します。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p109より引用。

EDTA-2Na

〇主に石ケン、洗顔料やシャンプーなどに使われます。

〇PRTR法(下記参照)で第一種化学物質の指定を受けたEDTAとは名前が似ていますが構造が違うのでこの成分は対象外です。

PRTR法とは

 化学物質による環境汚染を未然に防止するため、日本では、1999年7月にPRTR法が公布されました。事業者(企業など)が1年間のうち、ダイオキシン類など全354種類の化学物質を環境中に排出したかを把握し、届け出ます。そしてその結果を集計・公表する仕組みです。EU諸国のように、使用を禁止するまでは法制化されていません。

 化粧品の素材としてはEDTAなどが該当します。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p121より引用。



商品特徴


・1本3役のジェル

これ1本で化粧水乳液美容液の3役をこなすので洗顔後10秒でスキンケア完了。朝のヒゲそり後のケア夜のお風呂あがりのケアにも使える。すべてのケアをこれ1本でこなすので、手間いらずなのにしっかり肌をケアできる。

 

保湿成分3Dヒアルロン酸*1、プラチナコラーゲン*2を配合

*1=ヒアルロン酸クロスポリマーNa、ペンチレングリコール、水

*2=白金、加水分解コラーゲン、水

*パッチテスト済み(すべての方に皮膚刺激が起こらないというわけではありません。)

 

・男性の肌を考えて

ノンパラベンノンシリコン無香料無鉱物油無着色



商品を実際に使ってみて




商品画像
メントールやアルコールが入っているのか?

メントールは入っていますが、アルコールは入っていません

肌への刺激は?

私の肌の場合は、肌に傷やかぶれがある状態でつけるとピリピリとしみるような刺激がありました。メントールのスーッとした冷感の刺激はありませんでした。

どんな香りがする?

香りはほとんどありません




商品画像
ジェルの質感は?

ベタつかない、サラッとした軽いジェルです。

テカリが出る?

私の肌の場合は、つけてから時間が経つとテカリが出てきました。汗をかくとテカリが更に増しました

ベタベタするのか?

私の肌の場合は、つけた後の肌ざわりが少しベタっとしました



テックスメックス オールインワンジェリー150ml
の商品詳細はこちら↓


テックスメックス オールインワンジェリー

新品価格
¥1,320から
(2021/1/28 16:14時点)




肌質ごとの使用感




乾燥肌の方が使う場合


サラッとした軽いジェルなのでつけやすいですが、冬場など肌が乾燥しやすい時はこのジェルだけではうるおいが足りないと思います。

このジェルの後に乳液やクリームの追加保湿が必要だと思います。

また、私の肌の場合はメントールのスーッとした冷感の刺激はありませんでしたが、傷やかぶれがある肌につけるとピリピリとしみるような刺激がありました。

その為、乾燥による痒みやかぶれがある時は注意して下さい。

少しでも刺激を感じたら使用を中止して下さいね。



脂性肌の方が使う場合


サラッとした軽いジェルなので、ベタつきやすい脂性肌でもつけやすいですが、私の肌の場合はつけてから時間が経つとテカリが出てきました。

また、つけた後の肌ざわりが少しベタっとしました。

テカリとベタつきがあることを考えると脂性肌には「うーん・・・」ですね。



敏感肌の方が使う場合


私の肌の場合は、メントールのスーッとした冷感の刺激はありませんでしたが、メントールが入っています。

また、私の肌の場合は肌に傷やかぶれがある状態でつけるとピリピリとしみるような刺激がありました。

この2点を考えると敏感肌には「うーん・・・」ですね。

もし試してみたい方は、いきなり顔全体につけるのではなく、少しずつつけてみて刺激がないかどうか確認してからつけるようにして下さい。

少しでも刺激を感じたら使用を中止して下さいね。



まとめ



 今回は「テックスメックス オールインワンジェリー150ml」を使ってみました。

サラッとしたジェルなので非常につけやすいです。

香りがほとんどないので、香りが苦手な方でも使いやすいと思います。

これ1本で化粧水・乳液・美容液の3役をこなしてくれるので、手軽なのも良いですね。

 ただ、私の肌の場合は肌に傷やかぶれがある状態でつけるとピリピリとしみるような刺激がありました。

メントールのスーッとした冷感の刺激はありませんが、しみるような刺激を考えると乾燥による痒みやかぶれがある肌や敏感肌には「うーん・・・」ですね。

また、つけた後にテカリとベタつきが出てきたので脂性肌にも「うーん・・・」ですね。

そして、サラッとした軽いジェルなので、乾燥しやすい時はこのジェルだけではうるおいが足りないように感じました。

うるおいが足りない時は、乳液やクリームの追加保湿が必要になる場合があると思います。

以上の点を考えると普通肌か、追加保湿をすれば乾燥による痒みやかぶれがない乾燥肌には合うと思います。

もし、試してみたい方は肌に少しずつつけてみて刺激がないかどうか確認してからつけるようにして下さい

少しでも刺激を感じたら使用を中止して下さいね。

 軽いつけ心地のオールインワンジェルを探している方は、試しに使ってみて下さい。

テックスメックス オールインワンジェリー150ml
の商品詳細はこちら↓


テックスメックス オールインワンジェリー

新品価格
¥1,320から
(2021/1/28 16:14時点)



その他のオールインワンの記事





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です