アルコール無添加で、低刺激な敏感肌用の泡で出てくる洗顔料 ミノンメン フェイスウォッシュ

Pocket

 男性の肌は皮脂が多いのに乾燥しやすいです。

皮脂が多いと肌がうるおっているように思いますが、過剰に分泌された皮脂は時間が経つごとに外部刺激の原因になります。

これが肌荒れやバリア機能の低下を引き起こして肌が乾燥するのです。

その為、余分な皮脂や汚れを落とすことも大事ですが、その後に水分と油分をちゃんと補給して肌の水分バランスを整えることも大事です。

そこで男性の肌のことを考えた「ミノンメン フェイスウォッシュ150ml」を購入して使ってみました。

乾燥するのにベタつきも気になる敏感肌でも使いやすいということで、試しに使ってみたので紹介します。



ミノンメン フェイスウォッシュ150ml


ミノンメン フェイスウォッシュ150ml
の商品詳細はこちら↓


MINON MEN(ミノン メン) フェイスウォッシュ【泡洗顔料】

新品価格
¥1,250から
(2021/1/30 11:24時点)



目次


  1. ミノンメン フェイスウォッシュ150mlの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. 肌質ごとの使用感
    1. 乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  4. まとめ



ミノンメン フェイスウォッシュ150mlの詳細




価格


1,650円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



使用方法


顔を濡らし、清潔な手のひらに適量(1~2プッシュ)を取り、顔全体に泡を広げるように洗います。その後、水またはぬるま湯で十分にすすいで下さい。
〇使い始めは泡が出るまで、ポンプを数回押して下さい。
〇乾燥が気になる時も、朝晩の使用をオススメします。


成分


水、グリセリン、DPG、ラウリン酸PEG-80ソルビタン、ココイルアラニンNa、ココイルメチルタウリンNa、ラウリルヒドロキシスルタイン、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドメチルMEA、クエン酸、ココイルグルタミン酸Na、フェノキシエタノール、アスパラギン酸、アミノカプロン酸、トコフェロール、PCA-Na、プロリン、ペンテト酸5Na、トリプトファン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)

〇化粧品に最も多用されるベースの成分です。ほとんどの化粧品に使用されます。

〇ほかの成分を溶かし込み、成分の特徴を引き出す重要な成分です。

〇水だけでは蒸発しやすいので、水とゆるく結びついて水を蒸発しにくくする保湿剤との併用が必要です。

化粧品と医薬部外品では、水の表示名称が異なります

化粧品/水

医薬部外品/水、精製水、常水



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p23より引用。

グリセリン

〇ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を高温・高圧で加水分解すると、脂肪酸とともにグリセリンが得られます。

〇ほかの成分を溶けやすくしたり、低温になっても固まりにくくします。

〇化粧品にグリセリンを配合するだけで保湿効果が出ますが、ヒアルロン酸Naやコラーゲンなど、相性がよいほかの水性成分(保湿剤)と組み合わせると、さらに保湿効果がアップし、のびや滑りが良くなります。

グリセリンを使った温感化粧品

 グリセリンは、水と混ざるときに発熱する性質(溶解熱)があります。温感化粧品は、グリセリンと水が混ざるときに発生する溶解熱を利用したものが多く、グリセリンが全成分表示の一番上にきます。水は含まれていないか、含まれていたとしてもごく微量です。つまり、グリセリンを全成分表示の一番目にくるほど多量に配合した製品は、温感化粧品であることが多い、ということです。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p25より引用。

DPG

〇石油から合成された多価アルコール(下記参照)で、PG(プロピレングリコール)製造時の副産物として得られます。

〇穏やかな保水力でベタつきが少なく、サラッとした使用感です。

〇「メントール」や「アスコルビン酸」(ビタミンC)などの各種成分をよく溶かすことができるので、広く使用されます。製品ののびをよくするために、広く化粧品に使われています。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p27より引用。

クエン酸

〇生体内でのエネルギー代謝において重要な役割を果たす成分で、細胞の活動を促進する効果もあります。

〇安全性が高く、食品添加物として使用されています。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p124より引用。

フェノキシエタノール

〇「グリコールエーテル」というアルコールの一種で、玉露の揮発成分として発見されました。

〇香水の香りを保つための保留剤としても使用されます。

パラベンフリーの化粧品にも使用

 パラベンが効きにくい微生物に有効ですが、パラベンよりも殺菌力が劣るため、単独で化粧品に配合する際はパラベンよりも配合量が多くなります。一方で、パラベンが効きにくい微生物に有効な面があり、パラベンと組み合わせて配合されることもあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p113より引用。



商品特徴


・うるおい補給型アミノ酸+うるおいバランス型アミノ酸が入っている

うるおい補給型アミノ酸{プロリン、PCA-Na(アミノ酸誘導体)配合:保湿}

うるおいバランス型アミノ酸(アスパラギン酸配合:整肌)

 

・敏感肌を考えた処方

無香料

無着色

アルコール(エチルアルコール)無添加

パラベンフリー

アレルギーテスト済み

パッチテスト済み

*すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません。

 

・スッキリと洗えるのに肌しっとり洗顔料

低刺激

植物性アミノ酸系洗浄成分配合

■洗顔後、ヌルつき感もつっぱり感もない

■洗いあがりの肌を柔軟にする

トリプトファントコフェノール配合(製品の抗酸化剤)



商品を実際に使ってみて




商品画像
洗顔料の質感は?

非常にきめ細かいフワフワの泡です。

メントールやアルコールが入っているのか?

メントールもアルコールも入っていません。フェノキシエタノールという成分が入っていますが、名前にアルコールと入っていますが、アルコール(エタノール)ではありません

スクラブが入っているのか?

スクラブは入っていません




商品画像

2、3プッシュで1回の洗顔分が出てきます。

肌への刺激は?

肌への刺激はありませんでした

洗いあがりの肌の状態は?

洗い残しがなく、サッパリとした洗いあがりです。

どんな香りがする?

香りはほとんどありません



ミノンメン フェイスウォッシュ150ml
の商品詳細はこちら↓


MINON MEN(ミノン メン) フェイスウォッシュ【泡洗顔料】

新品価格
¥1,250から
(2021/1/30 11:24時点)




肌質ごとの使用感




乾燥肌の方が使う場合


きめ細かいフワフワの泡なので、ゴシゴシ洗いになりにくいので肌への負担が少ないです。

メントールやアルコールが入っていないので、肌への刺激がなく、乾燥による痒みやかぶれがある肌に使っても刺激がありませんでした。

その為、乾燥肌に使いやすい洗顔料だと思います。

ただ、使う量が少ないと途中で泡がヘタってくるので、ケチらずにちゃんと適量で洗うようにして下さい。



脂性肌の方が使う場合


テカリやベタつきをしっかりと落としてくれるので、脂性肌にも使いやすいと思います。

洗いあがりの肌は、ヌルつきがなくサッパリとしていました。



敏感肌の方が使う場合


敏感肌用の泡洗顔料なので、敏感肌に使いやすい洗顔料です。

スクラブが入っておらず、メントールやアルコールも入っていないので低刺激です。

刺激がなく洗えるというのは敏感肌にとって重要ですね。



まとめ



 今回は「ミノンメン フェイスウォッシュ150ml」を使ってみました。

ポンプをプッシュするだけで泡が出てくるので泡立てる手間が掛かりません。

フワフワのきめ細かい泡なので、ゴシゴシ洗いになりにくく肌への負担が少ないです。

低刺激性で、メントールが入っておらずアルコール無添加なので肌への刺激を気にすることなく洗顔をすることができます。

テカリやベタつきをしっかりと落とすことができるので、サッパリとした洗いあがりです。

どの肌タイプにも使いやすい洗顔料だと思います。

 ただ、ポンプ式なのでカバンにサッと入れて持ち運ぶのは難しいです。

ストッパーを保管しておく必要がありますし、漏れないように袋に入れて持ち運ぶ必要があるので手間が掛かります。

持ち運びやすいようにチューブタイプのものがあるとさらに良いと思います。

 敏感肌用の洗顔料を探している方は、試しに使ってみて下さい。

ミノンメン フェイスウォッシュ150ml
の商品詳細はこちら↓


MINON MEN(ミノン メン) フェイスウォッシュ【泡洗顔料】

新品価格
¥1,250から
(2021/1/30 11:24時点)



その他の洗顔料の記事





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です