乾いた肌にうるおい補給 資生堂 uno(ウーノ)スキンケアタンク しっとり(医薬部外品)

Pocket

 冬場は肌にしっかりとうるおいを補給して保湿をしないとカサつきが出てきます。

また肌の乾燥によってテカリやベタつきが出てきて、これをそのまま放置しておくとニキビの原因になります。

テカリやベタつきを抑えることも考えないといけません。

そしてヒゲそり後は、特に肌から水分が失われてしまいますし、肌に傷ができるのでそこからニキビになることもあります。

ヒゲそり後のケアも考えないといけません。

それぞれの肌悩みに対応したスキンケア商品を選ぶ必要があります。

 そこで今回は「資生堂 uno(ウーノ)スキンケアタンク しっとり(医薬部外品)160ml」を購入して使ってみたので紹介します。



資生堂 ウーノ スキンケアタンク [しっとり] (医薬部外品)《160mL》




資生堂 uno(ウーノ)スキンケアタンク しっとり(医薬部外品) 160ml


・これ1本で男の悩みに対応

うるおい補給ニキビ防止肌荒れ防止ヒゲそり後ケア



とろみがあるローションなのでコットンでつけるのではなく、手に取って顔にのばしたほうが良いです。


・とろみのある爽快ローションタイプ

肌なじみが良く、ベタつかない



サラッとしていますが、保湿力があります。


 

・カサつきやニキビのできやすい部分のお手入れに

保湿成分ダブルヒアルロン酸アセチルヒアルロン酸Naヒアルロン酸Na)、トリプルアミノ酸複合体が入っている。またニキビ・肌荒れ防止成分グリチルリチン酸ジカリウムも入っている。

 

 今回は「資生堂 uno(ウーノ)スキンケアタンク しっとり(医薬部外品)160ml」を使ってみました。

非常にサラッとしたローションなので指先に乗せるとこぼれ落ちそうになります。

サラッとしていますがダブルのヒアルロン酸が入っているので保湿力があります。

乾燥肌の私の肌にもなじみが良く、しっかりと保湿されていました。

とろみはありますが、ベタつかないのでベタつくローションが苦手な方も使いやすいと思います。

また、ヒゲそり後につけてもヒリヒリしないので敏感肌の方もつけやすいです。

ですが、超乾燥肌につける場合は保湿力が足りないと思います。

多めにつけるか、このローションをつけた後に追加で乳液やクリームをつけたほうが良いと思います。

ニキビ予防については肌荒れ防止成分が入っているので、入っていない商品を使っていた時よりはニキビが防げていると思います。

私の肌ではそう感じました。

 気になった方は使ってみて下さい。

 

関連記事









返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です