40才からのカサつき、シミ対策乳液 マンダム ルシード 薬用トータルケア乳液(医薬部外品)

Pocket

 年齢を重ねてくると肌悩みが増えてきます。

若いうちからもっとスキンケアをしておけば良かったと後悔する方もいますが、私は何才からでもスキンケアはやるべきだと思います。

私は30才ですが、同じ年齢の友人や仕事で合う人の肌を見ているとスキンケアをしている肌とスキンケアをしていない肌は全然違います。

スキンケアをちゃんとしている肌はハリとツヤがあって明るいです。

ですがスキンケアをしていない肌はハリとツヤがなく、暗い肌の色をしています。

私の個人的な意見ですが、スキンケアをするか、しないかでそれだけ見た目に差が出るということです。

スキンケアをするのは女性だけでなく、男性もするのが当たり前の時代です。

人それぞれ肌の悩みが違うのでどれを使えば良いか迷ってしまいますよね。

 今回は年齢とともに気になる7つの悩みをトータルケアするという「マンダム ルシード 薬用トータルケアクリーム(医薬部外品)100ml」を購入して使ってみました。



マンダム ルシード 薬用トータルケア乳液(医薬部外品)100ml


マンダム ルシード 薬用トータルケア乳液(医薬部外品)100ml
の商品詳細はこちら↓


ルシード 薬用 トータルケア乳液 100mL(医薬部外品)

新品価格
¥662から
(2021/1/31 18:46時点)



目次


  1. マンダム ルシード 薬用トータルケア乳液(医薬部外品)100mlの詳細
    1. 価格
    2. 使用方法
    3. 成分
    4. 商品特徴
  2. 商品を実際に使ってみて
  3. 肌質ごとの使用感
    1. 乾燥肌の方が使う場合
    2. 脂性肌の方が使う場合
    3. 敏感肌の方が使う場合
  4. まとめ



マンダム ルシード 薬用トータルケア乳液100mlの詳細




価格


987円(税込)

*私がドラッグストアで購入した時の価格です。

*通販サイトによっては別途送料が掛かる場合があります。



使用方法


洗顔・ヒゲそり・入浴後などに適量(顔全体で100円玉程度)を手に取り、肌になじませて使って下さい。


成分


有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:精製水、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、エタノール、デカメチルシクロペンタシロキサン、メチルポリシロキサン、2-エチルヘキサン酸セチル、テトライソステアリン酸ペンタエリトリット、ポリオキシプロピレンメチルグルコシド、モノステアリン酸ポリエチレングリコール、ポリオキシエチレンフィトスタノール、カルボキシビニルポリマー、親油型モノステアリン酸グリセリル、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、セタノール、l-メントール、水酸化カリウム、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、ユビデカレノン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ハマメリスエキス、グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、加水分解シルク液

グリチルリチン酸ジカリウム

〇カンゾウ根エキス(73ページ参照)の主成分グリチルリチン酸の誘導体で、水溶性です。同じグリチルリチン酸の誘導体で、油溶性のものが、グリチルレチン酸ステアリルです。

〇水溶性なので、化粧水など水性成分の多い化粧品によく配合されます。

〇医薬部外品の有効成分で、強力な消炎作用があります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p74より引用。


精製水

 常水中のミネラルや塩素をイオン交換樹脂、活性炭などで除去したのが精製水です。

 化粧品では、ミネラル(金属)が含まれていると化粧品の品質に悪影響を及ぼすことがあるので、精製水が使用されることが多いです。そのような懸念がない設計では、温泉水や海洋水、芳香水など付加価値のある水を使うこともあります。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p23より引用。


エタノール

〇石油由来/エチレンと水から合成されるのが「合成アルコール」です。植物由来/サトウキビなどの糖蜜を発酵して得られるのが「発酵アルコール」です。

揮発性があります。蒸発する際に熱を奪うことから、清涼感が出たり、ベタつきがなくなったりします。香りも立ちやすくなります。

〇基本的に刺激を感じる成分です。アルコール消毒などに過敏な人は、エタノールの配合量が多いもの(トニックやコロン、オードトワレなど)を使う場合、使用方法を守り、使用部位や使用量に注意しましょう。

〇植物からエキス成分を取り出す際の抽出溶媒としても用いられます。

〇香りをつけたり苦み成分を加えるなどしてお酒の原料として使えないようにした(飲用できないようにした)エタノールが「変性アルコール」です。

化粧品でいう「アルコール」とは

 化粧品でアルコールに分類される成分はエタノールのほか、「ブタノール」「ベヘニルアルコール」「セタノール」「コレステロール」など多種ありますが、一般にいうアルコールというと、エタノールだけを指します。「フェノキシエタノール」は、成分名にエタノールという文字がついていますが、エタノールとは構造も性質も大きく異なる成分です。一般的にはアルコールに分類されることはありません。



参考文献

タイトル:『化粧品成分検定公式テキスト[改訂新版]』

発行年:2019年7月15日 初版第1刷発行、2020年3月12日 初版第2刷発行

編者:一般社団法人 化粧品成分検定協会

発行者:岩野裕一

発行所:実業之日本社

p24より引用。



商品特徴


・こんな方にオススメ

20代の頃と比べてカサつくようになってきた

シミやハリなど色々な肌の悩みが気になってきた

アブラっぽいのにカサつきが気になる

ベタつくスキンケアは嫌だ

 

・7つの悩みにこれ1本でトータルケア

カサつき対策・・・保湿成分を補い、うるおいを閉じ込める。

シミ対策・・・メラニンの生成を抑え、シミを防ぐ。

乾燥小じわ対策・・・乾燥による小じわを目立たなくする。

カミソリ負け対策・・・ヒゲそり後のヒリつき・肌荒れを防ぐ。

テカリ対策・・・テカリの原因にもなるキメの乱れを整える。

くすみ対策・・・キメを整え、清潔感のある肌へ導く。

ハリ対策・・・肌を引き締め、ハリを与える。

 

無香料無着色防腐剤フリー

 

コエンザイムQ10+7つのスキンケア成分配合

セラミド様成分

有効成分トラネキサム酸

ヒアルロン酸

有効成分グリチルリチン酸ジカリウム

ハマメリスエキス

シルクエキス

浸透性アミノ酸

*=保湿



商品を実際に使ってみて




商品画像
メントールやアルコールが入っているのか?

メントールもエタノール(アルコール)も両方入っています

肌への刺激は?

私の肌の場合は、メントールのスーッとした冷感の刺激はわずかで、エタノール(アルコール)の刺激はありませんでした

どんな香りがする?

香りはほとんどありません




商品画像
乳液の質感は?

サラッとしたベタつきのない手ざわりです。ですが、脂性肌には少し重めのつけ心地ですね。

テカリが出る?

商品特徴に「テカリ対策」と書いてあるんですが、私の肌の場合はテカリが出てきました。脂性肌はテカリやすいかもしれません。

ベタベタするのか?

私の肌の場合は、つけてから時間が経つとテカリと共にベタつきが出てきました。脂性肌はベタっとしやすいと思います



マンダム ルシード 薬用トータルケア乳液(医薬部外品)100ml
の商品詳細はこちら↓


ルシード 薬用 トータルケア乳液 100mL(医薬部外品)

新品価格
¥662から
(2021/1/31 18:46時点)




肌質ごとの使用感




乾燥肌の方が使う場合


保湿成分が豊富に入っているので、乾燥肌に合うと思いますが、メントールとエタノール(アルコール)が入っている乳液です。

私の肌の場合は、メントールの刺激はわずかで、エタノール(アルコール)の刺激はありませんでしたが、肌の状態によっては刺激を感じる場合があるので、乾燥による痒みやかぶれがある肌につける時は注意して使うようにして下さい。

刺激を感じたらすぐに洗い流して使用を中止して下さい。

刺激がなければ乾燥肌に合っている乳液だと思います。



脂性肌の方が使う場合


商品特徴に「テカリ対策」と書いてありますが、私の肌の場合はテカリとベタつきが出てきました。

つけ心地も脂性肌には少し重めの感触なので、脂性肌には「うーん・・・」ですね。



敏感肌の方が使う場合


メントールとエタノール(アルコール)が両方入っています。

私の肌の場合は、メントールの刺激はわずかで、エタノール(アルコール)の刺激はありませんでしたが肌が敏感な時は刺激を強く感じる場合があります。

その為、敏感肌には「うーん・・・」ですね。

もし試してみたい方は、いきなり顔全体につけるのではなく、少しずつつけてみて刺激がないかどうか確認してからつけるようにして下さい。

刺激を感じたらすぐに洗い流して使用を中止して下さいね。



まとめ



 今回は「マンダム ルシード 薬用トータルケア乳液(医薬部外品)100ml」を使ってみました。

手ざわりは、サラッとしていて、ベタつきを抑えた乳液です。

ですが、肌に塗り込むと脂性肌には少し重めの感触でした。

さらにはテカリとベタつきが出てくるので、脂性肌には「うーん・・・」ですね。

 また、メントールとエタノール(アルコール)が入っています。

私の肌の場合は、メントールの刺激はわずかで、エタノール(アルコール)の刺激はありませんでしたが、刺激を感じる場合があるので乾燥による痒みやかぶれがある肌や敏感肌にも「うーん・・・」ですね。

テカリやベタつき、肌によっては刺激を感じる場合があることを考えると、普通肌か乾燥による痒みやかぶれがない乾燥肌にはまだつけやすいと思います。

保湿成分が豊富に入っているので保湿力があるのは良いと思います。

 今回、私の肌には合いませんでしたが、普通肌や乾燥肌で年齢とともに肌悩みが出てきた方は試しに使ってみて下さい。

 

マンダム ルシード 薬用トータルケア乳液(医薬部外品)100ml
の商品詳細はこちら↓


ルシード 薬用 トータルケア乳液 100mL(医薬部外品)

新品価格
¥662から
(2021/1/31 18:46時点)



関連記事





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です